反則王 (2000)

[109]だめ男たち、遠慮するな、反則技も生き抜くためのテクニックだ……?


画像


キム・ジウンの作品は
「甘い人生」「箪笥」につづいて3作目なんだけど、
面白かった、うん、笑えた……。

この監督、多彩で、
ほんとしっかりしたエンターテイメント作品創るよねえ。
偉い……!
私が誉めてもしょうがないんだろうけど……。

イ・ビョンホンが「甘い人生」の撮影のとき
「私がいちばん一緒に仕事をしたかった監督」って言ってたけど、
気持ち、よくわかる……。

イム・デホ(ソン・ガンホ)は冴えない銀行員。
そのデホにメガネの上司がいつもヘッドロックをかけている……。

まず、この物語の設定がうまいよね。
銀行(=社会)に首も回らないほどがんじがらめにされているデホ。
そのヘッドロックをどう外したらいいのか全然わからないデホ……。

で、プロレスの門を潜るんだけど、
入門先がかつて少年デホがファンだった
往年の「反則王」ウルトラタイガーマスクのジムなんだよね。

なんで「反則王」のところなの?
なんで2代目「反則王」なの? って思うけど……、
答えは館長のことばにあるんだろうなあ、
「リングの上では反則も技なんだ、テクニックなんだ」っていう……?

「おっ、そうか。いいこと聞いちゃった」って
デホならずとも感動しちゃうよねえ……(笑)。

デホ、ひとがよすぎて……、根が真面目すぎて、
上司の恐怖のヘッドロックに反則を使えないっていうか、
反則技なんて想像もつかなかったんだよねえ。

デホの友人のドゥシクもそうなんだけど、
だから営業成績もまったく冴えないわけで……(笑)。

いいかえるとデホみたいな真面目な人間には、
反則技という荒業をやらせようとしないと、
(心のハードルを一段高くしてやらないと?)
上司のヘッドロックで窒息死しちゃうってこと……?

このあたりよく考えるとかなりブラックかな……(笑)。

私がいちばん笑ったのは、父親とのシーン。

デホが横になってるおやじの枕元で
「できそこないの息子で苦労かけました。改心します」
と謝るんだけど、おやじが顔を上げると、
そこにはタイガーマスクを被ったデホがいるんだよねえ……(笑)。

そのあと
同僚の女にも愛を打ち明けるんだけど、
やっぱりマスク被ったままなんで
女に「酒でも飲んでるの?」ってバカにされちゃって……。

だめ男の悲喜こもごもを描いた佳作。
ガンホ・ファンはお見逃しなく……!


●ろみさん
トイレの件、へえ~ですよね。
「それを確かめたくて『反則王』を見た私って我ながらちょっとヘンかも」
いえいえ、人生そんなものだと思いますが……(笑)。

●sinoさん
私はコメントしようがないのですが……(笑)。

●ソルロンタンさん
はい、ガンホがプレスリーばっちりやってますよ。
なんでプレスリーなのよお~と大笑いしましたが……。
しかし、ご夫婦でガンホ&キム・ジウン監督のファンだと、
この映画もう4倍くらい楽しめちゃいますよねえ(笑)。

ありがとうございました。
サロン専売品が最大40%OFF♪
メタボ対策ハラマキ登場!おなかスリマー


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家



■112分 韓国 ドラマ/コメディ

監督: キム・ジウン
脚本: キム・ジウン
撮影: ホン・ギョンピョ

出演
ソン・ガンホ
チャン・ジニョン
パク・サンミョン
チャン・ハンソン
キム・スロ
シン・グ

2000年韓国で「JSA」に次ぐヒットを記録した異色コメディ。昼は冴えない銀行員、夜はプロレスラーという二重生活を送る男の姿をユーモラスかつ哀愁たっぷりに描く。イム・デホは要領が悪く情けない男。職場ではいつも厳しい上司にヘッドロックをかけられていた。そんなある晩、デホはさびれたプロレス館で選手募集のポスターを目にする。衝動的に入門を申し込んだデホは、以来、厳しいトレーニングに励み、上司のヘッドロックもかわせるようになり、ついに緊張のデビュー戦を迎えた……。

この記事へのコメント

ろみ
2008年07月03日 13:02
本日 いくつか続けてコメントを入れさせていただいております。しつこくて?ゴメンナサイ。

この作品でも ソン・ガンホ、良いですねぇ。
冴えない中年男の 一生懸命さが
悲しく面白い・・・。

キム・ジウン監督によると、「甘い人生」で
ソヌが 鏡を見ていたトイレは
「反則王」の撮影でも使用した 同じ場所だったそうです。
それを確かめたくて 「反則王」を見た私って
我ながら ちょっとヘンかも?
sino
2008年07月04日 08:26
ちょっとヘンなろみ様
 
そうなんですか!
鏡のシーンって、刺されて、自分に大丈夫って言い聞かせる場面ですよね? ソヌの心情が・・・動揺が伝わってきて・・・自分がその立場になったような気分になりました。好きなシーンの1つでした。表情がなんとも言えず・・・いいですよ。
ソルロンタン
2008年07月04日 21:57
山崎さん お久しぶりです。
韓国映画とイ・ビョンホンさんの大ファンなのにこちらで最初にコメしたのが「人情紙風船」でした^^
「反則王」DVDで観てとにかく大笑い。
確かガンホさんがエルビス・プレスリーの格好をして歌う場面があったような・・・
シン・ハギュンさん(JSAの北の若い兵士)が不良役でカメオ出演してるそうです。
私も夫もガンホさん&キム・ジウン監督のファンでこの監督の映画ほとんど観てます。さすが「多彩なジャンル映画の名手」ですね。
今は17日韓国公開の「ノム(奴)」が楽しみです。

この記事へのトラックバック