ビューティフル (2007)

[334]ギドクをやりたいという監督の心意気は買おうじゃないの…?


画像     久しぶりの
     キム・ギドク作品。

     といっても原作だけなんだけど、
     期待しちゃうよね、
     ファンとしては…。

     でも、
     だめだったなあ………(笑)。

物語はいかにもギドクらしいんだけどさ。

いつも男たちの視線を浴びている
ひとりの美しい女がいる。

美しさに幻惑されて男たちは言い寄る。
花束を届け、わがものにしようとする。
彼女も満更ではない…。

ある日、そんな男のひとりが彼女の部屋を訪れ、
彼女を犯す。

なんと彼女は処女だった…。

男は警察に出頭する。
そして犯しておきながら、
「美しいあなたが悪い、あなたがぼくを犯したのだ」
みたいなことを言う。

ものは言いようだねえ…(笑)。

女はショックを受け、精神的に変調をきたす。
見える男みんなが自分を犯しにくるようにみえる。

自分の美しさが元凶ならばと、
人目を憚らず過食し、嘔吐するようになる…。

そうこうするうちに幻覚まで見るようになる。

そんな彼女を守ろうとする男がいる。
事件のあと彼女のマンションを訪れた若い警官である。

しかしこの純な警官も彼女の美しさに魅せられる。
彼女の写真でオナニーし、ほとんどストーカーと化す。
守りたいのか犯したいのか…?(笑)

そんな彼に女が言う。
私を犯した男を殺してと…。

警官で純な男はついに決意する。

拳銃に弾を込め、寝ている彼女の右手に結び、
そして彼女を犯す…。

と、彼女は…、みたいなお話…。

ね、一筋縄ではいかない男と女のこころ、
いかにもギドクって感じでしょ…?

でもねえ、ぜんぜんだめなの(笑)。
脚本・監督がぜんぜんギドクの世界に追いつかないの。

とさあ、
フンフン、そういう物語ね、とはわかっても、
映画はただの強引な物語になっちゃうよねえ。
言いかえると、骨と皮ばっかりで、肉がない…?(笑)
美味しくない…?(笑)

ギドクが監督やると、
荒削りな物語を俳優の演技と写真で埋めてみせるんだけど、

ギドク的世界がわからない監督や俳優では
残念ながら隙間が埋まらないんだよね。

だよなあ、そうするとこういう
やみくもな強引さが目立つ映画になっちゃうよなあ、
と確認した次第かな…?(笑)

ギドク、製作総指揮もやってるんだけどなにしてたんだろう。
寝てたのかなあ…(笑)。

ま、いいんだけどね。ギドクの匂いがちょっとはしたから…。

それにさ、
ギドクの本をやろうとする監督の心意気、
買おうじゃないのよ…(笑)。

クリッとしていただけると嬉しいです
日本ゴルフスクール
輸入タイヤ直販店 AUTOWAY


画像


●てっせんさん
ほんと、生活感ゼロですねえ。
メシも食わない、トイレにも行かない。
そういう女が突然、過食をはじめて、トイレにも行くようになって、
「ん…? 都合よすぎない?」って感じで…(笑)。
男がよってたかってこの女にそそられるのもちょっと…。
おまえら変だぞ。おれはあんまり感じないぞ、みたいな…(笑)。

ありがとうございました。

------------------------------------------------------

■88分 韓国 ドラマ/サスペンス

監督: チョン・ジェホン
製作総指揮: キム・ギドク
原作: キム・ギドク
脚本: チョン・ジェホン
撮影: キム・ギテ

出演
イ・チョニ
チャ・スヨン
チェ・ミョンス
キム・ボムジュン

美しさ」という持って生まれた最上の条件のために,かえって苦痛に陥った女性と,その美しさに正気を失った純潔で無謀な男たちを描く。
美しけれど,幸せでないウニョン。どこへ行ってもついてくる男たちの,負担になる視線と,女たちの嫉妬と誤解が彼女を孤独にしている。ある日,彼女のストーカーの1人ソンミンからぞっとする強姦にあうようになって,彼から衝撃的な言葉を聞くようになる。「あなたがとても美しいので,そうしました。」衝撃を克服することができないウニョンは,すべての不幸は,自分が持った美しさのためだと考えるようになる。そして,その不幸を呪いながら,破滅の道を行くようになる。そんな彼女を切なく見守る一人の男ウンチョルは,彼女の周囲をぐるぐる回り始める。


キム・ギドクの世界野生もしくは贖罪の山羊
楽天ブックス
著者:チョンソンイル/秋那出版社:白夜書房サイズ:単行本ページ数:289p発行年月:2005年04月

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

てっせん
2009年08月09日 23:17
この映画、女にまるで生活感がないんですよねえ。
一体なんだって、若い身空であんな瀟洒なマンションの一室に住むことができるの?仕事はなにしてんの?パトロンがいる?親がお金持ち?とか・・・(笑)
もう、ここらへんから、なんかこの映画に入り込みにくくなっちゃいましたねえ。
だいいち、自分の美しさを呪うだなんて、裏返しのナルシシズム?だなんて疑いたくなっちゃいますし・・・(笑)。
まあ、そこそこ面白くはあったんですが、男の描き方もどうも・・・。女の美しさに魅せられた男どもが、結局犯すという行動に走っちゃうんですけれど、それもどうも単純というか。世の中には、美しい存在に敢えて触れもせで愛し続けるような男もけっこういるわけでして・・・(笑)。例えば、「悪い男」の主人公なんぞは、そんなタイプじゃないでしょうか。せっかく師匠が見本を示していたのに・・・(笑)

この記事へのトラックバック

  • 『ビューティフル』

    Excerpt: 『ビューティフル』 2007年/韓国/88min 監督:チョン・ジェホン 原作・製作総指揮:キム・ギドク 出演:イ・チョニ、チャ・スヨン 【story】 美しい顔立ちに美しいスタイル.. Weblog: シネマな時間に考察を。 racked: 2010-04-03 21:46