シルミド/SILMIDO (2003)

※この記事は「テーマ」設定の事情により重複しています。

[124]バラエティに富んだキャスティングに盛大な拍手を……?


画像    この映画、3度目。
    初めて観たのは3年くらい前……?
    ほかの韓国映画観はじめて
    俳優の顔がすこしずつわかってきたせいか、
    なんだか以前と違って
    一段と味わい深さが増してきたよなあ、
    という感じ……。



よく知られているように、
金日成首相の暗殺計画をもとに作られた特殊部隊と、
それにかかわった韓国の「北派工作員」の
実話を下敷きにした映画なんだけど、

封印されていた事件を暴き出した
カン・ウソク監督をはじめとする スタッフにまず拍手……!

中には、事実を厳密に調べていないと
鬼の首でも獲ったかのように批判するひともいるけど、
そのあたりはしょうがないんじゃないかな……?

まだ詳細がわからなかった段階なんだし、
こういう感じの事件があったんだよ、
と明らかにしてみせただけでもすごいと思うんだけど。

なにより映画なんだしさ……(笑)。

映画としてはまあ、
物語の展開と映像にほんと全然緩みがなくて、
まれにみる完成度の高い作品だよ。
冒頭の北の特殊部隊の侵入からラストのバス内自爆まで、
135分間、ほんと
息詰めてじっと見入っちゃうもんね……。

韓国映画のエンターテイメント系の作品としては1番!
なんて私なんか評価してるくらい……?

それにさ、
なんてたって俳優がいいよねえ、
ものすごくバラエティに富んでて……。

ほんと、いい……!

部隊長の空軍准尉チェ・ジェヒョンをやっている
「国民俳優」のアン・ソンギ。
ほとんど31人のおとうさんって感じ……?

北の「工作員」上がりのソル・ギョング。
私が見たソル・ギョングの中では1番よくて、
かれ、「寡黙」がじつに似合ってるよねえ……。

やたら挑戦的でケンカ好きのチョン・ジェヨン。
でも、なんか軽くてさ、人情満載なやつ……(笑)。
「血も涙もなく」でやってた
ボクサー上がりのチンピラ役とほとんど同じなんだけど、
笑っちゃって憎めないやつ……?

「てっせん」さんも大好きだという
元ヤクザ組長の役をやってるカン・シニル。
かれがいるだけでならずもの部隊に
なんか落ち着きが出ちゃうんだよねえ……(笑)。
「公共の敵」でもソル・ギョングと名コンビ組んでるけどさ。

それからソル・ギョングの敵役のホ・ジュノ。
顔がいいよねえ、ちょっと憎たらしくて……。
うん、悪い奴なんだけど、めちゃいいやつ……(笑)。

で、これも私の超お気に入りの脇優・イム・ウォニ 。
「おれは女とついに一発やったぞお」
なんて言いながら死んでくんだけどさ……(笑)。
いつもバカがものすごく似合うやつ……!

みんな、日本にはいそうでいない俳優だよなあ。

なにが違うかって「生活感」だよね。
連中は日本人が失った「生活感」をからだ中が発してるの。
からだに生き生きした血が通ってるの。
ひとと血が通ってるの……。

画像
左から、アン・ソンギ、チョン・ジェヨン、ソル・ギョング、ホ・ジュノ

観てたら愛しくて連中の名鑑作りたくなっちゃった……(笑)。


●ろみさん
こういう映画を堂々と作るところが韓国映画のすごさですよね。
いやなやつだけど気になるやつ、
いやなやつだけどすごくいいやつ、
そういう役をやらせたらホ・ジュノは天下一品じゃないでしょうか(笑)。

ありがとうございました。
スキンケア

オリジナルゴルフグッズならmy caddie WEB SHOP!


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家



■135分 韓国 サスペンス/アクション

監督: カン・ウソク
プロデューサー: イ・ミンホ
原作: ペク・ドンホ
脚本: キム・ヒジェ
撮影: キム・ソンボク
音楽: チョ・ヨンソク ハン・ジェグオン

出演
アン・ソンギ チェ・ジェヒョン
ソル・ギョング カン・インチャン
ホ・ジュノ チョ
チョン・ジェヨン ハン・サンピル
イム・ウォニ
カン・ソンジン
カン・シニル
イ・ジョンホン
オム・テウン

長年に渡って隠蔽されてきた韓国政府による金日成暗殺計画とそれを巡る工作部隊の反乱事件を描いたアクション・サスペンス。1971年に勃発した“シルミド事件”をその発端となった事件から辿り、3年間に及ぶ南北朝鮮の緊張状態の過程を克明に描く。出演は「オアシス」のソル・ギョング、「黒水仙」のアン・ソンギ。自国の暗部に光を当てた衝撃的なテーマと壮絶なアクションが話題となり、母国韓国では記録的な大ヒットとなった。
1968年1月、北朝鮮特殊工作部隊による青瓦台(韓国大統領府)襲撃未遂事件が発生。同年4月、韓国政府はその報復として仁川沖のシルミド(実尾島)に死刑囚ら31人の男たちを集め、極秘に金日成暗殺指令を下した。こうして31人は、その時の年月から名付けられた684部隊の特殊工作員としてジェヒョン隊長の下、過酷な訓練を開始する。3年後、優秀な工作員に仕立て上げられた彼らに、いよいよ実行命令が下される。しかし、政府の対北政策は決行目前になって大きく転換、北潜入へ向け行動を開始した部隊に急遽命令の撤回が告げられるのだったが……。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック