こんな日は映画を観よう

アクセスカウンタ

zoom RSS 新転位・21第23回公演 『骨風』 原作・篠原勝之(文藝春秋刊) 脚色演出・山崎哲

<<   作成日時 : 2016/08/28 01:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
ポスター

新転位・21第23回安保由夫追悼公演
『骨風(こっぷう)』
原作・篠原勝之(泉鏡花賞受賞/文藝春秋刊) 
脚色演出・山崎哲

◎2016年12月8日〜18日 全13ステージ
◎開演 平日18:30 土曜14:00/18:30 日曜14:00 (開場は45分前です)
◎高田馬場ラビネスト RABINEST
◎前売り5,000円 当日5,500円 一般前売り開始9月1日
◎予約・問合せ
芝居屋・劇団羊のしっぽ info@hitsujinosippo.com
制作・森島朋美 090-4748-8087

※良い舞台をできるだけ安い入場料で。を転位・21以来モットーにしていますが、今回は自前の稽古場がない、キャスト・スタッフ・ゲストが豪華過ぎる(笑)等で制作的に厳しい状況にあり、いつもの公演より少し高めになっています。申し訳ありません。ご理解頂けますようお願いいたします。

画像
チラシ表

◎出演
四谷シモン 中嶋夏 十貫寺梅軒 佐野史郎 石川真希 井浦新
田口ランディ 林海象 田村信 大輪茂男 大久保鷹 谷川俊之
吉沢健 篠原勝之

宮脇麻那 おかのみか 徳弘沙江 武井翔子 紀那きりこ
起代美  白木愛美 富田裕子 世良啓 そのだりん 森島朋美     

◎スタッフ
舞台美術 = 石丸正広 八雲 花 
光デザイン = 海藤春樹 伊集院もと子
音楽 = 安保由夫 半田充(MMS)
衣装 = 伊藤佐智子 
ポスター美術 = 篠原勝之
宣伝美術 = 渡部通子 
舞台監督 = 武川喜俊
制作 = 森島朋美 佐々木聖 石丸桃麻
制作協力
住空間創造Gallery ATOM CS TOWER 上田嗣夫
芝居屋・劇団羊のしっぽ

演出助手 = 佐々木峻
音響協力 = 拾参号倉庫
小道具 = 甲斐菜摘 辻洋子
制作助手 = 東優華 村野瑠美 佐藤仁美 竹内泰子 イワセマツリ
撮影班 = 三浦仁 高嶋芳男
協力 = 合田ノブヨ 丹羽蒼一郎 三反崎美子 井形和正
(株)エクス・アドメディア

◎アフタートーク・ゲスト(交渉予定を含む 順不同)
李麗仙(俳優) 嵐山光三郎(作家) 桑原茂夫(詩人) 村松友視(作家) 
立花義遼(山中湖望湖亭亭主) 大月雄二郎(画家) 天童荒太(作家) 
伊藤俊也(映画監督) レオニード・アニシモフ(演出家) 
七字英輔(劇評家) 流山児祥(演出家) 神山睦美(批評家) 
原マスミ(シンガー) Gee藤田(映画監督) ほか

画像
チラシ裏

◎プレミアム上演
●12月1日 午後6時開演
●住空間創造Gallery ATOM CS TOWER (新橋)

50人〜60人ほどご招待して約60分ほどを上演、そのあと歓談・交流を行います♪ 客席に余裕がありましたら一般の方もご招待するつもりです。その時は改めてお知らせします。ギャラリーを貸与して下すった上田嗣夫さんには一同、心から感謝いたします。
.....................................................................................................................

「漱石の道草」に続く第23回公演の予定はすでに2年ほど前からあった。四谷シモンさんに「哲ちゃんの芝居なら出たい」と耳元で囁かれたからである。と言ってもシモンさん、私に直接囁かずに私の周りの者に囁いていたのだ(笑) それ以前から実は私も「ねえ、シモンさん」とシモンさんの耳元にこっそり囁き続けていた訳だが、若松孝二監督の死、安保由夫の死、扇田昭彦の死、金子國義の死、そして合田佐和子さんの死と続いてなかなか腰を上げられなかった。その間クマさん(篠原勝之)の連作小説集『骨風』が上梓され、こうしたかたちで実現したいと思い始めた次第である。

画像
チケット

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
新転位・21第23回公演 『骨風』 原作・篠原勝之(文藝春秋刊) 脚色演出・山崎哲 こんな日は映画を観よう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる