新・桑の葉 (1989)

[393]ほんらい秘め事なんだから、オープンにしちゃうとつまんなくなる…?


画像     「桑の葉」から
     3年後につくられた続編。

     「桑の葉2」とも…。

     監督は同じく、イ・ドゥヨン。

     で、ちょっと期待したんだけど、
     柳の下にドジョウは
     いなかった…?(笑)
     
「桑の葉」の
賭博師サンボ(イ・ムジョン)が叔父チグンの家に現れる。

チグンは蚕のさなぎをあちこち売り歩いてるんだけど、
裏でこっそり朝鮮独立軍のために資金を集めてて、
サンボに渡してるわけ…。

そのチグンの妻はチグネ(カン・ムニョン)といって、
村一番の美人なのね。
で、村の男連中はチグンの留守を狙って、
そのチグネをなんとか口説きたいと思ってる…。

急先鋒は、いつも一緒にいる5人の男なんだけど、
誰が彼女を口説き落とせるか、賭けをはじめる。

で、5人は順番に、手を変え品を変え口説くんだけど、
チグネの操はダイヤモンドより硬い…?

チグンが資金集めをしているのを知った5人は、
そこで彼を日本軍に密告する。
旦那さえいなきゃ…、と思ったんだよね。

で、チグンは日本軍に逮捕されて、連日、拷問される。
黙秘を貫くんだけど、結局、拷問で命を落とす…。

愛する夫を失ったチグネは、
ある日、チグンの墓がある山の中に5人を集め、
恨みごとを言い、自害する…、

というお話なんだけど、
1作目に比べると、うん、だいぶ面白くなかったぜ…?(笑)

ま、いいんだけどね、
1作目がお釣りくるくらい面白かったから…。


セックス(性)って他人にたいして閉じるものだよね。
むかしのひとが言うように「秘め事」…(笑)。
オープンにされるとクソ面白くもない…?(笑)


1作目はちゃんとそうなってたのね。
男衆はみんな美人妻イ・ムスクを抱きたがってる。
女たちもみんなそのことを知ってて、家ではトラブルの種…。

でも、だからと言って、
誰もそのことをみんなの前であからさまにはしない。
せいぜい匂わせるくらいで、裏でコソコソ、粛々と事を運ぼうとする。
事は秘め事なんだから、ちゃんと秘め事としてやろうとする…?(笑)

だから作品もひじょうにエロチックだったんだけど、
2作目は残念ながらそうなってないのよねえ。

秘め事なはずなのに、
秘められずに、開かれちゃってるわけ(笑)。
村中にオープンにされた上で事態が進行していく…?

それじゃあ、ちょっとねえ…、
村の広場で犬が交尾するのとは訳が違うんだからさあ、
なんて言いたくなっちゃう…?(笑)

チグネが貞淑を絵に描いたような女房だってのもどうなのよ。
すこしは魔の手に落ちそうになったり、
そういう風情を見せてくれたりしないと、
エロチックにはなんないんじゃないの…?(笑)

男からするとさ…、
この女、愛を囁いたり、贈り物したりすると、落ちるんじゃないか?
って思わされるから、女に色気を感じるんだよねえ(笑)。

どうやってもだめそうな女は堅物といって、
最初っから色気感じないし、口説こうとも思わない…?

これは私だけの見解じゃないと思うんだけど…(笑)。

チグネからすると、
自分が旦那を裏切ったり、
裏切りそうになってしまったり、
あるいは留守中に強引に手篭めにされてしまったりすると、
自分の中にいろいろドラマが生まれるわけだけど、

そういうのは一切ないから、
チグネ自身の中にドラマが生まれないんだよね。

彼女の中にさしたるドラマが生起しないから、
観てるほうも面白くないわけだよね…。

どうしてこんなことになっちゃったんだろう…?

お話が日本軍と独立軍の話のほうへ傾きすぎたせいかな?

1作目は、
日本人は、自転車に乗った巡査ひとりだったのに、
この作品では憲兵が何人も出てきて、拷問までしちゃうのよ。

1作目で隠されてたものが
ここでも全部オープンにされちゃった…?

それは隠しといて、
村中を巻き込んだ「秘め事」を描いてたから面白かったのに…。

もう1個。

申し訳ないけど、
この作品の主人公をやっているカン・ムニョンと、
前作のイ・ミスクとでは、ちょっと格が違ったってのもあるかな…。

「桑の葉3」もあるみたいなんだけど、
観るの、どうしようかなあ…?(笑)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家


クリッとしていただけると嬉しいです!
派遣の求人・お仕事探すなら派遣@ばる
韓国 旅行


■101分 韓国 エロティック

監督: イ・ドゥヨン
製作: イ・ドゥヨン
脚本: ユン・サムユク
撮影: イ・スンオン
音楽: チェ・チャングォン

出演
カン・ムニョン
キム・ドンス
イ・ムジョン
ナ・ジョンオク

「桑の葉」の賭博師サンボ(イ・ムジョン)は,蚕のさなぎ(ポンテギ)売りの叔父チグンの家に立ち寄る。チグンの妻チグネ(カン・ムニョン)は,村で一番の美貌で,村の5人の男たちは,何とか自分のものにしようと競って迫るが,チグネは,全く相手にしない。腹を立てた5人は,チグンが独立運動の資金運びをしていることを日本の巡査に密告し,チグンは,憲兵の拷問により殺されてしまう。一人になったチグネは・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック