キム・ヒソン__俳優

■キム・ヒソン(韓国)


画像画像画像










1977年6月11日、ソウル生まれ。168Cm、45Kg。
中央大学校第一キャンパス(ソウル)の演劇科を卒業。
中学生時代に「ジュニア美しい顔選抜大会」で大賞を受賞し、モデルデビュー。
1993年にドラマ「恐竜先生」で女優デビュー。

映画
2005年 神話(The Myth)
2003年 火星に行った男
2001年 ワニとジュナ
2000年 飛天舞
1999年 愛のゴースト(チャグィモ)
1997年 敗者復活戦

ドラマ
2005年 MBC 悲しい恋歌
2003年 SBS 窈窕淑女
1999年 MBC グッバイマイラブ、SBS トマト
1998年 MBC この世が終わっても、ひまわり、ミスターQ
1997年 KBS ウェディングドレス、SBS ニューヨークストーリー
1996年 KBS はるか遠い国、銭湯屋の男たち
1995年 KBS 風の息子
1994年 KBS 春香伝

受賞歴
2001年 第22回青竜映画賞人気スター賞
2000年 SBS演技大賞SBSi賞、ビックスタ賞、第21回青竜映画賞最高人気賞
1998年 MBC演技大賞人気賞、SBS演技大賞大賞
1996年 KBS演技大賞優秀演技賞、第32回百想芸術大賞新人演技賞



93年16歳で芸能界にデビューし可愛いマスクですぐにスターになる。キム・ヒソンの出演するドラマはすべて人気がでた。<トマト><ひまわり>では純粋なイメージで、<さよならわたしの愛>ではではネチネチとした澄ましやの姿をリアルに演じた。
作品分析はもちろんキャラクターイメージまで几帳面に研究した後に出演作を選択するキム・ヒソンの性格は、活溌でサッパリしているのが特徴だそうだ。
これまで昼にはドラマ、夜には映画というように仕事をしながらたくさんの作品に出演はしたが、これからは出演作が決まれば何よりその作品にだけ専念して完成度を高める作業に没頭したいと言う。
スターよりは演技が上手い俳優になりたい彼女。よくされるうわさやスキャンダルで心労がひどい時もあった。しか一人娘で育ってきたキム・ヒソンは、最近結婚がしたいそうだ。
辛いとき一緒にいてくれる人がいたら良いという考えからだ。食べ物には好き嫌いがない。本人の得意な料理はキムチチゲだとか。そして趣味は歌を歌うこととビリヤード。
運動は卓球を楽しむ。「敗者復活戦」で映画デビュー後「ジャギモ」「カラ」で勝負し「飛天武」「ワニとジュナ」で興行俳優の仲間入りを果たしたキム・ヒソン。大ざっぱで純情漫画の主人公のような容姿でみなから愛されている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック