オアシス (2002)

※この記事は「テーマ」設定の事情により重複しています。

[132]われらが姫と将軍の愛に幸あれ……。


画像     つづけて観ちゃったんだよね、
     ソル・ギョング。
     「熱血男児」がよかったから……。

     そしたら、
     いやあ、この映画も
     めちゃくちゃいいじゃないか。
     たまんないよお……!


ホン・ジョンドゥ(ソル・ギョング)が刑務所出てきて、
大きな豆腐、パクパク食うところからはじまるんだよね。
季節は冬なのに、夏服着て……。

出だしからいいよねえ。
こいつ、もしかしたら、とっぽいやつかもって感じで……(笑)。

しかしなんで豆腐なんだろう、韓国、刑務所出てきた連中……?
豆腐(白)食うことで贖罪ようやく終わりってことだろうけど、
白いものってほかにもありそうなのに……。

あ……、人身事故起こして入ってたんだけど、
ほんとは兄貴の身代わりでお勤めしてきたんだよね。
兄貴には会社があるからおれが入っくるよ、おれは前科者だしって……。
あとでわかることなんだけどさ。

でも冷たいんだよねえ、兄貴も家族も。厄介者扱うみたいでさ。
まあ、しょうがないと言えばしょうがないんだろうけどね、
ホン・ションドゥ、子どもみたいで全然社会性ないから……。

で、数日後、
過失死させた遺族のアパートへ行ってみると、引越しの最中で、
兄夫婦はぼろぼろのアパートに
脳性麻痺の妹コンジュ(ムン・ソリ)ひとりを残して行っちゃうわけ。
ひどいんだけど、彼女名義で当たった障害者用の大きなアパートに。

それもあとでわかるんだけどね、
ホン・ションドゥ、彼女も自分同様
厄介者扱いされてるってこともあるんだろうけど、
一目惚れしちゃって?
翌日からなんとなく面倒見はじめちゃうんだよね。

その接し方がいいのよ。

手足も発語もすごい不自由なコンジュ見ると
まわりの連中は違和感かんじて近づきたがらないんだけど、
ホン・ションドゥは最初からもう全然、違和感なんて抱かないわけ。
ほんと普通に……、
健常者にたいするのとまったく同じように接するんだよね。

むしろコンジュのほうが、
なんで私みたいなのに近づいてくんのよって
警戒心抱いちゃうくらいでさ。

当たり前のことやってるって言えば当たり前のことやってんだけど、
みんな、その当たり前のことができないわけで……。

そのうち彼女にもホン・ションドゥの心がわかってきて、
「姫」「将軍」なんて呼び合う恋仲になっちゃうんだけど、
ちょっとあたまが足りない?ホン・ションドゥと
脳性麻痺で不自由なはずのコンジュの付き合い見てると、
こっちのほうがほんとだよな、
人間だよな、恋愛だよなって思えちゃうんだよねえ……。

社会化されてない人間の心のほうがほんとなんだよ、
大事なもの失ってないんだよって……。

最後もめちゃくちゃ面白い。

「姫」がやっと誘ってくれて寝るんだけど、
兄夫婦に見つかって強姦罪で逮捕されて、
弁明する術も知らなくて……。

ま、言っても、自分たちの仲、誰も信用しないだろうなって
わかっちゃってるからなんだろうけどさ(笑)。

でも取調べの最中に抜け出して、
「姫」が壁の絵(「オアシス」)に映る木枝にまた怯えてないかって、
彼女のアパート前の木をノコギリで
ギシギシ切り倒しはじめちゃうんだよねえ……。

ほんと、おかしいやら、泣けるやらで……。

ハン・コンジュやってるムン・ソリ、うまいよなあ。
「レインマン」のダスティ・ホフマンにも感動したけど、
それ以上かも……、脱帽。

そして、ソル・ギョング……、文句なし。
これといって取柄のあるわけじゃない、
そこいらのひとやらせるとほんとにうまい。

じつにさりげなくて、しかも、おとな……!

ただ一言いえば、
脳性麻痺のハン・コンジュが
地続きで健常者になるシーンがなんどかあるんだけど、
あれは必要なのかなあ。

鏡の反射する光がハトに見えたり
蝶々に見えたりするだけでいいんじゃないかな。
「健常者」になって伝えるんじゃなくて、ほかに方法なかったのかな……。

画面にある種の解放感を与える
という意味では必要なのかもしれないけど、
作家や監督、やっぱり健常者のほうが「普通」だと思ってんのかなと、
ちょっと気になったりしないでもないんだよね……。


●てっせんさん
「この映画は、我が韓国映画ベスト10に入る作品です」
なんだか知らないけど、やったあって感じです(笑)。
劇は古来、神々と英雄の物語ではじまり、
近松歌舞伎でようやく
町人と最下層・遊女たちの物語にたどりつきます。
それでも町人や遊女たちは「粋」の文化を生き、
その延長で心中するわけですから、
じつはこの映画の「姫と将軍」のほうがより下層なんだよ、
その最下層の男と女が解き放つ自由な創造力の物語なんだよ、これ。
ここまで描けたとき「しゃべり言葉」による劇表現は
やっと目指すべき地平の表現を手に入れたんだよ、
って思っちゃうんですよね、片隅で40年、劇やってる人間としては…(笑)。
てっせんさんも大好きだというトップシーンは、
じつはそれを暗示してるので痺れちゃうじゃないかと思うのですが。
すごいことやっちゃってる作品の前で
あとから理屈つけても、まあ、しょうがないわけですけど……(笑)。
「女性に言わせると、ジョンドゥがコンジュを襲っちゃうシーンが、
どうにも許せないらしいのです」
う~ん、襲うことでしか表現できない男の愛情のありかたも
あるんだと思うんですけどねえ……(笑)。
「ペパーミント・キャンディ」、じつはず~っと探してるんですが、
まだ手に入らないんです……。
こうなったらどこかのレンタル屋さん襲うしかないかなあ……(笑)。

●Leeさん
お久しぶりです。お元気してらっしゃいますか。
この作品、ほんといい作品ですよね。
「ソル・ギョングさんてどこにでもいるような親しみやすい感じ」
「ビョンホンさんはオーラが眩しい雲の上の上の方(*^_^*)」
はいはい、まったくその通りです(*^_^*)……(笑)。
「ペパーミント・キャンディ」、夕べも近くのレンタル屋行ったのですが、
在庫もなしでした。こんどはちょっと遠くを探してみます(泣)。

●てっせんさん
「専門家」と言われるとちょっと恥ずかしいのですが……(笑)。

●ちょごりさん
ムン・ソリ、いいですよねえ。
「なぜ日本の俳優さんに、私は心揺さぶられる方がいないのか」
ほんと、少ないですね。現場にいても痛切に感じます。
女優さんだけではないですけど……。
あらゆる表現はこころが作り出すものですから、
やっぱりいまの日本人のこころの問題なんだろうなとは思います……。

●ライラックさん
韓国通の友人Kさんの話によると、いまは必ずしも、
出所したら豆腐を食うわけでもないらしいです。
「地続きで健常者になるシーン」
象が出てくるシーン以外にも数箇所ありますよね。
二人の心の中ではこんな感じなんだよ、ということなんでしょうけど……。
ムン・ソリさん、撮影後入院したんですか。
いやあ、あんなに無理な状態を続けるわけですから、
無理からぬ話です。ほんと拍手送りたいですよね……。

●ゆかさん
ムン・ソリ、すごいですよね。
私も芝居やってるものですから、こういう演技をしてくれると、
俳優ってすごいよなあと改めて思え、とてもうれしくなります。
「マラソン」のチョ・スンウや、「クライング・フィスト」のリュ・スンボム、
「エディット・ピアフ 愛の賛歌」のマリオン・コティヤールなんかも
そうだったんですが…。
「地続きで健常者になるシーン」になるシーンは、ゆかさんの
ご指摘の通りだとおもいます。
ただ私はそうしなくても観てる側にも十分伝わってくると
思ったものですから…。

ありがとうございました。

クリッとしていただけると嬉しいです
使い捨てコンタクトレンズ★安い・早い・確実にお届け★
デメカル血液検査キット


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家



■132分 韓国 ロマンス/ドラマ

監督: イ・チャンドン
製作: ミョン・ゲナム
脚本: イ・チャンドン
撮影: チェ・ヨンテク
美術: シン・チョミ
音楽: イ・ジェジン

出演
ソル・ギョング ホン・ジョンドゥ
ムン・ソリ ハン・コンジュ
アン・ネサン ホン・ジョンイル
チュ・グィジョン ジョンイルの妻
リュ・スンワン ホン・ジョンセ
ソン・ビョンホ ハン・サンシク

前科者の青年と脳性麻痺の女性が、世間の無理解に苦しめられながらも互いの愛をどこまでも純化させ貫き通す姿を痛ましくもピュアに描いた衝撃のラブ・ストーリー。監督・脚本は「ペパーミント・キャンディー」のイ・チャンドン。2002年ヴェネチア国際映画祭で監督賞と新人賞(ムン・ソリ)を受賞。
暴行、強姦未遂に続いて、今度はひき逃げ事件による2年6ヵ月の刑を終えたばかりのジョンドゥ。出所して家族のもとに戻った彼を、誰も快く迎えようとはせず疎ましい感情を隠そうともしない。ある日、彼はひき逃げで死なせてしまった被害者遺族を訪れる。しかし、一家は引越しの最中で、部屋にはコンジュという女性一人が取り残される。彼女は重度の脳性麻痺のため手足が不自由で発語にも重い障害を抱えていた。兄夫婦は彼女の名義で障害者用の大きなアパートを手に入れ、そこへ移って行ってしまったのだ。ジョンドゥはそんなコンジュのことが気になり始める…。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オアシス(90点)評価:◎

    Excerpt: 総論:脳天を金属バットでガツン!と殴られたような衝撃。世界的に評価された「ペパーミント・キャンディー」のイ・チャンドン監督が、社会から疎外された男女の愛を描く。本作で肉体... Weblog: 映画批評OX racked: 2010-10-14 11:12