花嫁はギャングスター (2001)

[141]う~ん、「ソウルウェディング」が抜群だっただけに……?


画像     う~ん……、う~ん……、う~ん……!

     最初にコレ観ておけば
     また違ったのかもしれないんだけど、
     シリーズ3の「ソウルウェディング」を
     先に観ちゃったから、

     う~ん……、う~ん……!
     もうひとつだったかなあ……。


「本国で異例の大ヒットを記録」したらしいんだけど、
わからなくはない。

物語の発想が面白いし、けっこう笑えるもんね。

とくにパク・サンミョン。
なんかとぼけた味があっていいよねえ。

こんな男がウンジン(シン・ウンギョン)と
結婚するのかって思うだけでおかしいし、

ラストなんか、もうすっかりヤクザになっちゃって、
おっ、先陣切ってケンカやるのか……、
なんて思ったら、「はい」って
ウンジンに武器渡すだけだったりして……(笑)。

好きなシーンはやっぱり、
ヨンマン(キム・イングォン)が殺されて彼女が抱きしめるところ。
こういうシーン、定番と言えば定番なんだけど、
二人ともすごく素直に演じてるんで、グッときちゃうよねえ。

キム・イングォンも私のお気に入り……。

白ザメ組親分やってるチャン・セジン、
誰かに似てるよなあ……、誰だっけ……、
って考えてたら、
私の大好きな若き日のジャック・パランスだったよ……(笑)。

この作品で大傑作の
「花嫁はギャングスター3 ソウルウェディング」が創られたんだから、
おすすめにしとこ……(笑) 。

--------------------------------------------------------

●てっせんさん
はい。「1」と「3」、同じ監督ですけど、
物語も演出も格段にうまくなってますよね。
注目されたり期待されたりしたのがよかったのかなあ……(笑)。
「寅さんシリーズ」じゃないけど、よいマンネリ映画も必要なので、
このシリーズぜひ続けてほしいって思ってるのですが……(笑)。

ありがとうございました。

--------------------------------------------------------

110分 韓国 アクション/任侠・ヤクザ/コメディ

監督: チョ・ジンギュ
脚本: カン・ヒョジン キム・ムンソン
撮影: チョン・ジョミョン

出演
シン・ウンギョン ウンジン
パク・サンミョン スイル
アン・ジェモ パダ
キム・イングォン ヨンマン
シム・ヨンチョル マジンガー
イ・ウンギョン ウンジンの姉
チャン・セジン 白ザメ組親分
ミョン・ゲナム ウンジンの大親分

本国で異例の大ヒットを記録し、ハリウッドがリメイク権を獲得した韓国産のアクション・コメディ。50人の敵を叩きのめす伝説の女組長が、余命僅かな姉の願いを受けて普通の男と結婚、不慣れなカタギの世界と命を張ったヤクザの世界それぞれで豪快に暴れまくるさまをコミカルに描く。主演は「うずまき」「SSU」のシン・ウンギョン。
男勝りの強さと逞しさで手下を取り仕切るヤクザの女親分ウンジン。彼女はたった独りで50人の敵を一掃したという伝説を持ち、組織内はもちろんのこと大親分からも一目置かれていた。そんな彼女はある日、幼い頃に孤児院で生き別れとなった最愛の姉と念願の再会を果たす。しかし、姉は末期ガンに冒され、余命僅かの身になっていた。そして彼女は、ウンジンの正体も知らずに“生きている間にウンジンの花嫁姿が見たい”と最後の願いを告げる。その願いをどうしても無視できないウンジンは、組員を動員し大慌てで強引な婿探しを始めるのだった…。


この記事へのコメント

てっせん
2008年09月07日 00:28
何度も相済みません。
仰るとおり、「3」を観た後ですと、「1」はやはりいろいろな点で遅れをとっておりますねえ(笑)。笑いの質が、「3」の方がだんぜん高いですし・・・。もっとも、「1」と「3」は同じ監督らしいので、それだけ腕を上げたということになるんでしょうね。

この記事へのトラックバック