ホ・ジノ__監督

■ホ・ジノ(韓国)


画像画像画像










1963年、全州市生まれ。
延世大学哲学科卒業。
韓国映画アカデミー 9期、
卒業作品 短編映画「コチョルのために」バンクーバー 映画祭に招請。


作品
2007年 「ハピネス」 監督/脚本  
2005年 「四月の雪」 監督/脚本  
2005年 「四月の雪 ディレクターズ・カット完全版」 監督/脚本  
2004年 「20のアイデンティティ/異共」 監督  
2001年 「春の日は過ぎゆく」 監督/脚本  
2000年 「キリマンジャロ」 脚本  
1998年 「八月のクリスマス」 監督/脚本  


1963年8月8日全州生まれ。6歳のときに家族でソウルに引っ越す。1989年に延世大哲学科卒業後、大宇電子広報室で一年半ほど働いていたが脱サラし、1992年に韓国映画アカデミーに入学(9期)。韓国映画アカデミー卒業作品『コチョルのために』(16mm短編映画、20分40秒、1993年、第25回(2003)ぴあフィルムフェスティバルで上映)がバンクーバー国際映画祭に招待され好評を受ける。アカデミー卒業後は、パク・クァンス監督の元で下積みをし、『あの島へ行きたい』で助監督を、『美しき青年 全泰壱』では助監督とシナリオの共同執筆を担当。
初監督作品の『八月のクリスマス』は、自分の死期が分かっている男性とそんな事実は全く知らない活気あふれる無邪気な女性との心温まるラブストーリー。平凡な日常生活を通して暖かい視線で死という問題を取り上げ、評論家の評価も高く、大ヒットを記録した。この作品で監督自身第19回(1998)青龍賞新人監督賞はじめ国内賞の監督賞・新人監督賞を総なめにした。
「平凡な日常」の中で「平常でない物語」を描き切るのがこの監督の傑出した能力の一つ。初めて製作した短編映画『コチョルのために』は中古品に囲まれた生活をしている人物の物語。普通の人々の淡々とした日常生活を通して、今まで見過ごされてきたような話が描かれている。なお、「コチョル」は主人公の呼称だが、韓国語で「古鉄、鉄屑」を意味する「コチョル(고철 )」という単語と掛けていると思われる。
『八月のクリスマス』以後は、『太陽はない』にちょい役出演したほか、『八月のクリスマス』のシナリオを共同執筆したオ・スンウクの監督デビュー作『キリマンジャロ』で、シナリオ執筆に参加した。
2001年9月、大変な期待の中、3年半ぶりに第二作『春の日は過ぎゆく』を発表。『八月のクリスマス』が恋愛に至る前の感情を描いたとすると、この作品は「恋とその喪失」に関する物語。前作同様、恋愛映画の形はとっているが、その中に恋以外の様々な要素が描きこまれており、そのスタイルは「ホ・ジノ式メロでないメロ映画」とでも言えようか。ちなみに、『八月のクリスマス』が日本初公開されたアジアフォーカス・福岡映画祭 '98(→インタビュー)でホ・ジノは観客の問いに対して、
 「愛という感情は歳月の変化とともに変わるものではあるのですが、誰かを愛した時の気持ちはずっと変わらない と思います」
と答えているが、『春の日は過ぎゆく』はまさにこの言葉を映像化した作品と言える。『八月のクリスマス』の主人公ジョンウォンは写真技師、そして『春の日は過ぎゆく』の主人公サンウは録音技師であり、いずれも時の流れの瞬間瞬間を切り取り、保存する職業。恋の感情は移ろい変わっていっても、恋をしていた瞬間瞬間は「写真」や「音」によって変わらず保存され続けるのだ。
2001年11月には韓国映画文化政策研究所が制定した韓国映画文化賞を受賞。この賞は2000年に制定された新しい賞で、第一回受賞者は『風の丘を越えて~西便制』、『祝祭』、『春香伝』など数々の名作を生み出した泰興映画社代表のイ・テウォン氏。

●ひらいさん
いやあ、ステキなお正月おめでとうございました(笑)。
「八月のクリスマス」「春の日は過ぎゆく」の2本で
ホ・ジノの名はもう忘れられないですよね。
「魅力ある女優さんが出てると
無条件に映画に対して寛容になってしまいます」
男のもっとも正しい映画の見方ではないでしょうか。
私だけではなく、てっせんさんもたぶん
そう信じてらっしゃると思いますが…(笑)。
しかし韓国にはいい女優さん多いですよねえ。
それだけでほんと感動します…。

ありがとうございました。



倉本聰初SF脚本!人間の愛と苦悩を描くSF大傑作!■ブルークリスマス■
マンモスビデオ
状態レンタル落ち中古ビデオメーカー東宝公開・放映情報1978年115分スタッフ監督:岡本喜八キャスト

楽天市場 by ウェブリブログ


この記事へのコメント

ひらい
2010年01月07日 17:50
お正月はイ・ビョンホンとホ・ジノ祭りでした(笑)
ホ・ジノ監督、女優さんのチョイスがいいなあ!主演女優みんな好きになりました。女性を見る目があるんでしょうね。
『春の日は過ぎゆく』の「バスと女は・・・・・」の名言じゃないですが、亡き父が「頭のいい女より尻の大きい女がいい女だ」とよく言ってたのを思い出しました。全く関係ありませんが(すいません)
『八月のクリスマス』『春の日は過ぎゆく』は私の宝物になりました。
『ハピネス』はイム・スジョン(『アメノナカノ青空』も良かった)の存在もあって大好きです。
『四月の雪』は・・・・ペ・ヨンジュン、ちょっと苦手なもので。
魅力ある女優さん(女優に限ってですが)が出てると無条件に映画に対して寛容になってしまいます。

この記事へのトラックバック