イ・ジュンギ__俳優

■イ・ジュンギ(韓国)


画像画像画像









1982年4月17日生まれ。178cm、63㎏。
特技、テコンドー・テッコン・サッカー・コンピューターゲーム。

映画
2007年 「初雪の恋」
      「光州5・18(華麗なる休暇)」
2006年 「フライ・ダディー」
2005年 「王の男」
2004年 「ホテルビーナス」
      「バレエ教習所」

ドラマ
2008年 SBS「イルジメ」
2007年 MBC「イヌとオオカミの時間」
2005年 SBS「マイガール」
2004年 MBC「星の声」


「女よりもきれいな男」というキャッチフレーズで、世間から注目を集めた俳優イ・ジュンギ。この愛称は彼が主演俳優として出演した映画『王の男』からついた。女よりさらに女らしい外見で、男寺堂のノリペ(芸人の集団)で女役を担う「コンギル」という役を、彼が見事に演じきったことから生じた勲章(?)である。
イ・ジュンギはデビュー当時から、日本人のような外見で世間の話題に上がった。実際、草 剛が主演してモスクワ映画祭で最優秀監督賞を受賞した映画『ホテルビーナス』にも出演し、日本人俳優との共演にも無理なく溶け込み演技の柔軟性をも感じさせた。
彼の外見が一役買ったのか? イ・ジュンギは映画『王の男』で『ホテルビーナス』『バレエ教習所』に引き続き3作目の映画を撮り、デビューしてまだまもない新人として確固とした地位を築いていく。
実際イ・ジュンギは「女よりもきれいな男」というキャッチフレーズとは違い、壮健で男らしい青年である。テコンドー全国大会に出場したほど頑丈な体格をし、彼のシャープな顔の線はカリスマを感じさせる。映画『王の男』で有名になりそのイメージが伝わり、放送部出身らしく一言一言深く考えて吐き出す言葉は、年不相応の大人びたイメージをかもし出す。またイ・ジュンギは『王の男』を撮る前は「女よりきれいな男」どころか「女みたい」とさえ言われたことがなかったという…それにもかかわらずイ・ジュンギが女性よりさらにきれいな女性になれた理由は、憂愁に濡れた目の色、そして己を凌ぐ努力だといえる。
200:1の競争率を突破して『王の男』のオーディションに合格したイ・ジュンギの成果が、ただの偶然ではないことを証明したのである。映画『王の男』は、イ・ジュンギという“俳優”の魅力を心ゆくまで見られる良い機会である。反面、ドラマ『マイガール』はイ・ジュンギという“人となり”がアピールされている作品である。誰かと付き合い始めるのに時間をおき慎重に行動するという真面目な性格の彼がプレイボーイだということは絶対にありえないが、彼が見せる素晴らしいアクションシーンと共に、率直でラフな演技を見せてくれる彼の姿に人々は期待を寄せる。
イ・ジュンギをより一層引き立つようにしたのは、彼のフィルモグラフィーだ。彼は美男として脚光を浴びたが、容貌だけでない真の演技者の道を歩いていきつつある。1000万人の観客を動員した彼のチケットパワーで、何百億ずつ投資される映画の主人公になることができたが、彼は自身のスター性より作品性を選択した。5.18民主抗争を描いた『華麗なる休暇』がそうだったし、演技派俳優イ・ムンシクと主演した『フライダディー』がそうだった。2007年に出演したドラマ『犬とオオカミの時間』は、名品ドラマと好評を受け、彼がどのくらい成長したかを見せてくれた。
撮影でうけた大小の傷は栄光だと語る彼から、どれほど彼が演技を愛しているのか察することができる。高校を卒業後、俳優になりたいという一心で釜山からソウルに上京した情熱そのままに、演技にすべてを注いできた彼のこれからを見守っていきたい。

--------------------------------------------------------

●テプンさん
「王の男」、なかなか面白いですよね。
イ・ジュンギ、まだ兵役すませてないんですか。
いずにしろとてもいい俳優になるような気がします…。

●スクリーンさん
「光州5・18」も「フライ・ダディー」もとてもいいですよ、彼。
「王の男」のオーディションでは男っぽさで迫った…?
頭もいいんですね…(笑)。

ありがとうございました。

この記事へのコメント

テプン
2009年02月15日 19:34
こんばんは。『王の男』期待しないで観たのですが、映画自体はもちろん予想外にジュンギが良くて驚きました。

外見からのイメージで役柄に縛られることもあると思うけれど、いい役者になる素養(役にのめり込む力)に恵まれてるので化けると期待してます。若い時にしかできない役もあるので、多少冒険しながら作品一つ一つを大事に選んで欲しいなと思ってます。

後は兵役に行くタイミングも大事ですね。兵役が終われば大人の男として、いい役に恵まれるよう願ってます。
スクリーン
2009年02月15日 23:42
山崎様 こんばんは

彼との出会いは「王の男」です。
テブンさん同様期待せず、ただ、美しい男優さん出演という ミーハー的な状態で、知人に誘われ 映画館へ。@@です。美しいどころか 上手い。
共演のカム・ウソンさんはベテラン俳優さんですが、負けず劣らず 良い顔〈役者)でした。

映画は「王の男」しか見てませんが、
その後ドラマを一気に観賞。。ドラマも良い味出してますよ。「マイガール」。「イヌとオオカミの時間」「イルジメ」この順番でみましたが、どんどん 良い顔になってきました。アクションも切れ味 ばっちり。今後が楽しみです。
こぼれ話:「王の男」のオーディションは役柄上、そっち系、女性っぽい、男性が多かったそうですが、イ・ジュンギさんは、逆に、男性ぽっさ十二分にだして、オーディション受けたそうです。

この記事へのトラックバック