血も涙もなく (2002)

※この記事は「テーマ」設定の事情により重複しています。

[125]チョン・ドヨンはどうしようもなく人間的な女優だ……?


画像    港町・仁川(インチョン)を舞台にした
    「痛快アクション・ムービ」という謳い文句。

    どん底で生きてる連中が
    一攫千金を狙って繰り広げるアクションだから、
    そう簡単に、痛快、爽快、
    というわけにはいかないけどね……。




おまけに物語がちょっと散漫で、
観ててもしばらくは物語に乗りにくいんだけどさ。

イ・ヘヨン、チョン・ドヨン、チョン・ジェヨン
といった俳優がいいから観ちゃうんだよねえ……。

中でもサングラスの女・スジンを演じてるチョン・ドヨン。

闘犬場のボディガードやってるドクブル(チョン・ジェヨン)の恋人で、
歌手デビューを夢みてる元ラウンドガールの役なんだけど、
いいよお、抜群……!

「ハッピーエンド」の自立する都会の女みたいな役はだめだけど、
こういう、とことん中途半端にしか生きられない女
みたいなのをやらせると、めちゃ光るよねえ。

どうやってもお天道様の下では素直に生きられない、
いつもロクな男にしか惚れられない、
なにをやってもうまくいかない、
強がれば強がるほど哀切に思えてしまう、女……。

そういう女をやらせると、韓国でも
チョン・ドヨンの右に出るものはいないんじゃないかなあ。

人間はなにごともけしてうまくやれない。
だから人間なんだけど、
彼女、そういうもっとも人間臭い資質を否応なく抱えた
天才的な女優なんだと思う……。

イ・ヘヨン観るのはじめて……。
ベテランみたいなんだけど、
どこにでもいる、ちょっと気の強いおばさん(失礼)みたいで、
ほんと、いいなあ。

なんかさ、私のお気に入りの
カン・シニルと中年夫婦やってほしいよ、ケンカばっかりしてる……、
なんて思っちゃった……(笑)。

そしてわれらがチョン・ジェヨン。
相変わらずケンカ早くて、なにも考えてなくて、いいよねえ……(笑)。

最後、チョン・ドヨンに、
「そんなにおれが嫌いなのか……」って
もう豚みたいにして死んでいくんだけど、
「こら、死ぬな!」って、
引っ叩いてギュッて抱きしめたくなっちゃったりして……(笑)。

あ、もうひとり、
名前わからなくて申し訳ないんだけど、
チョン・ジェヨンを徹底的に打ちのめしちゃう
もうひとりのボディガードやってる俳優もおすすめ……!

いいよお、
闘犬だってそんなに非情じゃないぞってくらい……(笑)。

いい俳優こんなにいるんだから、
脚本、もちょっと頑張ろう……!


●てっせんさん
ありがとうございました。早速調べました。
はい、写真ですぐわかりました、こいつでした、チョン・ドゥホンでした(笑)。
そういえば結構見かけました。非情で、悪くて、かっこいいですよね。
倉田保昭はかないません(笑)。忘れないように名鑑作りました……。
てっせんさんお気に入りの脇優はチェックしとかないとやばいですね(笑)。

●テプンさん
「ユア・マイサンシャイン」、探してみます。
「十代の子にすれば僕は新人俳優」
そう言えるビョンホンはやっぱりかっこいいですねえ……(笑)。

ありがとうございました。
エコスモーカーONE-JP
お仕事探すならファーマネットへ!


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


■103分 韓国 アクション/犯罪

監督: リュ・スンワン
脚本: リュ・スンワン チョン・ジナン
撮影: チェ・ヨンファン

出演
イ・ヘヨン
チョン・ドヨン
チョン・ジェヨン
リュ・スンボム

元金庫破りの女性タクシードライバー、キョンソンは、猛烈なスピードで突っ走る1台の車と衝突!運転席にいたのは黒いサングラスで顔を隠したセクシーな女、スジン。ふたりの最悪な出会いは、血も涙もない<一攫千金>ゲームの始まりだった……。
幼い娘との生活を手に入れるため、タクシードライバーをしながら借金返済に追われるキョンソン(イ・ヘヨン)、セクシーな元ラウンドガール・スジン(チョン・ドヨン)、スジンの彼氏で闘犬場のボディガードをするヤクザ・ドクブル(チョン・ジェヨン)、ドクブルが行きつけのキャバレーでボーイをしつつ、マッチョなヤクザ世界に憧れるチンピラ・ミンス(リュ・スンボム)……絡み合う4人、それぞれの生活は、賭博闘犬場から持ち出された現金入りバッグの行方を追って、絡み合い……女と男、<弱肉強食><一攫千金>ゲームにノンストップで突っ走る。



韓国ドラマ通信 2007 Summer (SOFTBANK MOOK)
ソフトバンククリエイティブ

ユーザレビュー:
チュ・ジフン盛り沢山 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック