アウトブレイク・エクスプレス (2004)

[262]女医ヤンビンを演っているチュアン・ズーに注目……?


画像     レンタル屋さんで
     なんとなく     
     手にした作品なんだけど、

     けっこう面白かったなあ…。

     よくある
     エクスプレスものなんだけどね…。


新型ウィルスSARSに感染している患者と、
その仲間が病院を脱走して、特急列車に乗り込む。

たまたまその特急に軍の
医療チームの一員として乗り合わせていた女医ヤンビンは、
病院・政府関係者から連絡を受け、
ほかの軍人らと一緒に感染患者を探す。

1000人の乗客の中からようやく探し出し、
途中、特急から降ろして病院へ送る…。

しかし、
走り出した特急の中にすでに感染発病した男がいて、
乗客はパニックに陥る。

政府救急チームは、ヘリコプターから
ノンストップで走りつづける特急に医療器具とともに
ひとりの医師を送り込む…。

このシーン、けっこう見せ場だよ。

その医師、じつは女医ヤンビンの昔の恋人なんだけど、
これには伏線があるの。

女医ヤンビンの母親も医師で、
ウィルスSARS患者を治療しているうちに感染して、
病院のベッドで息を引き取るんだよね。

そのことをかれ(元恋人)が
ヤンビンに直接、電話で知らせる。

で、ヤンビンのことが気になって、
かれが自らヘリに乗りこんじゃうんだよね…。

まあ、最後は特急を止め、
駆けつけた軍の車で乗客を全員病院に運ぶんだけど、
二人のラブ・ストーリーが絡んだりして、
なかなか面白いの。

台本がしっかりしてて、テンポもいいし、
ヤンビンやってるチュアン・ズーもいいし、

映画を創る姿勢が純なだけに、
もしかしたら
ハリウッドのパニック映画より面白いかもよ…?(笑)

古臭い感じの映像もかえって妙に新鮮だしね…。

------------------------------------------------------

■90分 中国 アクション/サスペンス


製作総指揮: ミン・チェンチアン , イェン・シャオミン
監督: ワン・チア , シェン・トン
脚本: ワン・コーホン , リー・ピンフェン
撮影: ツァイ・シューナン , ワン・ヤン , ツォイ・シンピン
音楽: チー・シァオユアン , ペイ・トンフォン

出演
チュアン・ズー
リウ・チーピン
リー・ユーピン
シェン・ホイフェン

新型ウィルスSARSに汚染された特急列車が中国大陸を爆走する未曽有の恐怖を描いたサスペンスアクション。SARSの猛威に揺れる中国。女医のヤンビンは軍の医療チームに招集され特急1120号に乗車。だがその列車には、病院を脱走したSARS患者が乗っていた。
今はすっかり記憶の底に埋もれつつある“SARS”。
感染者が自分勝手な行動のために乗り込んだ列車内で感染が確認され、乗客が恐怖とパニックに陥る。


口に入れた瞬間溶け出す、新食感の生キャラメル【 本日 1:00~販売再開 】花畑牧場 生キャラメルセット【プレーン×2、ホワイト×1、いちご×1、バナナ×1】
花畑牧場
本日1回目の数量限定販売は、1時よりスタートいたします。皆様のご来店、お待ちしております♪本日の生キ

楽天市場 by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック