アーリーワークス (1993-4)

[313]タルトンネから眺める高層ビル群は切り落とされた小指のように建っている…?


画像     ポン・ジュノの
     習作時代の作品集。

     どんなふうに撮ってたの…?
     という興味で観たんだけど、

     「白色人」(1993)が
     ちょっと面白かった…。


高層マンションに住んでるサラリーマンが、

偶然、駐車場で切り落とされた人間の小指を拾う。

その小指で電話のプッシュホンを押したり、
パソコンのキーを押して遊んだりする…?

ある日、会社の帰り、車が故障する。
近くなので修理に出し歩いて帰る。
自分の住んでいる高層マンション群が見える。

そこはタルトンネ(月の村)の近くである。

なにを思ったのか、
サラリーマンはタルトンネに上りはじめる。

そうしていちばん上あたりから
もう一度自分の住んでいる高層マンション群を眺める。

向こうにマンション群の手前に、
一軒家の町並がひろがっている。
そうしてさらに手前には廃屋に等しいタルトンネが…。
しかも夜になり、上空には「月」が…。

この一連の映像がいい。

ああ、サラリーマンが住んでる高層マンションが、
切り落とされた人間の小指みたいに建っている…、
みたいな…?(笑)

切り捨てられたのは、タルトンネ(月の村)…。

だと私には見えたんだけどね…(笑)。

翌朝、サラリーマンは
持ってた小指を犬にエサとしてあげるんだけど、
すごく風刺に富んでるというかなんというか…(笑)。

なんで「グエムル 漢江の怪物」も
このタルトンネの視線で撮らなかったのよ…!
って思っちゃった。

この視線で撮れば名作になったのにって…(笑)。

クリッとしていただけると嬉しいです
TVショッピング大人気商品!立花みどり開発!姿勢ウォーカー
着けるとベルトのサイズが小さくなるかも?!おなかスリマー


-------------------------------------------------------

■55分 韓国

監督: ポン・ジュノ

出演:
ユ・ヨンス
ユン・イルジュ
チェ・ソンウ
キム・レハ
アン・ネサン

「ほえる犬は噛まない」「殺人の追憶」「グエムル 漢江の怪物」のポン・ジュノ監督が劇場映画デビュー以前に撮った貴重なショートフィルムを集めた作品集。
自主制作作品「白色人-WHITE MAN-」(1993)、そして在籍したKorean Academy of Film Artsの課題制作として発表された「支離滅裂」(1994)、「フレームの中の記憶たち」(1994)の3本が収められている。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック