スーパースター☆カム・サヨン (2004)

[211]イ・ボムス、君も下町のスーパースターだよ……?


画像     久しぶりに
     イ・ボムス観たんだけど、

     やっぱりいいよなあ。
     ほんと、感動…。

     観てるだけで心が休まって、
     しばらくボーッとしてたい気分…。(笑)



韓国プロ野球の創成期にいた
左腕投手カム・サヨンの役なんだけど、
イ・ボムス、ほんといろんな役ができるねえ。

これまで観てきた韓国の俳優のなかでは、
いちばん演技の幅が広いかも…?
奥行きだっていつもきちんとあるし…。

まあ、ピッチャーやらせたら、
おじさんの私のほうが
まだ球速いかもしんないって気はしたけどね(笑)。

ん? ボムス、ほんとは右利きかも…?


しかし、なにがいいんだろう?
なんでこんなに魅力的なんだろう?

顔も美男じゃないし、スタイルも別段よくないとこ…?
俳優としての能力も格別あるわけじゃないとこ…?

ごめん。
あくまでそう見えるというだけの話なんだけどね。

だから人の2倍も3倍も真摯に役や物語に取り組んでる。
それも、けして下駄を履かないっていうか、
自分にできるだけのことをちゃんとやろうとしてる…。

これもまあ、あくまで
そうしているように見えるっていうだけの話かもしれないけどさ、
そういうところに惹かれるのかなあ…。

言いかえると、
たいして学も金もない、
そのへんにゴロゴロいそうな男をちゃんとやれるところ…。

実際、似合うもんねえ、イ・ボンス、
工場労働者や、市場の狭い路地や屋台が…。

で、そういうところがものすごくホッとするんだよね。
私、やっぱり「昭和」なのかなあ…。(笑)

カム・サヨン(イ・ボンス)のおかあさんをやっているひとも、
ナ・ムニに負けず劣らずいい女優さんだなあ。
イ・ボンスのホントのおかあさんみたい…。(笑)

名前のわかる方がいたら、ぜひ教えてくださいな…。

野球が好きでない方も、ためしに観てください。
極上のエンターテイメントですから…。

------------------------------------------------------

●kさん
キム・スミですね。ありがとうございます。
検索したら韓国では国民的女優さんみたいですね。
よかったよかった…(笑)。しかしkさんにはビョンホンが
なんで「この方」になっちゃうのでしょう…。
「こいつ」でいいのでは…?(笑)

ありがとうございました。

------------------------------------------------------

113分 韓国 ドラマ/スポーツ

監督: キム・ジョンヒョン
脚本: キム・ジョンヒョン
撮影: キム・ヨンホ

出演
イ・ボムス カム・サヨン
リュ・スンス イン・ホボン
コン・ユ パク・チョルスン
ユン・ジンソ パク・ウナ
イ・ヒョクジェ クム・クァンオク

韓国プロ野球界で、その創成期の5年間に在籍、1勝15敗1セーブという成績しか残せず引退した実在の左腕投手カム・サヨンをモデルに、苦境にあっても決して夢を諦めない姿を描く感動ドラマ。主演は「ひとまず走れ!」のイ・ボムス。監督はこれがデビューのキム・ジョンヒョン。
1982年、韓国にプロ野球が誕生する。工場勤めのカム・サヨンは、一方で社会人野球の投手としても活躍していた。野球に対し人一倍の情熱を注いできた彼に、またとないチャンスが訪れる。彼が勤める工場の系列会社がプロ球団“サムミ・スーパースターズ”を結成、選手を公開募集したのだった。サヨンは、家族の反対を押し切り入団テストに応募、そして見事合格、晴れてプロ野球選手となるのだったが…。


この記事へのコメント

2009年01月30日 17:32
サヨンのお母さん役、キム・スミさんです。こちらにお集まりの皆さんには、「美しい彼女」のビョンホンさんの実母役でお分かりになりますね~。キム・スミさん、最近はグッと怪優度が増してますが、財閥会長夫人から離島のお婆さんまで、役の幅の広い方です。
「美しい彼女」のビョンホンさんは無学な男(わっ、昭和!)を演じていて、この方も役の幅の広い方だなあ、と感心したのを覚えています。

この記事へのトラックバック