木下恵介__監督

木下恵介(日本)

画像  本名・木下正吉
  1912年(大正元年)12月5日-
  1998年(平成10年)12月30日
  映画監督、脚本家









静岡県浜松市で食料品店を営む父・周吉、母・たまの8人兄弟の4男として生まれる。浜松工業学校(現浜松工業高等学校)紡績科を卒業後上京。1933年(昭和8年)松竹蒲田撮影所に入り島津保次郎監督の撮影助手となり、翌1934年(昭和9年)には新たに作られた松竹大船撮影所に移り、島津監督の下助監督となる。1940年(昭和15年)に徴兵され中国を転戦も翌年、戦傷の為内地送還され帰国。

1943年(昭和18年)に監督になり『花咲く港』で山中貞雄賞を受賞し、華々しくデビューした。同年、黒澤明も監督デビューし終生のライバルとして日本映画界を支えてゆくこととなる。またいわゆる「木下組」からは小林正樹、川頭義郎、松山善三、勅使河原宏、吉田喜重、山田太一等々多数の映画人が巣立っていった。
1951年(昭和26年)に『カルメン故郷に帰る』で戦後初の長編カラー映画を発表。同作は、NHK映画ベストテン第1位、日本映画文化賞を受賞する。1954年(昭和29年)『二十四の瞳』で、ブルーリボン賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞などを受賞したが、その後、『戦場の固き約束』などが、興行上の採算性に対する疑義で松竹側からお蔵入りにされるなどの不遇にあい、 1964年(昭和39年)に松竹を退社し、テレビ界にも進出。『木下惠介アワー』などテレビドラマも製作した。
後に木下惠介プロダクション(現在のドリマックス・テレビジョン)を設立する。

1976年(昭和51年)『スリランカの愛と別れ』で再び映画監督に、また1979年(昭和54年)には松竹に復帰。映画、テレビドラマの監督と同時に脚本も数多く手がけている。1977年(昭和52年)紫綬褒章を授章。1984年(昭和59年)には勲四等旭日小綬章を授章。1991年(平成3年)に文化功労者に選出される。

1948年(昭和23年)から晩年近くまで、神奈川県藤沢市辻堂熊の森に住んでいた。
1998年(平成10年)12月30日午前3時10分、脳梗塞のため東京都港区の自宅で死去、86歳だった。生涯にメガホンをとった映画は49作品。死後その功績に対し、エランドール特別賞が贈られた。

1960年代までは黒澤明と並ぶ日本映画の両雄とみなされ、国内での評価はむしろ黒澤を上回ることが多かった。しかし海外での受賞が少ないことや、基本的に日常派で華々しい話題性や刺激に乏しい作品が多いこともあり、晩年は急速に忘れられた巨匠と化しつつあった。死去した年の紅白歌合戦ではその年の物故者を振り返るコーナーで木下の名前が読み間違えられたこともある。しかし死後は、その洗練された話法やテクニック、社会的視点の鋭さなどの再評価が進んでいる。

非常に短い結婚生活があるが、生涯のほとんどを独身で過ごした。また小津安二郎と同様に作品ではほとんど性描写をしない演出が特徴的。

作品
1943年 「花咲く港」 監督デビュー作、菊田一夫の戯曲が原作
     「生きてゐる孫六」
1944年 「歓呼の町」
     「陸軍」 陸軍省の依頼で「大東亜戦争3周年記念映画」として製作
1946年 「大曾根家の朝」 戦後第1作、初めてキネマ旬報ベスト1に選ばれる
     「わが恋せし乙女」
1947年 「結婚」
     「不死鳥」 佐田啓二と田中絹代の「接吻シーン」が一世を風靡
1948年 「女」  毎日映画コンクール監督賞
     「肖像」 毎日映画コンクール監督賞
     「破戒」 毎日映画コンクール監督賞
1949年 「お嬢さん乾杯!」
     「新釈四谷怪談」
     「破れ太鼓」
1950年 「婚約指輪」
     「善魔」
1951年 「カルメン故郷に帰る」 日本初のカラー作品
     「少年期」
1951年 「海の花火」
1952年 「カルメン純情す」
1953年 「日本の悲劇」 
1954年 「女の園」
     「二十四の瞳」 ゴールデングローブ賞外国語映画賞
1955年 「遠い雲」
     「野菊の如き君なりき」
1956年 「夕やけ雲」
     「太陽とバラ」
1957年 「喜びも悲しみも幾歳月」
     「風前の灯」
1958年 「楢山節考」 ベネチア映画祭コンペティション参加
     「この天の虹」
1959年 「風花」
     「惜春鳥」
1959年 「今日もまたかくてありなん」
1960年 「春の夢」
     「笛吹川」
1961年 「永遠の人」 米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート
1962年 「今年の恋」
     「二人で歩いた幾春秋」
1963年 「歌え若人達」
     「死闘の伝説」
1964年 「香華」
1967年 「なつかしき笛や太鼓」
1976年 「スリランカの愛と別れ」
1979年 「衝動殺人・息子よ」
1980年 「父よ母よ!」 カルロビバリ映画祭ファシスト闘争賞
1983年 「この子を残して」
1986年 「新・喜びも悲しみも幾歳月」
1988年 「父」

テレビ
木下惠介アワー
『喜びも悲しみも幾歳月』
『二人の星』
『記念樹』
『今年の恋』
『女と刀』
『もがり笛』
『おやじ太鼓』
『三人家族』
『兄弟』
『あしたからの恋』
『二人の世界』
『たんとんとん』
『太陽の涙』
『幸福相談』
『思い橋』
『わが子は他人』

画像









 浜松市中区旭町12-3
 フォルテビル4F


-------------------------------------------------------

●pupukichiさん
コメント、ありがとうございました。
私もたぶん、木下恵介アワーを観た最後の世代です。
テレビの初期ドラマ時代ですけど、
やはり木下恵介の作品はとてもすごかったと
いまになればなるほど思います。

●minmiさん
木下恵介が亡くなったとき、みんなえらく冷たいなあと思いました。
「二十四の瞳」や「喜びも悲しみも幾歳月」をはじめ、
戦後、日本人は木下恵介の映画に涙しながら
生きてきたはずなのにと思いまして……。
まあ、世間なんていつもそんなものかもしれませんが……(笑)。
正直言って、私も、木下恵介の日本的な情緒から入ったものですから、
苦手だなあと思っていたのですが、映画を改めて見直していくと、
じつはとんでもなく冷静というか、モダンで、
とても批評的な監督だったんだと、いまは感服しています……。

ありがとうございました。

この記事へのコメント

2008年07月27日 17:35
初めまして。

木下恵介アワー観た最後の世代です。
minmi
2008年07月27日 18:23
木下恵介アワーのオープニングテーマを聞いただけで、
涙が出てしまってたような記憶があります。
そのせいで、一時、すごく苦手でした。
男性的でハードボイルドタッチな黒沢映画に走ったのも、それが影響してるかも。
大学時代に「破戒」と「二十四の瞳」を観てから、突然大好きになりました。
「二十四の瞳」は子どものときに一度見ていたけど、そのときにはわからなかったモノが突然見えたような気がしたのです(私の勘違いかもしれないから「気がした」だけですけど)。

この記事へのトラックバック

  • 「ことば」

    Excerpt: 憲フェスWebマスターです。今日は晴れているけど寒いっスね。さて、実行委員の間で「ことば」とよばれているものがあります。これは第1回憲法フェスティバルのときに、日本屈指の映画監督木下惠介さんが寄せてく.. Weblog: 憲フェスWebマスターのブログ racked: 2011-03-03 09:59