天軍 (2005)

[257]数千年間、外敵に侵略され続けた韓国の想いがよく込められている……?


画像     中盤、ちょっと
     たるくなるんだけど、

     数千年間、
     外敵に侵略され続けてきた
     韓国の想いが
     よく込められてて、

     うん、けっこう面白かったよ…。

SFなんだけど、物語の構成がいいよね。

2000年6月の
歴史的な南北首脳会談の実写フィルムからはじまるの。

で、両国共同で極秘裏に
核兵器・飛撃震天雷を開発するんだけど、
諸外国の反発を招いて、2005年10月、アメリカに引き渡されることになる。

それに不満を抱いた北朝鮮のカン・ミンギル少佐(キム・スンウ)が、
飛撃震天雷の核弾頭を奪い逃走。

韓国軍のパク・チョンウ少佐(ファン・ジョンミン)の部隊が、
それを追ってはげしい銃撃戦を繰り広げる。

と、折から韓国に接近してきた彗星のせいで、
拉致された核物理学者のキム・スヨンと、両少佐ら6人は
1572年の朝鮮へとタイムスリップしてしまい、
外敵に悩まされている小国に。

そこはたまたま戦闘中で
その外敵=蛮族を近代兵器=銃や手榴弾でやっつけたため、
7人は「天軍」と間違われる。

その夜、持っていた銃をケチなドロボーに盗まれる。

捕まえてみると、そのドロボー、じつは、
のちに豊臣秀吉の率いる333隻の大船団をわずか13隻の船団で撃破、
朝鮮史に英雄として名を刻むことになる、
若き日の李舜臣(パク・チュンフン)だとわかる。

もちろん本人には
そんなこと全然わかってないんだけどね。

で、武家の試験に落ちて、
ドロボーに身を落としている祖国の英雄をほっとけず、
みんなでなんとか立ち直らせようとする。

本人は最初は全然やる気がないんだけど、
まあ、いろいろあった末、
ようやく外敵と闘うべく立ち上がる。

が、同じ時刻に、彗星が接近してきて、
みんなが元の時間へとタイムスリップを図ろうとする中、
カン・ミンギル少佐(北朝鮮)が、
この時代に残り李舜臣とともに闘う決意をする。

もちろん李舜臣を死なすわけにはいかないから…、
後の秀吉との戦いにも勝ってもらわなくちゃいけないからなんだけど、
と、パク・チョンウ少佐(韓国)らほかの兵士たちも残って戦う…。

つまり、それまでなにかといがみあってきた南北の兵士たちが、
力を合わせて李舜臣と一緒に外敵を撃破するんだよね。
生身なんだけど、文字通り「天軍」となる…。

この戦闘シーン、うん、なかなか感動的…!

で、核物理学者のキム・スヨンだけ彗星に巻き込まれ、
現代に戻ってきて、軍関係者に事の顛末を話す。

そして最後、13隻の船団を率いた李舜臣が、
侵略してきた秀吉の大船団を迎え撃つところで終る…。

ね、ストーリー展開、
いかにもありそうと言えばありそうなんだけど、
朝鮮の歴史と、民族の想いがうまく込められていて
なかなか面白いと思わない…?

キム・スンウ、
「イエスタデイ」や「ライターをつけろ」では
ちょっと「…?」って感じだったんだけど、
この北朝鮮の少佐役はなかなかいいよ…。

ファン・ジョンミンは例によって手堅い演技で安心して観てられるし…?

まだの方は時間があればぜひ一度……。

-------------------------------------------------------

■106分 韓国 SF/アクション/歴史劇

監督: ミン・ジュンギ
製作総指揮: チェ・ワン
脚本: ミン・ジュンギ
撮影: パク・チェヒョン
音楽: ファン・サンジュン

出演
キム・スンウ カン・ミンギル少佐
パク・チュンフン 李舜臣=イ・スンシン
ファン・ジョンミン パク・チョンウ少佐
コン・ヒョジン キム・スヨン

現代の韓国と北朝鮮の兵士たちが核弾頭と共におよそ430年前の戦乱の世にタイムスリップ、南北兵士が対立しながらも未曾有の危機に協力して対処していく姿を描いたSF歴史アクション。監督は本作が長編デビューとなるミン・ジュンギ。
2000年6月の歴史的な南北首脳会談を契機に、両国は共同で極秘裏に核兵器の開発に乗り出す。やがて核兵器“飛撃震天雷”が完成するが、諸外国の反発を招き、飛撃震天雷は2005年10月、アメリカに引き渡されることに。これに不満を抱いた北朝鮮のカン・ミンギル少佐は、核物理学者のキム・スヨンを拉致すると飛撃震天雷から核弾頭を奪い逃走する。これを韓国軍のパク・チョンウ少佐率いる部隊が追撃する。両者が激しい銃撃戦を繰り広げる中、突如時空がゆがみ、南北軍人とキムは1572年へとタイムスリップしてしまう。彼らはそこで残虐な蛮族と対峙、手にしていた銃でそれを追い払ったことから、農民たちから“天軍”とあがめられる。やがて一行は、後に豊臣秀吉率いる大船団を撃破し英雄として朝鮮史にその名を刻むことになる若き李舜臣と出会うのだったが…。


 韓国映画/天軍(HEAVEN'S SOLDIERS) OST
韓国コミュニティゾーン KANKAN
韓国発売版言語:韓国語【商品内容】01 天軍 (Main Theme) 02 Prologue 03


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック