JSA (2000)

※この記事は「テーマ」設定の事情により重複しています。

[032]私の内臓が泣いた……!


画像


まれに内臓がガクガク震えるほど感動する映画に出会うけど、
この映画も、そのひとつ……。

「凄い」なんて言葉も空しく聞こえるほど、すばらしい映画。

「シュリ」の動員記録を軽く突破するのも無理ないよね……。

中でも痛く感動したのは、
南北の歩哨兵4人が夜な夜な見張り小屋?で
談笑したり遊んだりするシーン。
たわいないと言えばじつにたわいないシーンなんだけど、
4人のこころが触れ合ってて、ほんといいんだよなあ。
4人見てるだけで、からだがガクカグするほど泣けてくるの……。

物語もそのシーンが核になってて、そこが成立しないと、
「なあんだ」で終わっちゃうかもしれない映画だよね。

キャラクターの組み合わせも面白くて、
この4人の俳優、いやあ、みんな凄いわ……。

事件後、
イ・ビョンホンがかたくなに口を閉じてしまうのも
ほんとによくわかる。
南北に分断された「国家」のもとで生きることより、
同胞(朝鮮人)として、民族として、あるいは
人間としてともに生きることを選んだからだよね……。


この映画に寄せられたコメントを読むと、
感動したけど「重い」っていうひとが多いんだけど、
正直言って「重い」ってのは私にはよくわからない……。

いや、たしかに重い映画だとおもうんだけど、
そういうふうに言うひとが多いのは、
こういう「重い」主題に耐えられるだけの
「こころの体力」を
日本人はもう失くしちゃったからなんじゃないかなあ……、
て、ちょっと気になるんだけど……。

ひどいなあと思うのは、「また南北問題の映画か」っていうひとたち。

ちょっと想像すれば、
他国によって南北に分断された現実は、
朝鮮のひとたちにとってはもっとも切実な問題だし、
繰り返し繰り返し問わざるをえない問題なんだって
わかるとおもうんだけど……。

いや、そもそも
その問題を作ってしまったのは日本なんだよなあ……。

この映画、
私には他人事としては観れないんだけど……。


●「チング」さん、「kero」さん、
うれしいコメントありがとうございました。

●「スクリーン」さん
映画好きなものですから、みなさんと
たくさん映画の話ができるといいですね……。

●「うすゆき草」さん
私は九州生まれです。
韓国は距離的に近い、昔から交流があったということもあり、
複雑な気持ちで韓国映画を観ることもしばしばです。
38度線が一日でもはやくなくなることを祈ります……。

●「プサン」さん
たしかにイ・ビョンホン に寄りかかっているものが
多いかもしれませんね。
そうだとしたら、監督の責任も重大ですよねえ。

●ライラックさん
日本人はほんと心の体力落ちたなあと実感します。
徴兵制なくてもなんとかしないとやばいんじゃない?
って思いますよね。

●スクリーンさん
なんでこんなにクソ忙しいのか、わが身を恨みながら、
夜中、ひとりで100インチの画面でもう一度観ます…。
ガンホもいいけど、ビョンホンも負けてないと思いますけど…(笑)。

●スクリーンさん
トシを取るにしたがって雑用がドンドン増えていくような気がします。
どうしてなんでしょう…?(笑)
まったく春休みがありません、トホホです。
むかしは毎日みたいに映画館に通っていたのに…(泣)。
ああ、ビョンホンのDVD、なにか観たいですねえ…。

●テプンさん
巣鴨の稽古場の近くに染井霊園という有名な墓地があって、
公園になっているんです。しかもソメイヨシノの桜がたくさん
植えてあって、毎年、そこで花見をしています。きょう4月5日も、
ちょっと見てきました。満開でとてもきれいでしたよ。
このあたり、じつはソメイヨシノの発祥地で、それで「染井」という
地名で親しまれているんですね。どうです、すごいでしょう…?(笑)
これも、じつはなんですが、きょうたまたまある映画ファンの方たちに
稽古場を使っていただいて、上映会やって、その帰りに染井墓地を
ご案内したんですよ。なんという偶然でしょう…?(笑)
ところで私の知っているビョン・ホンの方たちもずいぶん
秋田へいらっしゃっみたいです。ドラマと映画が当たって、
秋田への観光客が少しでも増えるといいですね…(笑)。
私もTBS観たいですね、スカパーに入ろうかな…?

●チングさん
お元気ですか。
うわ~っ、しまった!! という感じです。
いま4月28日火曜日午後7時ちょっと前…。
ここのところ仕事・稽古で忙しくて更新もできず、
自分でもひさしぶりに覗いたんですよねえ。
せっかく貴重な情報いただいたのに、トホホ…です。あ~あ…(泣)。
韓国の歴史、他国のことではないだけにいろいろと気になります。
私は、いまは、韓国のひとたちが日本をどう見ているのか、
映画を見て肌で感じとろうとしているいるところでしょうか…。
最近では、ブログにはまだ書いていませんが、
「将軍の息子」3部作がそのあたりすごく面白かったです…。
ビョンホンの映画、今年、やっと映画館で観れそうで、
とても楽しみにしています。その時はもちろん…!

ありがとうございました。
クリッとしていただけると嬉しいです
使い捨てコンタクトレンズ★安い・早い・確実にお届け★
デメカル血液検査キット

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


■110分 韓国 サスペンス/ドラマ

監督: パク・チャヌク
製作: イ・ウン シム・ジェミョン
原作: パク・サンヨン 文春文庫刊「JSA共同警備区域」
脚本: キム・ヒョンソク チョン・ソンサン イ・ムヨン パク・チャヌク
撮影: キム・ソンボク
音楽: チョ・ヨンウク
主題歌: キム・グァンソク

出演
ソン・ガンホ
イ・ビョンホン
イ・ヨンエ
キム・テウ
シン・ハギュン

南北分断の象徴である38度線上の共同警備区域(JSA)で起こった射殺事件。生き残った南北の兵士たちは何故か互いに全く異なる陳述を繰り返した。両国家の合意のもと、中立国監督委員会は責任捜査官として韓国系スイス人である女性将校・ソフィーを派遣。彼女は事件の当事者たちと面会を重ねながら徐々に事件の真相に迫っていく。そこには全く予想外の「真実」が隠されていた……。韓国で「シュリ」の記録を塗りかえ歴代興行収入No.1となったヒューマン・ポリティカル・サスペンス。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック