こんな日は映画を観よう

アクセスカウンタ

zoom RSS イルマーレ (2001)

<<   作成日時 : 2008/05/11 05:22   >>

トラックバック 0 / コメント 6

[097]コマーシャル恋愛映画を観てるみたいだった……?

画像


この映画、ハリウッドでリメイクしてるんだよね。
そっちはまだ観てないんだけど、
それでよほど面白い映画なんだろうなあ
と期待して観たんだけど……、

いやあ、退屈で退屈で、
途中でなんども舟漕ぎそうになっちゃった。

と書くの、ほんとは怖いんだけど、
この映画が好きなひといっぱいいそうで……(笑)。

なんで退屈だったんだろう? 

まあ、考えるまでもないんだけど、
大きな理由は映画の中で「何も起こらないから」……。

何も起こらないというのは死んでるということ。
死んでるものを観せられてるから、
観てるほうも死にたくなる、眠りたくなる、ということ。

イ・ジョンジェ もチョン・ジヒョンも
とてもいい俳優だとは思うんだけど、
二人の心の中でほんとなにも起きないの。
みごとに、何も……、ずっと……。

まあ、物語としては起きてるはずなんだけど、
二人の心の動きがほんと伝わってこないの、
告白的な説明(手紙)ばっかりでさ。

う〜ん、ことばでいくら説明されてもねえ……。

映像にも、ものすごく問題あるよね。

一見きれいそうなんだけど、
すごく工夫して撮ってるみたいなんだけど、
もうみんなマス・イメージなんだよねえ。

ほんと、いつかどこかで観たことがあるような映像……。

わかりやすく言うと篠山紀信が撮るような写真。
雑誌のグラビアだとか
コマーシャル映像でよく見かけるような写真の連続。

すいません。
私は徹底して天才アラーキー派なもんだから……(笑)。

私の大好きな作家古井由吉さんが、
かつてこう言ったことがあるんだよね。

素人さんがいかにも小説らしい小説を書くようになったので、
小説家の私は、ぜんぜん小説らしくない小説を、
「非小説」を努力して書かざるをえなくなったって……。

日本が大衆情報化社会に突入しはじめた
1970年代初めの頃なんだけどね。

ものすごく含蓄のある言葉だと思うんだけど……。

ハリウッド版、どうしよう……?
私の好きなキアヌ・リーヴスやってんだけど……。

-------------------------------------------------------

●ひまわりの種さん
はじめまして。
とりあえず怒られなかったのでホッとしました(笑)。
もともと私は恋愛映画は苦手なんですが、
いままで観てきた韓国の恋愛映画はけっこう面白かったので……。
きれいなグラビア写真を観てると思えばいいのかもしれませんが、
人間の悪だとかどうしようもなさだとか、そういうものが描かれていないと
やっぱりドラマとして観るには弱いような気がします……。
なんて言いながらも、ハリウッド版、
私もいずれは観るんだろうなあと恐れてます(笑)。
イ・ジョンジェ 、クールなんで私のお気に入りです。
しかし、みなさんの近くのレンタル屋さん、いろんな韓国映画置いてますねえ。
私の行くところはどうしてこんなに少ないんでしょう……?

●youkoさん
わあ〜、やっぱり……、すいませんです……(笑)。
私の好きなキム・ギドク作品とは対極的な映画で、私はどうも……、でした。
えっ、「純愛中毒」をリメイクですか?
おっ、面白い、観る、いや観てやろうじゃないか、
われらが本家に勝てるかどうか?と勇ましい気分になりました(笑)。
でも、たぶん、ちょっとは面白くなるんじゃないでしょうかね。
台本がとてもいいですから……。
本歌・本家よりおもしろいリメイク作品、ほとんど記憶にないですね。
おもしろくするには、本家より1000万倍くらい努力しないと(笑)、
だめだと思います。
でも、リメイクするというのは、もともとオリジナル台本で勝負する、
という努力を放棄してるということでもあるので、
リメイクする側にもともとそんな努力をするつもりがない、
それが一番大きな理由じゃないかなあと疑ってます……(笑)。

●れいさん
え、本家の「誰にでも秘密はある」ごらんになったんですか?
そりゃあ韓国のリメイク版のほうが面白いに決まってる、
と思います、私は観てないんですけど……(笑)。
韓国映画界のやる気、本気度は、
いまやイギリスやハリウッドとは桁が違いますもの(笑)。

●つばきさん
物語の着眼点は面白いのですが、
そこで止まってしまってるような気がしますよね……。
イ・ジョンジェ、いい俳優なのに
「黒水仙」でももったいないなあと思いました。
「ラストプレゼント」「オーバーザレインボー」、
探してぜひ観ます。

●スクリーンさん
稽古でなかなか映画を見れなくなりました。
おかげで観たい映画どんどん溜まっていきます。
泣きたくなります……(笑)。
検索したら「イルマーレ」という店、日本にもけっこうありました。
この映画のタイトルからとったんですかね……?

●ろみさん
イ・ジョンジェ、いい俳優ですよね。
私もけっこうお気に入りです。
イタリアン・レストランですか。なんとなくイ・ジョンジェっぽい……?(笑)

ありがとうございました。

-------------------------------------------------------

97分 韓国 ロマンス/ドラマ/ファンタジー

監督: イ・ヒョンスン
製作: チャ・スンジェ
脚本: ヨ・ジナ
撮影: ホン・ギョンボ
音楽: キム・ヒョンチョル

出演
イ・ジョンジェ
チョン・ジヒョン
チョ・スンヨン
ミン・ユンジェ
キム・ジム
チェ・ユニョン
ドゥナ
イ・インチョル

海辺に建つ一軒家に備え付けられた郵便受けを媒介に、2年の時を隔てて存在する男女が手紙を交換し愛を育んでいくロマンチック・ラブ・ストーリー。99年12月。“イルマーレ(海)”と名付けられた海辺の一軒家。この家から引っ越していくひとりの女性が郵便受けに手紙を置いていく。それは、新たな住人に宛てたものだったが、その手紙はなぜか2年前である97年現在そこに住んでいる青年の許に届いたのだった……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
山崎さま始めまして。
「イルマーレ」の評をなるほど、と受け止めました。
ハリウッド版はキアヌ好きの娘と観ましたが、アメリカ
ですから何か起きていると言えば起きています。
でも情緒性でいえば本家には負けます、何故リメーク
したのか?と言う感じでした。
「オー!ブラザー」、ジョンジェさんのまた違った
面が観られますのでお勧めします。
ひまわりの種
2008/05/11 10:23
山崎さん こんにちは

私は「イルマーレ」けっこう楽しく観ました。
海辺の家も素敵だったし、わんこの足跡も可愛かったし、父親とのエピソードもホロっときました。
ビョンホンファンになる前、キアヌ・リーヴス好きだったのでハリウッド版も観ましたが、これはこれでなかなか良かったですよ。山崎さんにはあえておすすめしませんが(笑)。「ディパーテッド」に比べれば全然OKでした。

リメイクがオリジナルを超えるのってあるのでしょうか?「純愛中毒」ハリウッドでリメイクされたそうですが、これはちょっと怖いもの見たさに観てみたいかも。
youko
2008/05/11 12:00
こんにちは。おじゃまします。
韓国の「イルマーレ」がお好きでないなら、わたしは
ハリウッド版はお勧めしません。
youkoさんごめんなさい。
「純愛中毒」のハリウッド版も公開されたら観るでしょうが、期待していないのが本心です。
ですが、「誰にでも秘密はある」は韓国版の方が好きですけど・・・。英国版よりメリハリが利いていたように
思います。リメイクほど難しいのはないかも知れませんね。
れい
2008/05/11 13:56
山崎さま
最後までこの映画のポイントは?何を表現したいのか伝わらない映画でしたね、イ・ジョンジェさんは演技の上手い俳優さんなのにもったいない使い方ですよぬ。
海の中の家は湿気は大丈夫?台風がきたら?などと余計な感情を入れて観てしまいました。
良い映画やドラマなどは雑念など入らないのに・・・
イ・ジョンジェ作品では映画(ラストプレゼント)(オーバーザレインボー)がいい味が出てると思います
つばき
2008/05/11 17:39
山崎様 こんばんは

イルマーレ 私もイマイチでした。
ドラマ白夜や砂時計でイ・ジョンジェさんの許されない愛を演じる姿が切なくて好きでした。が 彼の映画は本作品が始めてでしたが、彼の良さが生かされてません。
残念です。 つばき様お勧めのラストプレゼントは確か、シム・ウナさんが共演では??
アメリカのリメイク版も今のところ パス。
余談ですが 【イルマーレ】と言う名のお店を、ジョンエさんはソウルにお持ちとの事です。何屋さんかは??

スクリーン
2008/05/11 23:49
山崎さん こんにちは。
映画全体は 作り方が甘いようにも思いましたが
私は結構楽しみました。イ・ジョンジェ、好きなので・・・。
彼のお店「イル・マーレ」は イタリアンレストラン、と
どこかで読んだ記憶があります。
「ラスト・プレゼント」でイ・ジョンジェと共演しているのは
イ・ヨンエさんです。「オーバー・ザ・レインボー」は
つばきさん同様、私からもお勧めです。
ところで 韓国映画で 「リメンバー・ミー」(ユ・ジテ、キム・ハヌル主演)も 
時を越えたストーリーで、
こちらは 日本映画でリメイクされていますが
山崎さんの お好みに合うかどうかは・・・??
ろみ
2008/05/26 14:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
イルマーレ (2001) こんな日は映画を観よう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる