ボルベール<帰郷> (2006)

物語はちょっと破綻してるけど、なかなかいい映画だよな……?

画像


劇団の岩川に薦められて観た映画……。

なかなかいい映画だと思うんだけど、
物語的にはちょっと出来過ぎというか、
作り過ぎじゃないかなあ……。

ライムンダは、実の父親に犯されて娘のパウラ を産む。
そのパウラが実父ではないが、
父親パコ に犯されそうになって、バコを殺す。

それを知った母親ライムンダはバウラを守ろうと、
「殺したのは自分だ、あなたは記憶を消せ」
と、夫バコの死体の処理に奔走する……。

まあ、最後のほうで、
ライムンダが父親に犯されて娘パウラ を産んだ
という忌まわしい過去を持っていたからだ……、
と、種明かしされるわけだけどね。

物語を作り過ぎに思えてしまうのは、
ライムンダの父親は話だけで実際には登場しないし、
夫バコの娘にたいする性的関心も
きちんと描かれているわけじゃないからだと思う。

なんだか男たち(父親たち)が
ひどくご都合主義的に描かれてて、
「近親相姦」あるいは男(父)たちの性的なふしだらさが
観てても説得力をもって伝わってこないんだよね。

もう少し言うと、
男とか女というのは「対」なんだよね。
対幻想……。

男を前にしたとき女は女になり、
女を前にしたとき男は男になるわけ。

ということは女や母親を描きたかったら、
たとえ出番が少なかろうと
男や父親をちゃんと描かないと描けないってこと……。

ペドロ・アルモドバル監督が
ここの女たちを描きたい気持ちはよくわかるんだけど、
男や父親の描きかたが弱すぎるため、
対の相手である女たちも描き損なってしまったってこと……。

だいたいライムンダが物語の主役なはずなのに、
最後のほうはもう完全に
「帰郷」していた母親が主役になっちゃってるもんね。
それも観てて腑に落ちない……。

それでもいい映画だなあと思うのは、
ペネロペ・クルスの演技がいいのと、
さりげない生活の描きかたがとてもいいから……。

とくにライムンダ(ペネロペ・クルス)が
撮影クルー相手にレストランを開くシーン。

ただクルー相手に食事を作って出す、
クルーの連中が適当におしゃべりしながら食事する、
というだけなんだけど、これがいいんだよねえ。
ほんと、いいの。

ああ、ここに人間がいる。
人間が生活してる……、って感じ……?

そしてその生活の延長で
むかし歌ってたというライムンダが
ギターをバックに娘パウラに歌ってきかせるんだけど、
もうホロッときちゃうよね……。

こうしたシーンの前では、
(この映画の中の)
近親相姦だ、殺しだ、火事だ、癌だ……、
なんて出来事は別にたいしたことじゃないよね。
遠くに消えちゃう。霞んじゃう……。

人間の「生活」をちゃんと描くことがどんなに大事か、
どんなに素敵なことか、改めて思い知らされるよね……。

------------------------------------------------------

●スクリーンさん
この映画にたいしてはストーリー上、
私がちょっと厳しく書きすぎてるかも……。
女性たちの生きる姿を描いたとてもいい作品だと思います。
監督がじつは同性愛者で、そのせいか
いつもひじょうに独特な描きかたをするひとなんですよね。
そのあたりもけっこう見所です……。
悪食で?映画ならもうなんでも観ちゃいますねえ。
もうドラマからアクション、SF、ホラー、アニメまで……。

------------------------------------------------------

120分 スペイン ドラマ

監督: ペドロ・アルモドバル
製作: エステル・ガルシア
製作総指揮: アグスティン・アルモドバル
脚本: ペドロ・アルモドバル
撮影: ホセ・ルイス・アルカイネ
編集: ホセ・サルセド
音楽: アルベルト・イグレシアス

出演
ペネロペ・クルス ライムンダ
カルメン・マウラ イレーネ
ロラ・ドゥエニャス ソーレ
ブランカ・ポルティージョ アグスティナ
ヨアンナ・コボ パウラ
チュス・ランプレアベ パウラ伯母さん
アントニオ・デ・ラ・トレ パコ

「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督が贈る郷愁と女性讃歌のヒューマン・ドラマ。監督自身の故郷でもあるラ・マンチャを物語の背景に、母、娘、孫娘の三代の女性たちの葛藤と和解を、色彩豊かな映像でミステリアスかつユーモラスに綴る。アカデミー賞主演女優賞にも初ノミネートされたペネロペ・クルスをはじめとする6人の女性キャストがカンヌ国際映画祭で女優賞に輝くなど、各映画賞で称賛された。
失業中の夫と15歳の一人娘パウラを養うため、せわしなく働くライムンダ。明るくたくましい彼女にも、10代の頃、確執のあった母がそのまま父と一緒に火事で亡くなってしまうという苦い過去があった。そんなある日、夫がパウラに関係を迫り、抵抗したパウラに刺し殺されてしまう。ライムンダは愛娘を守りたい一心で、夫の死体の処理に奔走、事件の隠蔽を図る。そのさなか、今度は故郷ラ・マンチャに住む伯母の急死の報せが。ライムンダの姉ソーレが葬儀へ駆けつけたところ、彼女はそこで死んだはずの母イレネの姿を見掛けたという奇妙な噂を耳にするのだったが…。




この記事へのコメント

スクリーン
2008年04月18日 08:06
山崎様 おはようございます。
いろんな分野の作品を観賞されているのですね。
私も お勧めされる作品は とりあえず観るようにしてます。
本作品も 山崎さんのコメント拝見すると 観たくなりました。
【男を前にしたとき女は女になり、
女を前にしたとき男は男になるわけ。】わかるような気がします。

この記事へのトラックバック