春の日のクマは好きですか? (2003)

[284]イ・ウンジュの跡継ぎはペ・ドゥナで決まり……!


画像     私の大好きな
     ペ・ドゥナの主演作品。

     三流小説家の父に頼まれて、
     図書館で画集を借りる。

     その画集の中に、
     ラブレターを発見し、
     自分あてのラブレターだと思い込む。

まだ会ったことのない男からの…。

男の名は「ビィンセント」…。
たまたま借りた画集がゴッホのものだったから…?

そのことを知った幼なじみで、
地下鉄の運転手のドンハ(キム・ナムジン)が
ヒョンチェ(ペ・ドゥナ)に思い切って愛の告白をする…、
というお話。

CM出身の監督・ヨン・イのデビュー作で、
ボップ調というか、マンガ調というか、CM調の作品…?

生活臭を消しながら、
女の子の内面だけをフワッと描き出す…。

こういう作品、
韓国でもずいぶん多くなったなあと思うけど、
それって「戦後」が終わって、
韓国も日本みたいな消費社会に入ったことを表してるのかも。

少なくとも表層的にはさ…。

しかしこういう作品ってむつかしいよね。
なかなか心の奥には入ってこない…。
よくてもせいぜい「うん、面白かったかも」な程度…?

もしペ・ドゥナでなかったら観るの途中でやめたかも…?

彼女、なんか私らとは
物事や現実を見る視線がちょいズレてるんだね。
そのズレがいつもものすごく面白い…?

彼女のそのちょいズレの視線が、
この物語の陳腐さを救ってるってかんじ…。

最後、ヒョンチェが自分のばかさ加減に気づいて
終着駅のプラットホームでドンハを待ってるんだけど、
このときのペ・ドゥナがめちゃくちゃいいんだよね…。

それまではちょいお芝居のし過ぎ。
お芝居しないとこの脚本では物語がもたないって
思ったからなんだろうけど、

俄然「TUBE チューブ」の女スリを彷彿させるんだよね。

知的で、エロチックで、それでいてすごく気品がある、
うわっ、大人の女優ってかんじ…!

いまは亡きイ・ウンジュの跡継ぎは
やっぱりペ・ドゥナしかいないぜ…!(喜)

クリッとしていただけると嬉しいです
お気に入りがきっと見つかる!京都きもの市場
【e-lensstyle】累積実績20万人突破のコンタクト/メガネの通販スタイル

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


■98分 韓国 ロマンス/コメディ

監督: ヨン・イ
脚本: ファン・ジョユン
撮影: パク・キウン
音楽: ユン・ジョンシン

出演
ペ・ドゥナ ヒョンチェ
キム・ナムジン ドンハ
ユン・ジヘ
イ・オル
ユン・ジョンシン
オ・グァンノク
オム・テウン

「ほえる犬は噛まない」「子猫をお願い」のペ・ドゥナ主演のキュートなロマンティック・コメディ。夢見がちでなかなか恋が実らないヒロインと、そんな彼女を一途に想い続ける幼なじみのすれ違いの恋の行方を瑞々しく描く。共演は「永遠の片想い」のキム・ナムジン。監督はCM出身のヨン・イ。本作が長編映画デビューとなる。
スーパーのレジ係として働くヒョンチェは、その個性的な言動が災いしていつも男の子にフラれてばかり。そんなある日、彼女は図書館で借りた美術書に書き込まれた愛のメッセージを見つける。すっかり自分への告白と思い込み、メッセージの送り主探しに夢中になるヒョンチェ。彼女への一途な愛を心に秘め、いつも側で見守り続ける幼なじみのドンハも、この突然のライバル出現には不安を覚え、ついに彼女への告白を決意するのだが…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック