チャン・リュウ__監督

チャン・リュウ(中国)


画像











1962年、中国吉林省で在中3世として生まれる。
延辺大学にて中国文学を専攻し、
卒業後は同大学で教職に就くものの天安門事件のために解雇される。
作家活動の後に、2001年に短編『11歳』で映画監督デビュー。
2004年に長編『唐詩』を、
2005年に長編第2作『キムチを売る女』を発表。
長編第3作は『風と砂の女』。



●アジアフォーカス・福岡国際映画祭2007リポート
最新作『風と砂の女』チャン・リュ監督インタビュー

http://cinemakorea.org/korean_movie/column/column197.htm


作品
2001 「11歳」
2004 「唐詩」
2005 「キムチを売る女」
2008 「風と砂の女」







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック