シム・ウナ__俳優

シム・ウナ(韓国)


画像画像画像










1972年9月23日、テジョン(大田)広域市生まれ、京畿道 ヨンイン(龍仁)育ち。
165cm、46kg。
ソンイル女子高校卒業。チョンジュ(清州)大学 韓国舞踊科中退。
1993年、MBCタレント第22期。
1995年、映画デビュー「サランヘヨ あなたに逢いたくて」。

映画

1995 「サランヘヨ あなたに逢いたくて」
1996 「ボーン・トゥ・キル」
1998 「八月のクリスマス」
1998 「美術館の隣の動物園」
1999 「イ・ジェスの乱」
1999 「カル」
1999 「インタビュー」

ドラマ
1993 MBC「一つ屋根の三家族」
1993 MBC「ファイナル・ジャンプ(最後の勝負)」
1994 MBC「M」
1994 MBC「小さい泥棒」
1994 MBC「早瀬」
1995 MBC「スッキ」
1996 MBC「恋愛世代」
1996 MBC「愛しているなら」
1997 SBS 「美しい彼女」
1998 SBS 「白夜」
1999 SBS 「青春の罠」
そのほか 「天地の間」「私は願う」

受賞歴
1995 第33回 大鐘賞 新人女優賞(サランヘヨ あなたに逢いたくて)
1998 第34回 百想芸術大賞女優主演賞(八月のクリスマス)
1998 第18回 映画評論家協会賞女子演技賞(八月のクリスマス)
1998 第19回 青龍賞女優主演賞(八月のクリスマス)
1999 第36回 大鐘賞女優主演賞(美術館の隣の動物園)
1999 SBS演技大賞大賞(青春の罠)



シム・ウナの魅力?澄んだ清潔さと清純でセクシーだということ。彼女には濃い化粧は似合わない。素肌にパウダーを塗ったように透明な姿がより愛らしく感じられる。派手ではないが常に美しく見える女性、女性がより称賛する美人。『どうしたらあんな風に綺麗なのだろうか…』シム・ウナが出演する映画やドラマを見る人は必ずこう言う。一度観察してみよう。そう言うのは十中八九女性だ。不思議なことにシム・ウナは男性よりも女性が綺麗だと褒め称える。彼女の演技は真摯だが重くない。そして何か忘れられない感じがしてしまう。その雰囲気に魅了され、しきりに彼女の顔を思い出し、彼女の髪、彼女のほっそりした体、澄んで明かるい瞳を思い浮かべる。それまで誰も持ちえなかった彼女だけの雰囲気だ。

光と影のスクリーンの中で、女優が与えることの出来る美しさと優しさと繊細さと冷たさと毒を同時に持っている女性。彼女に対して知ってみよう。彼女は1972年9月23日ソウルで生まれた。父シム・ジェヒョンさんと、母コ・ジョンヒさんの三人の娘の長女だ。ソウル、テワン小学校を経てチャンゴク女子中学校、ソンイル女子高等学校を卒業して、1993年MBCテレビのタレント22期で彼女の演技生活が始まった。日曜日の朝ドラマ「一つ屋根の三家族]でデビューしたが、当時の彼女に注目する人はほとんどなかった。顔も平凡で演技も平凡だったからだ。このように目立たなかった彼女が羽ばたき始めたのは1994年に放映された「最後の勝負」からだった。
そのドラマでシム・ウナは清純美の化身というべきタスル役で一瞬にしてスターに押しがった。以後シム・ウナは「M」「ヨウルモク」「スクヒ」「1.5」「美しい彼女」「白夜3.98」「青春の罠」「愛するなら」等のドラマに出演してトップスターとなった。彼女のスクリーンデビューは95年チェ・ミンスと共演した「アッチパパ」だ。しかし映画デビューはそれほど成功的ではなく、チョン・ウソンと 共に主演した「ボーン・トゥ・キル」もやはり期待には至らなかった。98年にハン・ソッキュと共演した新しい感覚のメロドラマ「8月のクリスマス」が成功して映画に対してより強い愛情を見せ始めた。多作な俳優ではないが、自分のキャラクターに合うシナリオを選びだす見識がある。ついに「8月のクリスマス」で白象芸術大賞とヨンピョン賞、青竜賞、女優主演賞を受賞して、98年末「美術館の隣りの動物園」が封切りされると多く愛され、99年パク・グァンス監督の時代劇「イ・ジェスの乱」でイ・ジョンジェと息を合せる。
「カル」で50万人の観客動員に成功し韓国最高の女優のうちの一人であることを立証した。ところがシム・ウナは、ほとんどの芸能記者が「嫌う」芸能人だ。彼女くらい大きなトップスターの班列にのぼりながら、記者を忌避する芸能人もまれなせいだ。こんな彼女に対して、昨年の夏カン・ウソク監督がどこかに辯護する文を書いたことがある。<私がシム・ウナに対して持っていた考えはこうだった。どこか偉そうで、傲慢な役者…「美術館の隣りの動物園」とこの頃彼女が撮影中の「カル」を製作支援しながら、彼女に対するこのような考えを正し始めた。まず彼女の生活を見れば撮影場と家しかないようだ。他のスケジュールは何もない。それのみでなく、撮影チームの他には誰も彼女と連絡さえとれない。
「カル」を撮る間はその役割にひたって楽しんで暮らしたいということが「連絡断絶」に対する彼女の辯解だ。>ちょっと長く引用したが、知って見ると彼女の連絡断絶は作品に没頭するためである。ドラマが終わるまでシム・ウナの平均睡眠時間は4時間。それも多く眠ってその程度。夜明けに終わり、シャワーをあびただけでまた撮影場に向かった日も数え切れない。欲の深いことにシム・ウナは絶対に同じ役をしない。白象芸術大賞最優秀演技賞に続き、大鐘賞女優主演賞を抱かせた作品「美術館の隣りの動物園」も同じだ。この映画でシム・ウナはそれほど可愛くない少しとんでもない女性チュンヒに変身する。純粋さだけで迫った直前の映画「8月のクリスマス」の駐車取締員とはまた違う感じだ。
だが毎回キャラクターを変えるということは俳優として容易ではない。彼女の仕事に対する格別な努力があるからこそ可能なのだ。同じ年頃の他の女優と違い「イ・ジェスの乱」に走って行ったのもそんな理由。「シム・ウナ式演技」ではない「様々なキャラクターを消化する俳優」になりたいというのが彼女の話だ。シム・ウナが選択した5番目の映画「TELL ME SOMETHING(カル)」でも同じ。以前まで見せていた姿とは全く違ったキャラクターであった。国立博物館の遺物復元職員の「スヨン」役が彼女が選んだキャラクター。猟奇的な連続殺人事件の糸口を握るヒロインだ。純粋でありながら悪魔的なキャラクターだというのがこの役の特徴だ。事実「スヨン」役はトップスターの間で水面下の競争が熾烈だった。既に殺人事件を解いていく冷徹な主人公「チョ刑事」役にキャスティングされていた「忠武路保証手形」のハン・ソッキュに、「接続」を誕生させたジャン・ユヒョン監督の2番目の作品という点から既に「興行」の兆しを見ることができる映画だったからだ。結果は「8月のクリスマス」以後「女ハン・ソッキュ」というニックネームまで得るようになった女性シム・ウナ。欲深い俳優のシム・ウナの次の姿が今から気になる。







八月のクリスマス [DVD]
キングレコード

ユーザレビュー:
気になっていた映画B ...
韓国映画の最高峰この ...
おもしろいか??スト ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック