ツァイ・ミンリャン__監督

■ツァイ・ミンリャン(蔡明亮)__台湾


画像画像画像











1957年、マレーシアのクチンに生まれる。
蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)は台湾で活動する映画監督・脚本家。
20歳のときに台湾に渡る。中国文化大学演劇科で映画・演劇を学び、脚本家として活動するかたわらテレビドラマの脚本・監督を手がける。
『青春神話』(1992) で映画監督デビュー。同作品で台湾の中時晩報(新聞)主催の映画賞で最優秀作品賞を受賞するとともに、東京国際映画祭ヤングシネマ部門ブロンズ賞に輝く。2作目の『愛情萬歳』(1994)はヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、グランプリ(金獅子賞)を受賞。1997年には3作目となる『河』でベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲得。翌1998年『Hole-洞』がカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、国際批評家連盟賞を受賞した。


作品
1992 青春神話
1994 愛情萬歳
1997 河
1998 Hole-洞
2001 三人三色
2001 ふたつの時、ふたりの時間
2003 楽日
2003 迷子
2005 西瓜


77年に台湾に渡り、文化大学演劇科で映画・演劇を学ぶ。在学中から抜きん出た才能で注目を集め、特に監督、脚本、主演をこなした一人舞台「房間裡的衣櫃」(83)では都会人の孤独を鮮烈に描写し、このテーマは後の彼の作品群に受け継がれてゆく重要な要素となる。その後映画の脚本家として活動するかたわら、テレビドラマの監督・脚本を手がけ、92年『青春神話』で映画監督デビュー。台湾の中時晩報(新聞)主催の映画賞で最優秀作品賞を受賞するとともに、東京国際映画祭ヤングシネマ部門ブロンズ賞に輝いた。続く2作目の『愛情萬歳』(94)はヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品され、そのまばゆいばかりの創造性と悲喜劇のアンサンブルで国際舞台を圧倒し、見事グランプリ(金獅子賞)を授賞、世界で最も注目すべき監督の一人として一躍名を馳せた。
97年には3作目となる『河』で、現代社会に生きる人々の救いのない孤独感、愛への欲望を容赦ないタッチで焙り出し、97年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を獲得。翌98年、ひとつのHole(穴)でつながるマンションの上下階に住む男女の関係をミュージカル仕立てで綴った『Hole』がカンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、国際批評家連盟賞を受賞した。2001年、舞台をパリに移した『ふたつの時、ふたりの時間』では、フランソワ・トリュフォーの『大人は分かってくれない』の引用、ジャン=ピエール・レオーや撮影監督ブノワ・ドゥロムの起用など、これまでの成功に甘んじず、新たなものへ挑戦し続ける監督のエネルギーに満ちた作品となり、注目を集めた。
そして、この作品の撮影時に出合った映画館が取り壊されると聞き、そこを舞台に映画への溢れんばかりのオマージュをたたえた『楽日』(03)を撮り上げる。誰もいなくなった客席を心に焼き付けるように撮られた圧巻のシーンは、ヴェネチア国際映画祭の観客に驚きと感動を巻き起こした。
2005年、彼は新たな「恐るべき子供」を産み落とす。最新作『西瓜』。そのあまりにも大胆、でも笑わずにはいられないAV撮影やキッチュなミュージカルシーンに目を引かれるが、互いに心惹かれゆく男女の微かな心の揺れや不安、葛藤を、繊細な動作や表情で紡いでいくラブストーリーは、世界の老若男女を感動させ、2005年ベルリン国際映画際で銀熊賞ほか3賞を受賞。台湾でも、並み居るハリウッド映画を差し置いて、見事2005年興収1位、過去10年間の台湾映画ベスト1の興行記録を打ち立てた。
今や名実ともに人気監督となったツァイ・ミンリャンだが、ここ数年は自作の配給にも自ら乗り出し、いくつかの大学でティーチインなどを行い、台湾に良い映画観客を育てようと精力的に活動している。また、2003年、ツァイ・ミンリャン作品には欠かせない主演俳優リー・カンションが『迷子』で映画監督デビューを果たし、ツァイはプロデューサーとして参加。この二人のコラボレーションは、今後も映画の新しい可能性を切り開いていくことだろう。
そんな彼の最新作は、故郷マレーシアで撮影された「黒眼圏」。どんな蔡明亮ワールドを見せてくれるか期待が高まる。





*台湾ドラマ「Hi上班女郎」DVD-BOX(全23話収録)羅志祥(ショウ・ルオ)蔡依林(ジョリン・ツァイ)朱孝天(ケン・チュウ) 【お買い物駅伝0908セール】
台湾セレクション
日本原作『朝倉くん、ちょっと!』のドラマDVDです。主演羅志祥(ショウ・ルオ)他、蔡依林(ジョリン・

楽天市場 by ウェブリブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック