こんな日は映画を観よう

アクセスカウンタ

zoom RSS ミツバチのささやき_4 (1973) スペイン

<<   作成日時 : 2016/03/14 20:58   >>

トラックバック 5 / コメント 0

[1205]映画の鑑。愛情の籠った美しい映像と少女の物語に涙が溢れるよ♪

画像

画像

夜、小屋は激しい銃撃に見舞われた。
男は人民戦線の兵士で、追手に見つかり射殺されたのだ。

画像

フェルナンドは警察署に呼ばれる。
街には職のない男たちが群れている。
内戦直後の人々の様子がさりげなく、しっかりと描かれている(^^♪

画像

小屋で発見された男の遺体が置かれていた。

画像

署長はフェルナンドに男の顔を見せ、知っている男かと問う。
フェルナンドは首を振る。
署長は男が所有していたコートを見せる。
そして懐中時計を見せ、蓋を開いてオルゴールの音を聴かせる。
フェルナンドはいずれも自分のものだと受け取る。
署長がそれ以上何も問わないのは
彼がフランコ政権側の人間ではないからだろう。

画像

食事時。フェルナンドは
村外れの小屋で殺害されたという逃亡兵が何故
自分のコートを持っていたのか理解できない。
それは別にして私はやっぱり手伝いのおばさん好き(笑)
この人のお陰でこの家族は分裂を免れてるような気がする♪

画像

逃亡兵が泥棒に入ったのか。それとも妻か。

画像

あるいは。。。おい、疑われてるぞイサベル、
と私はミツバチになって彼女の耳元に囁く(笑)

画像

彼は懐中時計を取り出す。

画像

と、アナのお椀を持つ手が止まり、父を見た。

画像

彼はまさかと思う。まだ6歳なのだ。
試しに蓋を開き、オルゴールを流す。

画像

彼は確信した。

画像

アナは急いで小屋を訪ねた。

画像

小屋の中に妖精の姿はない。

画像

大地に行方を捜す。古井戸を覗く。
が、何処にも姿は見当たらない。

画像

小屋の中へ引き返す。
昨日、妖精のいた辺りが血に染まっている。

画像

アナはその血を指で拾って見る。
人の気配を感じて出入り口を振り返る。

画像

父だった。

画像

アナはもう片方の入り口へ走った。

画像

「アナ」 父は声を掛けた。

画像

アナは一歩後ずさった。
「アナ、来なさい!」 父が怒って言った。

画像

アナは咄嗟に身を翻し、走り出した。
彼女は父が妖精を殺したと思ったのだ。

画像

「アナ〜!!」 
テレサは消えたアナを探して遠くに呼んだ。

画像

「アナ〜!!」
小屋の見える丘に立ち、イサベルも妹の名を呼んだ。

画像

すでに夜。村人たちも犬を連れてアナを探し歩いた。

画像

アナは妖精の棲むという森を探し歩いていた。
もう一度、その男=妖精に逢いたくて。
死ぬはずがない。妖精は身体を持っていないのだから。
アナはそう信じていた。

画像

毒キノコを見つけた。
アナの脳裏には焼き付いていた、
ハパは毒キノコを踏み潰した事が。
街の人たちがフランケンシュタイン=を殺した事が。
アナはそっと毒キノコの身体を指で触れてみた。

画像

テレサは手紙を読んでいた。
差し出した相手から返信が来たのだ。

画像

読み終わると彼女はその手紙を火の中へ落とした。
心配する相手は生きていた。それで止しとした。
アナがいなくなったのは自分のせいだ。
娘たちや夫と生きねば、と漸く我に返ったのだろう。

画像

アナは森の中の水辺に腰を落とした。
少女メアリーは水辺でフランケンシュタインに会った事を
思い出したのだ。

画像

アナは月の光の中で水面に自分の顔を映し眺めた。

画像

ユラユラと揺れる水面の中でアナの顔は次第に
フランケンシュタインの顔に変わって行った。
現実なのか非現実なのか、
アナにも観る者にもすでに分からない。

画像

アナの背後の森の中からフラケンシュタインが姿を現した。

画像

アナは気配を感じて振り返った。

画像

目の前にフランケンシュタインがいた。

画像

かれはゆっくりとアナに近づき、目の前に腰を下ろした。
あの映画の中のシーンと同じだった。

画像

フランケンシュタインはアナに手を伸ばした。
その顔が慈愛に満ちている事は分かったが、
アナは混乱し、身体が震えた。
そしてそのまま気を失ってしまった。

画像

夜明け。
フェルナンドは捜索隊の村人たちとアナを探し歩いた。

画像

壊れた城壁(?)の前で犬が啼いて知らせた。

画像

犬はアナを起こした。

画像

アナは気づくと、そこは森の中ではなかった。
アナはあの妖精=フランケンシュタインが
ここへ運んでくれたのだと信じた。

画像

フェルナンドはアナの姿を見ると安堵して抱き締めた。


※「ミツバチのささやき_1」
※「ミツバチのささやき_2」
※「ミツバチのささやき_3」
※「ミツバチのささやき_4」
※「ミツバチのささやき_5」




■99分 スペイン ドラマ
監督 ビクトル・エリセ
脚本 アンヘル・フェルナンデス・サントス 、 ビクトル・エリセ
原案 ビクトル・エリセ
製作 エリアス・ケレヘタ
撮影 ルイス・カドラード
美術 アドルフ・コンフィーノ
音楽 ルイス・デ・パブロ
出演
アナ・トレント
イサベル・テリェリア
フェルナンド・フェルナン・ゴメス
テレサ・ジンペラ
クエエティ・デ・ラ・カマラ

スペイン内戦がフランコの勝利に終結した直後、1940年の中部カスティーリャ高地の小さな村を舞台に6歳の少女アナと彼女の家族たちの日常を描く。製作はエリアス・ケレヘタ、監督・原案は「エル・スール」のビクトル・エリセでエリセのデビュー作にあたる。脚色・脚本はアンヘル・フェルナンデス・サントスとビクトル・エリセ、撮影はルイス・カドラード、音楽はルイス・デ・パブロ、編集はパブロ・G・デル・アモが担当。出演はアナ・トレント、イサベル・テリェリアなど。
一人の少女を主人公に、彼女が体験する現実と空想の交錯した世界を繊細に描き出した作品。スペインのとある小さな村に「フランケンシュタイン」の巡回映画がやってくる。6歳の少女アナは姉から怪物は村外れの一軒家に隠れていると聞き、それを信じ込む。そんなある日、彼女がその家を訪れた時、そこで一人のスペイン内戦で傷ついた負傷兵と出合い……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミツバチのささやき_5 (1973) スペイン
[1205]映画の鑑。愛情の籠った美しい映像と少女の物語に涙が溢れるよ♪ ...続きを見る
こんな日は映画を観よう
2016/03/15 04:48
ミツバチのささやき_4 (1973) スペイン
[1205]映画の鑑。愛情の籠った美しい映像と少女の物語に涙が溢れるよ♪ ...続きを見る
こんな日は映画を観よう
2016/03/15 04:49
ミツバチのささやき_3 (1973) スペイン
[1205]映画の鑑。愛情の籠った美しい映像と少女の物語に涙が溢れるよ♪ ...続きを見る
こんな日は映画を観よう
2016/03/15 04:50
ミツバチのささやき_2 (1973) スペイン
[1205]映画の鑑。愛情の籠った美しい映像と少女の物語に涙が溢れるよ♪ ...続きを見る
こんな日は映画を観よう
2016/03/15 04:51
ミツバチのささやき_1 (1973) スペイン
[1205]映画の鑑。愛情の籠った美しい映像と少女の物語に涙が溢れるよ♪ ...続きを見る
こんな日は映画を観よう
2016/03/15 04:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ミツバチのささやき_4 (1973) スペイン こんな日は映画を観よう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる