我が心のオルガン (1999)

※この記事は「テーマ」設定の事情により重複しています。

あ、この学校、この先生、この子ども、この物語、みんな知ってる……!


画像


観はじめて観終わるまで、
ほとんどずっとそういう感じで、ほんと、びっくりした。

田舎の風景、学校、教室、授業の風景……、
運動会、オルガン、村芝居、学芸会、先生たち、初恋……、
そして先生(イ・ビョンホン)の去り際まで……、
あ、知ってる、知ってる、みんな知ってる……、の連続。

時代背景は1960年代らしいんだけど、
私が小中学生から高校生だった昭和20年代から30年代半ばすぎまで、
ほんと、日本もみんなこんな感じだったんだよねえ。

たんに風景だけじゃなくて、人間の心も……。

これまでも韓国映画観ると
そういう感じはあったんだけど(特に「夏物語」)、
ここまで来ると、もうほんと、
韓国と日本の文化の根っこ、ほとんど同じじゃない……!
なんて思っちゃうよねえ。
こんなこと言うと、韓国のひと、怒るかもしれないけど……。

でも、ほかの国のどんな映画観ても、ここまでになること……、
「あ、この学校、この先生、この子ども、この物語、みんな知ってる!」
みたいな感じになることないもんね。
絶対、ない。ありえないわ……。

特に、イ・ビョンホンだよねえ。
かれの心の動き、気持ち、心情……、
そういうものがもう逐一わかるんだよね。
ほんと、逐一わかるの。

これまで観てきた韓国の俳優で、
イ・ビョンホンほど逐一心情がわかる俳優はいないよね、
もちろん私たち日本人にだけど……。
いないと思う。

それも私たちが知っている心情、
むかし私たち日本人が確かに持っていた心情を
生きてみせている俳優。
演じてみせている俳優。

もう私たち日本人より
よっぽど日本人みたいに見えちゃうんだよねえ。

イ・ビョンホンが
日本の女性にカリスマ的な人気を誇るのも、
そのこと抜きには考えられないんじゃないかなあ……。

ただ1点、ホンヨン(チョン・ドヨン)と
スハ(イ・ビョンホン)がそれぞれお月様見てるとき、
月に顔なんか入れるなよなあ……! 
マンガになっちゃうよ、まったく……。

まだ観てないひとには、お勧め。

クリッとしていただけると嬉しいです
お気に入りがきっと見つかる!京都きもの市場
【e-lensstyle】累積実績20万人突破のコンタクト/メガネの通販スタイル

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


●「チェブ」さん
ラストですか。まあ、あってもなくても
この映画のよさを損なうことはないと思うんですけど、
私の好みで言えば「要らない」ほうかなあ。
そのほうがシャレてるかんじで……。
イ・ビョンホンの映画、ファンしか観ないんですか?
だとしたら、どうしてなんでしょう。
そういう映画ファンの気持ちはよくわかりませんねえ……。

●「アマポーラ」さん
あの、「もっと日本で韓国ほかアジアの映画を上映してほしい」
ってどういうことですか?
「スクリーン」さんも
「反韓流の影響」もあるのかと書いてらっしゃいますが…。、
すいません、事情に疎くて……。
日本の映画界、映画館にそうした動きがある
ということでしょうか?
だとしたら、とんでもない話だと思いますが……。
それとも政治絡みですか……?
「靖国」の上映問題ならまだわかりますが……。
といっても、あれもとんでもない話で……。
できればもうすこし詳しく教えてください。

●「スクリーン」さん
いつもコメントありがとうございます。
イ・ビョンホンとお父さんの話、知りませんでした……。
レンタル屋さんでは韓国映画けっこう優遇された位置にありますが、
たしかに韓国映画を上映している映画館はそんなに多くないですね。
というか、正直あまり見かけません。
どういうことになってるのでしょうか?
できれば訳を教えてください……。

●「マリリン」さん
冒頭のチョン・ドヨンとイ・ビョンホンの出会いで
もうこの映画決まっちゃってますよね……。
「ハッピー・エンド」観てみます。

●「アマポーラ」さん
シネカノンまで「奴奴奴」上映渋っているんだとしたら、
きっと何かあるんでしょうね。まだわかりませんけど……。

●「デイジー」さん
なるほど、そうじゃないかと憶測はしてましたけどね。
でも自分ばかりが正当だとおもわないほうがよいのでは……。

●「スクリーン」さん
ありがとうございます。
いまの韓国映画はほんとうに面白いです。
ジャッキー・チェンもそれを認めるかのような発言をしてましたね。
にもかかわらず上映機会が少ないのはなぜか
どうしても解せないです。
上で「デイジー」さんが言っているようなことは
少なくと私の周辺ではまったくありません。
若い劇団の子たちに面白いから観てごらんとすすめると、
みんな「面白い」「凄い」って言いますから。
韓国映画だからといってなんの偏見もありませんから……。
まして「一部のファン」?のことなんて念頭にありませんから……。
まあ買付け金額の問題もあるかもしれませんが、
上映機会がまだ少ないものだから、
日本の映画ファンの間には思ったより
韓国映画の面白さがまだ浸透していないのかもしれません。
友人で映画好きの佐野史郎でさえ、
「そうか。韓国映画もっと観なくちゃ」なんて言ってるくらいですから……。
困ったものです。

●「ゆう」さん
佐賀にですかあ……。
私は宮崎の山奥に生まれて、
ほとんどこの映画と同じような環境の中で育ったんです。
このころの日本は経済的にはまだ貧しかったけど、
いま思うと1番幸福な時代?だったのかなあ、という気がします。
歳とったのかなあ……。

●ライラックさん
私はこの映画大好きです。
イ・ビョンホンも好きだと言ってましたあ(笑)。
いまの日本の学校、強引にこういう学校にしちゃえば
なにも問題起きないんですよねえ(笑)。
ほんと理想的だと思いますけど、マジ……。

ありがとうございました。

-------------------------------------------------------

■118分 韓国 ロマンス/ドラマ

監督: イ・ヨンジェ
脚本: イ・ヨンジェ オ・ウニ ソ・ビョンチェ パン・ジャンホ
撮影: チョン・ジョミョン チェ・ジュボン

出演
イ・ビョンホン
イ・ミヨン
チョン・ドヨン
チョン・ムソン
イ・インチョル
ソン・オクスク
ソ・ヘリン
イ・デヨン
キム・イル
キム・ソンファ
シン・シネ
キム・ミニ

高度成長期以前の1960年代。山奥にある小学校に、師範学校を卒業したばかりの若い教師スハ(イ・ビョンホン)が赴任してきた。遅れて進級した17歳の小学生ホンヨン(チョン・ドヨン)は、スハに恋心を抱く。だがスハは、年上の女教師ウンヒ(イ・ミヨン)に片思い。初恋に胸を焦がすホンヨンの願いとは裏腹に、スハはウンヒと親しくなっていく。仲睦まじいふたりの姿に、 ホンヨンは嫉妬を覚えるのだが……。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック