イ・ミスク__俳優

■イ・ミスク(韓国)


画像画像画像










1960年4月27日生まれ。
高麗大学言論大学院。


映画
1980年 火の鳥
1984年 その年の冬は暖かかった
1985年 桑の葉
1985年 卒業旅行
1986年 冬の旅人
1987年 街の楽士
1988年 鯨とり
1988年 二人の女の家
1998年 情事
2000年 燃ゆる月(銀杏の木のベット2)
2001年 ベサメムーチョ
2002年 ウララ・シスターズ
2003年 アメノナカノ青空
2003年 スキャンダル-朝鮮男女相悦之詞

ドラマ
1979年TBC 「麻浦の渡し」
1982年MBC「チャン・ヒビン」
1984年MBC「雪中梅」
1985年MBC「もちろんそうさ、そうだとも」
1987年MBC「第3の男」
1988年KBS「恩恵の地」
1989年MBCミニシリーズ「傷」
1992年MBC「女の夜」
1993年SBS「お宅のご主人はどうですか」
1994年SBS「お化けが行く」
1996年SBS「エレジー」
1997年MBC「火の鳥」, SBS「かたつむり」, KBS「片思い」
1999年SBS「クイーン」MBC「人の気持ちもしらずに」
2002年kbs KBS「孤獨」

受賞歴
2001 The 18th Best Dresserベストドレッサー賞
2000 第37回白桑芸術大賞人気賞<燃ゆる月>
1991 百想芸術大賞人気賞(1991)
1986 韓国映画評論家協会賞女優主演賞
1986 第3回アジア太平洋映画祭最優秀主演賞
1985 第21回韓国演劇映画芸術賞女優主演賞
1984 第23回大鐘賞女優主演賞
1982 MBCTV演技大賞
1981 第7回韓国演劇映画芸術賞新人賞
1979 TBC演技賞新人賞
1980 大鐘賞新人女優賞(火の鳥)
1978 第3回ミスロッテ選抜大会人気賞



40歳を超えたにもかかわらず20代に劣らない美しさを持っているイ・ミスクは、女優不足の韓国映画界の宝石のような存在だ。「完璧だ」,「年を取るほどきれいになる」などのイ・ミスクへの賛辞で分かるように、彼女は相変らず魅力ある俳優で、経歴20年の演技生活の間徹底的な自己管理と絶えず変化を試みて来たベテラン演技者だ。気品のある女性から毒気を含んだ女性の姿まで、演技の幅は広い。
徹底的に作品の中の人物に没入するために、最も日常的な行動と対話から五感を開いて研究するスタイルだという。彼女は1978年ミスロッテ選抜大会を通じて芸能活動を始め、1980年のデビュー作「火の鳥」で大鐘賞新人賞を受賞して注目される新鋭として浮び上がった。1984年「その年の冬は暖かかった」で大鐘女優主演賞を受賞し、「桑の葉(1985)」,「鯨とり(1988)」などの多くの話題作に出演した。
1980年代の韓国映画界を牛耳った彼女は、結婚後TV活動だけたまにしていたが、98年に自分より年下のイ・ジョンジェと愛しあう人妻役を引き受け、中年女性の心理を繊細に演技して好評を博した<情事>以後第2の全盛期を迎えている。
すなわち映画俳優としての生命力を確認させてくれた作品でもあった。またTVドラマ<クイーン>ではOLとしてコミカルな演技を見せてくれたし、映画<燃ゆる月>ではカリスマあふれる女族長役を完壁にこなした。2001年6月には‘メイ(May)フィルム’事務所を開いて、映画製作にものりだした。

---------------------------------------------------------

●ひまわりの種さん
はい、イ・ミスクにすっかり嵌ってしまいました。
私は韓国映画は後発ファンなので、この世代の方たちにはまだなじみが
薄いんですけど、いやあ、こういうすばらしい女優さんたちもいたんだあ、
と感激ひとしおです(笑)。まあ、男優はかなり見てきたんでしょうけど…。
「エデンの東」、時間ができたらぜひ観たいです…。

●スクリーンさん
いつも情報ありがとうございます。
しかしけっこう古いドラマをいまになって放送しはじめたり、
レンタルし始めたりするんですね…(笑)。
イ・ミスク、どんな役かご報告ください。
ものによったら私も観ようと思っていますので…。
そんな時間なにかな? ビョンホンのドラマもまだたくさん
残ってるし…(笑)。

ありがとうございました。

この記事へのコメント

ひまわりの種
2009年04月05日 17:36
今日は。 
山崎先生すっかりミスクさんの虜ですね。
ドラマまではご覧になる時間は無いでしょうが、
「エデンの東」の肝っ玉オンマの彼女には最初まさか
ミスクさんとは思わなかったほどです。
夫との愛情表現も子供達や不条理な周りの者への
怒りも真に迫っていて「情事」や「スキャンダル」の女性
の艶っぽさとは程遠くでもそれが又一種凄みのある
魅力である意味ドラマの主役ではと思いました。
40代後半のこれからも益々素敵な光を放っていかれる
と大変楽しみな女優さんです。
スクリーン
2009年04月09日 00:28
山崎様 こんばんは
ドラマですが、グッドタイミングで 4月からイ・ミスクさんのドラマ 「カタツムリの愛~4色物語~(1997)」がレンタル開始、またスカパーなどでも放送開始されるようです。

このドラマは ビョンホンさん以外で 好きな俳優 さん チョン・ドヨン(ソンジャ役) イ・ジョンジェ(ドンチョル役) さん 主演。 ちょいと気になるドラマです。ミスクさん 色っぽい役でしょうか。殿方はそちらを期待しないで視たほうが良いかも。

 鑑賞終わったら、ご報告しますね。

この記事へのトラックバック