パク・サンミン__俳優

■パク・サンミン(韓国)


画像画像画像










1970年10月9日生まれ。


映画
1990年 将軍の息子
1991年 将軍の息子2
1992年 将軍の息子3
1992年 離婚しない女
1993年 非常口がない
1995年 男はつらい
1995年 48+1
1995年 泥棒と詩人
1996年 ちんぴら授業
1996年 極道修行・決着(おとしまえ)
1996年 俺のもとへ来い
1997年 男の話
1997年 スカイドクター 
1997年 愛と悲しみのマリア
1997年 スカイ・ドクター 
1998年 男物語
2002年 特殊工作員
2003年 TUBE(チューブ)
2008年 残念な都市

ドラマ
1996年 愛はブルー、若者の陽地
1997年 兄弟の江
1998年 私の愛私の傍に
1999年 我らが本当に愛しただろうか、若い太陽
2000年 太陽はいっぱい、トギ
2001年 女人天下

受賞歴
1990年大鐘賞新人賞
1991年青竜映画祭新人賞



1990年、林権沢監督の<将軍の息子>新人俳優オーディションで金斗漢役にキャスチングされて映画界入りした。<将軍の息子>の成功でパク・サンミンは一役スターダムに上がり、続く<将軍の息子2>(1991)<将軍の息子3>(1992)まで出演するようになる。この三篇の映画は当時最高興行記録を立て、パク・サンミンはこの映画で1990年大鐘賞新人賞、1991年青竜映画祭新人賞を受賞した。この映画以後、パク・サンミンにはタフガイ金斗漢のイメージが付き纏い、現在に至るまでタフガイのイメージから抜けられない。
1995年にはイ・ミョンセ監督のコメディ<男はつらい>に出演しながらイメージ変身を試みたが、特別な注目は受けられなかった。1996年にはキム・ヨンビン監督の映画<私にきて>に出演。以後<ちんぴら授業><スカイドクター><男の話>などに出演したが良い反応は得られなかった。

この記事へのコメント

カイ
2015年10月07日 08:15
サンミンssi 画面から遠ざかって2年、カリスマ性の演技楽しみに待っています。

この記事へのトラックバック