星から来た男 (2008)

[354]笑いと涙の韓国映画、わかってても泣かされちゃうよね…?


画像     これって
     実話を素材にしてるの…?

     エンディングに
     それふうのことが
     流れたんだけど…。

     街中に、
     おばあさんの荷物持ってあげたり、
                   交通整理したりして、

一生懸命、人助けに奔走する男が現れる。

この男(ファン・ジョンミン)、
自分は遠い星から地球を救うためにやってきたスーパーマンだ、

でも宿敵ホワイトマンに頭にクリプトナイトを埋め込まれ、
超能力を奪われ、いまは空も飛べなくなったと言う…。

女性ディレクターのスジョン(チョン・ジヒョン)が
男に興味をもって密着取材をはじめるのだが、

やがてこの男、
じつはある精神病棟を抜け出してきた患者だとわかる。

そして、
自分の運転する車が事故を起こし、
愛する妻と、ひとり娘を死なせてしまったこと。

パパはスーパーマンなんだよね、
いつでもあたしを助けてくれるんだよね、
と言っていた娘を助けられなかったこと。

以来、自分を責めて心を病んでしまったことなどが…。

そんなある日、男は街中で家火事に遭遇する。
野次馬は自分が起こした事故のときのように
なにもできずに見ているだけ…。

男は水を被り、
炎の中に残されている女の子の救出に走る。
自分の娘を助けられなかったことを贖罪するかのように…。

過去は変えられないけど、未来は変えることができる、
力を合わせれば、よりよい未来にすることができる、
という自分の信念を実現するために…。
そして…、

みたいなお話…。

笑いではじまり、だんだんシリアスになり、
最後は泣かてみせる…?

韓国映画がお得意とするパターンなんだけど、
いやあ、けっこう嵌って、
最後はやっぱり泣かされちゃったんだよね(笑)。

で、これ、ほんとに実話を下敷きにしてんの?
それにしちゃ、ちょっと出来すぎてない?
って気になっちゃってさ…(笑)。

ファン・ジョンミン、
前半ちょっと無理してる感じがないでもないんだけど、
後半はすごくいいよ。

チョン・ジヒョンも…。

いやあ、こういう作品観ても、
韓国の映画人たち、チカラあるよなあって、
ほんと、感動しちゃうわ…(笑)。

クリッとしていただけると嬉しいです。
日本ゴルフスクール
輸入タイヤ直販店 AUTOWAY

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家



■106分 韓国 ドラマ

監督: チョン・ユンチョル
撮影: チェ・ヨンファン
音楽: イ・ハンナ

出演
ファン・ジョンミン
チョン・ジヒョン
チン・ジヒ

テレビ製作会社の女性ディレクター、スジョン(チョン・ジヒョン)が出逢った自称“スーパーマン”(ファン・ジョンミン)は、迷子の犬を探したり、女子高生に破廉恥行為をする男を撃退したり、奇想天外な行動に懸命だ。スジョンは、彼を主人公にドキュメンタリー番組<地球を助けて、スーパーマン>を製作し、視聴率ヒットを獲得するが、ある日、彼の頭に何かが埋まっていることを知る…。


20のアイデンティティ [DVD]
エスピーオー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック