グリーン・ディスティニー (2000)

[147]映画も手作り感を残したほうがいい……?


画像     この作品は2度目。

     「デイジー」が面白かったので、
     これもたしかラブ・アクションだったよなあ、
     と思って久しぶりに見直したんだけど……、

     「デイジー」の余韻がまだちょっと残ってたせいか、
     1度目ほどの感動はなかったなあ。
     まあ、いい映画には違いないんだけどね……。


やっぱりワイヤーアクションのせい……?

よく知られてるように、この映画で
アジアはむろん欧米なんかでもワイヤーアクションに
注目するようになったんだけど、

あまり多用しすぎると、
どうしても生な人間の気配が消えちゃって
かえってつまんなくなるような気がするなあ……。

ワイヤーアクションが駆使されはじめたのは
ゲームの影響も強いと思うんだけど、
ゲームの場合はまだ自分でコントローラーを操作するから、
やってみると想像以上に映像に人間が感じられるんだよね。

でも映画だと、
見る側がゲームみたいに操作感を味わえるわけじゃないから、
そのぶんどうしてもね……。

そういう意味で言うと、この映画でいちばんよかったのは、
ワイヤーアクションのシーンがあまりない、
荒野でイェン(チャン・ツィイー)とロー(チャン・チェン)が出会い、
愛し合うシーン。

映像に手作り感があって
人間の恋の息遣いがリアルに感じられるっていうのかな……。

シューリン(ミシェル・ヨー )とムーバイ(チョウ・ユンファ)のほうが
物語的にはもっと悲恋なはずなんだけど、
そっちはどうしてももうひとつ胸に迫ってこない。

やっぱりワイヤーアクションが多用されすぎてて、
そっちに目が行っちゃうからだろうなあって思う……。

ムーバイとイェンが竹林で戦う
ワイヤーアクションのシーンなんかは逆にすばらしいけどね、
剣の達人のイメージをよく表現できるので……。

まあ、それはともかく俳優はいいよねえ。

私の大好きなチョウ・ユンファ 、
ミシェル・ヨー、チャン・ツィイー、そしてチャン・チェン……。

まあ、かれらの立ち振る舞いの美しいこと……!
映画俳優だねえ、スターだねえ、って感動しちゃうよね。

それ観るだけでも必見の価値ありかも……?

------------------------------------------------------

●てっせんさん
う~ん、チャン・ツィイーに……!
どうも女優のことになるとてっせんさんとは奪い合いになりそうな
気がしてきてちょっと怖いです……(笑)。
お姉さん役のミシェル・ヨーもいいですよお~(笑)。
チャン・チェン、「ブレス」に出てるんですか。
いやあ、ギドクが好きそうな俳優ですよね。楽しみです。
しかしDVDになるのかなあとちょっと不安なんですが……。

●ちょごりさん
チャン・ツィイー、すばらしい俳優さんですよね。
「女帝エンペラー」のチャン・ツィイーもとてもいいです。
ただ監督がそのよさを生かしきれているかどうか
ちょっと疑問がないでもないですが……。

●テプンさん
ご無沙汰です。お元気ですか。
中国の映像、ほんとうにきれいですよね。
香港映画も一生懸命中国映画になろうとしているんだとつよく感じます。
「ダニー・ザドッグ」、ぜひ観てみますね……。

ありがとうございました。

------------------------------------------------------

120分 中国・香港・台湾・米国

監督 アン・リー
原作 ワン・ドウルー
脚本 ワン・ホエリン ジェームズ・シェイマス ツァイ・クォジュン
音楽 タン・ドゥン ヨーヨー・マ

出演
チョウ・ユンファ リー・ムーバイ
ミシェル・ヨー ユー・シューリン
チャン・ツィイー イェン
チャン・チェン ロー
チェン・ペイペイ

19世紀始めの中国を舞台にしたファンタジー・アクション・ラヴストーリー。監督・製作は「アイス・ストーム」のアン・リー。原作は上海の作家ワン・ドウルーによる武侠小説。撮影は「アンナ・マデリーナ」のピーター・パウ。アクション監督は「マトリックス」のユエン・ウーピン。音楽はタン・ドゥン。チェロ演奏はヨーヨー・マ。美術・衣装はティン・イップ。出演は「アンナと王様」のチョウ・ユンファ、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のミシェル・ヨー、「初恋のきた道」のチャン・ツィイー、「ブエノスアイレス」のチャン・チェンほか。
天下の名剣グリーン・ディスティニー(碧名剣)の使い手として名を轟かせるリー・ムーバイ(チョウ・ユンファ)は、剣を置く決意をし、瞑想修行を途中で切り上げ女弟子ユー・シューリン(ミシェル・ヨー)の元へやってくる。二人は密かに惹かれ合っていたが、指定に愛の関係は許されなかった。そんなある日、ユーは貴族の娘イェン(チャン・ツィイー)に出会う。イェンは両親に名家に嫁ぐことを決められていたが、本当はユーのような剣士になりたがっていた。やがてイェンは、盗賊の青年ロー(チャン・チェン)と砂漠で恋に落ちる。しかし政略結婚が決まっているイェンは、彼に別れを告げた。イェンを諦めきれないロー。彼への想いに揺れるイェン。そんな時、イェンに正しい剣の道を教えようとしていたリーが、長年の敵に毒針で殺されてしまう。死の直前で、初めて愛の告白をするリーとロー。イェンはその姿に接し、家が決めた結婚を捨ててローとの愛を選ぶのだった。







中華電影データブック 完全保存版
キネマ旬報社
石子 順 他

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中華電影データブック 完全保存版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

英雄 ~HERO~ [VHS]
ジェット・リー (出演), トニー・レオン (出演), マギー・チャン (出演), チャン・ツィイー (出演), ドニー・イェン (出演), チャン・イーモウ (監督) | 形式: VHS

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 英雄 ~HERO~ [VHS] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

英雄 ~HERO~ プレミアムBOX (初回限定生産) [DVD]
レントラックジャパン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 英雄 ~HERO~ プレミアムBOX (初回限定生産) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

てっせん
2008年09月14日 20:39
当時、チャン・ツィイーに熱をあげまくっていた私としては、おバカにも、恋人役のチャン・チェンに激しく嫉妬したものです(笑)
で、このチャン・チェン、キム・ギドクの新作「ブレス」の主人公なんですね。これはまだ観ていませんが、DVDが待たれます。
ちょごり
2008年09月16日 16:02
つい最近、観ました。
ほんとに、ワイヤーアクションが違和感なく(ほんとは好きじゃない)楽しめました。
私が知ってる俳優さんはチャン・ツィイーしかわかりません、まあ~見覚えのあるお顔、たくさんいましたが・・・
この映画は、公開した年のアカデミー賞の外国部門賞になったとか?最近の中国映画は、映像が凄く綺麗ですね、まだ、私には、なれていないからでしょうが、あまりにもCG?画像が受け入れられないので、DVD録画しても、観て、感動できないので・・・
今、チャン・ツィイの「女帝・エンペラー」を録画してあるのですが、中々観れなくて、でも、ちょっと観たところで、「初恋の来た道」の印象が強く残ってる、私は、チャン・ツィイの成長が、凄いな~と、演技もそうですが、女性としても美しさが・・・
いつ観ようかと、今、思案中です。
テプン
2008年09月20日 18:25
山崎様、こんばんは。お久しぶりです。

この映画、ジェット・リーの大ファンだった当時(今でもファンです)、カンフーつながりで観ました。が、やはりワイヤーアクションになじめない部分がありました。ストーリーは大好きですし、映像も中国らしく美しいので一見の価値ありですね。

チャン・ツィイーは幼くも見えるし、決して美人ではないと思いますが違った役をこなしてしまうのですごいなと思います。

話がそれますがジェット・リーはカンフーの姿の美しさで勝てる俳優はいないと思っています。最近俳優業に興味がなくなってきているようですが・・・『ダニー・ザドッグ』はジェットがお気に入りのリュック・ベイソン監督の映画で私は出来のいい映画だったのですが、あまり話題にならず残念です。お時間があればご覧ください。

この記事へのトラックバック