銀杏のベッド (1996)

[154]物語を具現化する方法がわかってないんじゃないかなあ……?


画像     う~ん、
     「燃ゆる月」よりはいいかなあ
     とは思うけど、

     やっぱりわたしにはだめだったなあ……。

     そんな出来事ありえないよ、
     荒唐無稽すぎるよ
     って思っちゃうから……?

いや、荒唐無稽なのは全然かまわないんだけど、
そういう物語はあんまり
真剣にやっちゃまずいと思うんだけどねえ……。

見え見えのウソなんだから、
これはウソですよ~、笑っていいんですよ~、みたいな感じでというか、
マンガっぽく撮らないと、観る側はなかなかついていけないよねえ……。

クァク・ジェヨン監督が同じ台本で撮るとしたら、
絶対そうするような気がするけど……。

台本もよくないねえ。
全然ドラマが書けてないもんねえ……。

ドラマってのは単純に言うと、
自分と自分との闘い(葛藤)、自分と相手との闘いの中にあるんだよね。

ハムレットには、
「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」っていう
自分の中の闘いがあるじゃない?
あれ、あれ……、ああいうのがそれぞれにないと……。

観客ってのは
そういうドラマをハラハラドキドしたり、ニヤニヤ笑ったりしながら
無責任に楽しんでるわけでさ……(笑)。

この台本には、まあ、相手との闘いはともかく、
それぞれの人物の中に自分との闘いがほとんど皆無なわけ。

描かれてない……。

だから人物の心がどうしても見えてこないってことになるんだよね。
セリフ、行動が全部説明ってことになっちゃうんだよね。

物語のイメージばかりが先行して具現化されない。
まだプロットの段階……。

「燃ゆる月」も基本的に同じだったんだけどさ……。

ふ~っ……(と嘆息する)。

-------------------------------------------------------

●minmiさん
韓国映画界の事情がもうひとつよくわかってないのですが、
海外向けの映画は外貨を稼ごうという国の政策に沿って創られている、
この「銀杏のベッド」はそのステップのもとに創られた…、ということ
なんでしょうか? また国内向けと海外向けにはとても大きな違いが
あるのでしょうか? う~ん……、と考えこんでしまいます。
一般的に言うと、ナショナルな物語を徹底してナショナルな方向で撮った
ほうが、むしろ海外でもヒットする傾向が高いからなんですが……。
この映画がいびつだとは私は少しも思いませんが、
韓国内ではむしろこうした作品のほうが受けているんでしょうか?
韓国内で何百万人動員したとか、ああいうのは韓国内の人気度には
関係がないということなんでしょうか?
日本では知られていない名優がいるとか、濃すぎる?演技をする俳優の
ほうが韓国内では評価が高いというのは、まあ、なんとなく想像できる
ことなんですが……。
質問ばかりですいません。
作品を観たり評価したりする場合、私はそういうことは全然関係なく
やってるんですけど、韓国映画の実情が知りたい気持ちもあるので、
教えていただけるとありがたいのですが……。

●minmiさん
ご丁寧にありがとうございました。
すこし韓国の事情の概略がわかりました。
実際には韓国にしばらく滞在などして、その違いを肌で感じとるしか
ないのかも知れませんね。
しかしminmiさんの情熱にはびっくりします。
ビョンホン・ファンもそうですが、いったいなにがそこまで動かすのか、
知りたいものです……(笑)。

●てっせんさん
過分なお言葉、ほんとにありがとうございます。
クァク・ジェヨンやリュ・スンワンには限りませんが、
映画批評が映画人の励みになることもあるので、多少、
韓国はどうなってるのかなあ、と気にはなりますよねえ……。
この9月、私のところの座員(女性)がやはり韓国映画がきっかけで、
ソウルへ行ってしまいました。てっせんさんにも観ていただきたいくらい
たいへんいい女優で、せっかく育てたのに?と思いましたが、
かわいい子には旅をさせろ、おまえの人生だっ、という心境で
送り出しました。近いんだからいつでも帰って来い、とも付け加え
ましたが(笑)。それと、コネ作ってこい……!(笑)
間違って釜山映画祭の審査席に座ることがあったら、
ぜひてっせんさんと一緒に座りたいです……(笑)。

追伸)
きょう「子猫をお願い」について書き、アップしようとしたら、
突然「ただいま混み合っています」と出て、書いた文章が
保存もアップもされずにショックでした……(泣)。
映画はめちゃくちゃよかったです……。

●sinoさん
巷には時々すごいひとが隠れ住んでたりするんですよねえ、
てっせんさんみたいなひとが……(笑)。
そういうひとがいると、あ、もしかして俺もまだ生きていけるかも、
なんて思ったりします(笑)。
もし私が10才若かったら、いまごろ韓国にいることだけは
間違いないとおもいます(笑)。

●てっせんさん
「工作員活動」かあ、懐かしい、いい言葉だなあ……(笑)。

●てっせんさん&shinoさん
すいませ~ん、会話についていけないんですがあ……(笑)。
全然関係ありませんが、shinoさん、写真とおみやげ、きょう
受け取りました。すいません。台本を書いててしばらく
稽古場に顔を出してなかったものですから……。
2、3日中にアップしますね。感謝感激です。
へへえ……、さすがにてっせんさんもついてこれないコメントで、
すいませんねえ。
あ~、なんだか私までワルノリしております……(笑)。

●てっせんさん&shinoさん
てっせんさん、よかったらブログ「こんな日には旅に出よう」をぜひ
ごらんください。shinoさんから送っていただいた岩木山の写真を
載せています。岩木山がほんとにきれいです。
ただしshinoさんが映っている写真はまだアップしていません。
まだご了解を得てないものですから……(笑)。
shinoさん、いかがいたしましょう、お顔のほうの写真は……(笑)。
しかしshinoから「コ・ヒス!」は瓢箪から駒とはいえ、大胆な……!(笑)

●コ・ヒス!さん
はい、了解しました。私もたぶんだめなんだろうなあとは
思っておりました……(笑)。

ありがとうございました。
クリッとしていただけると嬉しいです
TVショッピング大人気商品!立花みどり開発!姿勢ウォーカー
着けるとベルトのサイズが小さくなるかも?!おなかスリマー


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家


-------------------------------------------------------

■86分 韓国 ドラマ/ファンタジー

監督 カン・ジェギュ
脚本 カン・ジェギュ
撮影 パク・フィジュ
照明 イ・カンサン
編集 パク・コッチ
音楽 イ・ドンジュン
美術 チョ・ユンサム

出演
ハン・ソッキュ
ジン・ヒギョン
シン・ヒョンジュン
シム・ヘジン

過去と現在を行き来する4人の男女の果たせなかった愛を,千年という時空間をおいて繰り広げるファンタスティックで切ないラブ・ファンタジー。
石版画家で大学講師のスヒョンには,偶然に露天市場で銀杏の木の寝台を買って使うようになってから,彼の周辺におかしなことがおき始める。
彼の前世は,千年前にカヤグム(伽椰琴)を演奏する宮中楽士ジョンムンで,ミダン姫と愛しあう間柄であった。しかし,ミダン姫は,既に当代最高の武官であるファン将軍と結婚することが決まっていた。
ジョンムンとミダン姫の関係に気がついたファン将軍は,嫉妬と憤怒に捕われて単刀でジョンムンの首を切ってしまう。茫然自失のミダン姫は,ジョンムンの後を追う。何百年か後,ジョンムンとミダン姫は,2株の銀杏に還生する。
スヒョンは,前世のミダン姫の記憶を探して過去から執拗に追ってきた愛の化身ファン将軍の威嚇を受けるようになる。現世の恋人で外科医のソニョンは,科学で説明できない彼らの存在を証明するために,実験を強行する。一方,もう現世に戻ってこれないミダン姫は,ファン将軍からスヒョンを取り戻すために最後の選択をする。


この記事へのコメント

minmi
2008年09月22日 20:44
「銀杏のベッド」は、「シュリ」を作る過程の映画なんだと思うのです。
「シュリ」は、韓国の映画で、初めてハリウッド(つまり、海外向けエンターテイメント)を意識した映画だったのだそうで、「銀杏のベッド」は、たぶんに実験的に作ったような雰囲気も伺えるのです。
この映画、ふつうに見たら、仰るとおり、あまりよいできとは言いがたいのですけど(評判もあまりよくないですし…でも韓国ではとてもヒットしたので「シュリ」を作ることができたんです)、私は不思議に惹かれるんですよ。
何かはわからないんですけど、どうしようもなく韓国的でありながら、そこから脱しようとしている足掻きのようなものを感じるからかなーと思うんですけどね。
(続く)
minmi
2008年09月22日 20:44
韓国の純粋な国内向け映画って、日本をはじめとするアジア全域に流通している海外向け「韓流」映画ではなく、こういうどこかいびつな作品が、実は凄く多くて、凄く人気があるんです。
日本人の目から見たらいびつなんだけど、韓国人にはむしろ、それがあたりまえの感覚なのかもしれません。
俳優さんでも、日本ではほとんど知られていない「名優」はもっともっとたくさんいるんです。
演技などは、日本人の目から見たら、本当に濃すぎるくらいですけど、そういう人のほうが評価も高かったのです。
ただ、最近は、国外(特に日本やハリウッド)に進出することが最優先されている傾向もあるので、だいぶ、変わってきているみたいですけど。
minmi
2008年09月23日 13:16
ここは、字数制限があるので、あまり詳しく書くことはできないのですが…。
最初はたぶん、外貨を稼ぎたいという直截的な国の政策より、韓国映画の国際的なステータスを高めたいという作り手の欲求のほうが強かったと思います。
韓国の文化と芸術は、ずっと「脱日本」だったので、特に日本文化の輸入に強い制限がありましたし、自国文化の育成強化のため、(ハリウッドを含め)外国映画の上映日数を制限するスリークォーター制度もありました。
その一方で、ベトナム戦役に協力したおかげで、アメリカからの援助をもらって、映画制作や芸術教育には、かなり多額の予算を費やすことができたそうなんです。
そうした文化振興策と80年代の民主化運動で高まった海外志向とが韓国文化(映画だけでなく、音楽とりわけポップスの海外進出に影響してるんじゃないかな、と思います。
(続く)
minmi
2008年09月23日 13:27
「シュリ」がうまくいったことで、政治的にも、後押しできる環境が整ったんですよね。
テレビドラマだと「冬ソナ」の成功が拍車をかけたのです。
でも、その一方で、韓国国内での観客動員数は、ずっと減ってきているんです。
海外向けのほうが「儲かる」ということで、特に台湾・香港・シンガ系の資本とタイアップした企画も多いのです。
韓国の報道だけでは、こうしたことはあまり見えてこないのですけど、私は偶然、台湾文化と、韓国の文化にはまった時期が一緒だったため、ある時期、日本は完全に、アジアから取り残されてしまったと思ってしまったこともありました。
(本当に、冗談ではなく、右の耳で北京語、左の耳で韓国語を聞いていたんです^_^;)
minmi
2008年09月23日 13:46
私も学者ではないから、ちゃんと伝わるようには書けないのですけども。
少なくとも、韓国本来の人気スターは、海外ではあまり受けません。
というより、海外向けを意識した映画や番組には、ほとんど出ていません。
たとえば、音楽で言うと、BoAという女性シンガーがいますけど、彼女は日韓同時にデビューし、日本では成功したけど、実は、韓国ではトップを取っていないんです。
韓国のトップ女性シンガーは、日本ではほとんど知名度がない人です(実は、私はその女性シンガーの大ファンなんです。映画やドラマにも出ている人なんですけどね。たぶん日本では一度も放映されていないです)。
韓国のテレビ局は、インターネットで、自局の放映番組を同時に配信してますし、現在は外国人にもパスワードを発行してくれるので、そうした番組を観ているうちに、韓国の一般大衆的な文化がどのようなものかは伺え知れるのですけど…言葉が壁ですね。
私は自分の好きな歌手の情報を知りたい…という一心だったので、壁を乗り越えるところまではなんとか行きましたけど。
てっせん
2008年09月23日 23:50
今晩は
最近、ひそかに思っていたことがあります(笑)
山崎さんのこれまでのご批評を、どなたかに韓国語に翻訳して戴き、あちらの皆さんに見せて上げたらなあとか、さもなければ、向こうの映画関係メディアからでも、取材にくればいいのに・・・などということです。
イ・ビョンホンをはじめ、監督のクァク・ジェヨンやリュ・スンワン・・・みんな大感激して喜ぶと思います。
特に、クァク・ジェヨンとリュ・スンワンなどは、韓国でも山崎さんのご批評ほどには、深く、暖かく、鋭い評価に恵まれていないと思います。まして、巫女としてのイ・ビョンホンなどという発見は、誰一人なし得ていなかったはずです。
彼らはきっと、おおいにビックリし、感激し、そして山崎さんを釜山映画祭の審査委員の一人に推挙・招待してくれることでしょう(笑)。
つい、妄想が先走っちゃいました。招待うんぬんはともかく、近い将来、ぜひ向こうの映画人、あるいは舞台人でもいいですが、直接ご交流を深めてくださるようになればいいのになあと、願っています。
失礼しました(汗)。
sino
2008年09月24日 09:35
さすが、てっせんさん! 映画通じゃない私はいつもすごい人がいるものだと感心してるだけで、お邪魔も出来ないのですが・・・。てっせんさんの妄想(?)に近いものを、私も抱いておりました。(笑) 何かに繋がるのでは・・・、と漠然と思っていたのです。てっせんさんのシナリオは素晴らしいですね。どんな、きっかけがどんな繋がりを創ることになるのか・・・楽しみです。 それが実現する日を迎える前に、一言書き残そう!  あー、もう私ってセコイですね。(笑)
「青春礼讃」「青森の雨」のような例もありますし、映画からでなくても、韓国で新転位・21の公演をするという事などは、現実的にありえることにも思います。「青春礼讃」の初代の主役は現在映画俳優のパク・へイルとありました。また、今回、癲癇もちの女の役を演じていたコ・スヒは、映画にも出ている太った女優です。とても惹きつけられました。此処では取り上げられてない役者さんたちですが・・・。
山崎さんの演技論は素晴らしい。ビョンホンも演技論を語り出すと、限の無いかんじの人ですし、実現したらいいなあ。これは、現実味のある妄想だと思いませんか?。
てっせん
2008年09月24日 22:18
今晩は。
私のほうこそ、いつもお引き立てくださり、なんだか、お恥ずかしい限りです。
「子猫をお願い」、うーん・・残念ですねえ。PCで書いていると私もそういうことがしょっちゅうで、ほんとそういうときは、PCを罵りたくなります。

韓国映画に嵌っていらした座員の方、とうとう韓国へ行かれたんですね。
ぜひ、あちらで大活躍して戴き、ゆくゆくは韓国映画に出演して下さるようになったら、いいですねえ。コネをいっぱい作るための工作員活動も、精力的にこなしてくれることを期待します(笑)。そういう日が来るのって、案外早いかもしれません。
てんせん
2008年09月24日 22:51
sinoさん、今晩は。
「新転位・21 ソウル公演」
うん。これは、かっこいいですね!イ・ビョンホンも観に来たりとか(笑)。
妄想はどんどん膨らんじゃいますねえ。例えば、山崎さんが釜山映画祭に招待された暁には、私は使いっパシリで従いて行き、山崎さんが招待客の権限でソン・ユナやチョン・ジヒョンやソン・イェジンに面談を申し入れたときはぜったいぴったりと離れずに従いて行こうとか・・・(笑)
ワルノリし過ぎました・・・失礼しました。

太っている女優という表現で二人思い浮かびましたが(笑)、その一人がビンゴで、まさにコ・ヒスでした。この人も、「吠える犬・・」での主人公のチング役や、「親切なクムジャさん」の女牢名主役で、インパクトありましたねえ。
sino
2008年09月25日 08:48
てっせんさん、おはようございます!
コメントいただきありがとうございます。
ハードなイメージのてっせんさん(?)が、そんな具体的に私のレベルで妄想膨らませてくださってるのが、もう、うれしいですぅ。 笑えます~。 お願いなんですけど、そこに1つイメージを加えてくださいませんか? 
太っている女優コ・スヒならぬ、太っている・・・あー何にしよう・・・ま、とにかく女を一人加えてくださいます? 画像的にはコ・スヒでOKなんですけど。
あっ、なんか微妙な表情してませんか? 冗談ですよ!
すみませ~ん、私もワルノリし過ぎました・・・失礼しました。(笑)  さて、唐突ですが、山崎さんには、目前の舞台に集中していただかないとね! 私、ちょっと、さえずり過ぎちゃったかなー(笑)。


てっせん
2008年09月25日 23:03
sinoさん今晩は。
コ・スヒでしたね、ヒスじゃなく。昨日調べて初めて顔と名前が一致したもんですから(笑)。
えーっと・・・コ・スヒの隣にやはりコ・スヒですと、さすがに立ち向かえそうにありませんので(笑)、やはりお顔だけは、例えば、エリック主演のドラマ「新入社員」に出ています、スナックのママさんじゃいけませんでしょうか。気立てが良くて瞳がきれいで、そこはかとないユーモがあってという人です・・・(笑)。
失礼しました。
sino
2008年09月26日 09:27
山崎さん、おはようございます! お元気ですか?
なにやら気だるさが漂っているような・・・(笑)。
写真の件は、ご無理なさらないように! その方が嬉しいです。なにもかにも一度になさらないように! お山は、今日もデーンと美しい・・・・と思ったら・・・あれれ、曇ってて見えませんね(笑)。 仕様がないねぇ~ もう!
勝手な妄想で、てっせんさんと盛上がってすごく楽しいこの頃です。(笑) 妄想の種をありがとうございま~す。
永年、音楽評論家の黒田恭一さんがラジオで最後におっしゃるこの言葉に爽やかな風を感じてましたので、山崎さんにも・・・

 「今日もお気持ち爽やかにお過ごしください」

sino
2008年09月26日 10:34
てっせんさん、おはようございます!
大当たりでございます!(爆笑)

気立てが良くて瞳がきれいで、そこはかとないユーモがあってという人です・・・(笑)。←この(笑)まで含む

そして、とくに此処が絶妙でございます。
やはりお顔だけは、云々  
身体は否定されなかった。(爆笑)
そのママさんを確認してみたくなりました。
ああ、今日はすごく気分良く、これから出勤しまーす。
ありがとうございました。

ニックネームsinoじゃなくてコ・ヒスにしようかな~(笑)
てっせん
2008年09月26日 23:46
sinoさん山崎さん

写真って、もしやコ・スヒが写ってたり(笑)

で、そのママさんが出演しているエリックの「新入社員」ドラマ、おススメです。韓国の就職難を背景としていますが、笑えます。脇役陣も、例えばナンちゃんのお父さんかと間違えちゃいそうな役者が出てきたり、あるいは、「甘い人生」で中年の殺し屋を演じた人が全く違う姿を見せてくれたりと、いろいろ楽しいです。

それから、コ・ヒス、まぐれとは言え、捨てがたいですね(笑)
コ・ヒス!
2008年09月27日 18:46
てっせんさん ってホント鋭いですね。
ハズレですけど、いい所掠ってますよ。「青森の雨」終了後
美術館のシアターだったのですが、出演者はフツーのTシャツ、ジャージみたいな格好で、外に出てきてて、男どもは、
草むらに固まって座ってダラダラしたり、コ・スヒは通路の
ちょっと陰になっていて、灰皿のある所で、細いめかした女の子と、煙草をふかしながら、暗めの表情で立ち話してて、おそるおそる、「とても素晴らしかった、写真いいですか?」って聞いたのですが、「ちょっと・・・」と断られました。(笑)  あー、もうどきどきでした。 日本語喋れる役でしたからねー。 観客はほんと、ワーもキャーもなく、韓国の劇団の方たちも放牧場の動物のようにのんびり草を食む
ってな雰囲気だったから・・・、写真とれなかったんですよ。
それはそれでいいかなって・・・。 コ・ヒスでした!

写真はね、私の地元の"岩木山"の写真なんですよー。 
てっせん
2008年09月27日 23:04
コ・ヒスさん、今晩は(笑)
「草を食む放牧場の動物」って、言い得て妙ですねえ(笑)。劇団員の皆さんの様子が、目に浮かぶようです。
岩木山を望む地域にお住まいなんですか。近くに、秀麗な山があるのって、いいですねえ。
その昔、
 岩木颪が吹くな~らふけよ~
 山か~ら山へ~と 
  略
 おお シーハイル~♪
ていう歌を聴いたことがあって、いい歌だなあって
いまだに覚えています(笑)。これは多分山男の歌で、地元の方はかえってあまりご存知ないかもしれませんね。
失礼しました。




コ・ヒス!
2008年09月28日 13:00
山崎さん!
ダメですよ! 非公開です!あわてさせないでくださいよ~
あー、ドギマギしちゃった。(笑)

てっせんさん
山男ですか! 「シーハイルの歌」なら良く歌いました。
今も、年配の皆さんに馴染みの歌だと思います。男っぽくて、いい歌です。キャンプの時など歌いながら、♪岩木の颪が~昨日は梵珠嶺(ボンジュネ)今日また阿闍羅(アジャラ)~♪
って地元の山ばかりの歌詞だし、誰か地元の作詞家なんだろうと思いつつも、曲の説明って、学校でも教えられなかったですね。検索してみて、青森の短歌雑誌「黎明」の創立時のメンバーの 林征次郎という方の作詞だと分かりました。
子供の頃から歌っていたので疑問がそのままでした。
地元の歌が全国区で親しまれているのは嬉しいかぎりです。
てっせんさん、ありがとうございました。

この記事へのトラックバック