マッドマックス (1979)

[421]メル・ギブソンには危機がよく似合う…?


画像


メル・ギブソンの大ファンになったのは
この映画を観てから…。

もう30年前の作品なんだけどさ、
いやいや、なんど観てもすばらしいわ。
私のなかの男が興奮するぜい…?(笑)

物語はいたって単純。

近未来…。

特殊警察のマックスが凶悪犯ナイトライダーを追跡する。
ナイトライダーが、マックスの繰る特殊バトカーに恐怖し、
事故を起こして死ぬ。

ナイトライダーをボスとして慕っていた暴走族が
マックスを狙って町に集結し、町が無法状態になる。

マックスの同僚がついに
その暴走族のリーダーのトーカッターらに焼き殺される。

愛する妻ジェシーと幼い息子を抱えているマックスは、
それを機に辞表を出し、
二人を連れて祖母(?)のいる田舎へ逃亡する。

トーカッターらが逃亡先へ追いかけてきて
ジェシーと息子をバイクで轢き殺す。
(ジェシーは病院に運ばれ、命は取りとめることになってるが…)

マックスの怒りと復讐心に火がつき、
改造した黒の特殊追跡車で一味を追跡し、
トーカッターらを殺戮していく…。

それだけの話なんだけど、
すさまじいカー・アクションとバイオレンス、
スピーディーなストーリー展開に、
それこそ息つく暇もなくあっという間の94分…?

観終わったあとの感想はいつもただひとつ。
すっげえ…………(笑)。

暴走族の連中がたまたま見かけたカップルを
バイクで追跡して、カップルの乗った車を
めちゃめちゃに壊すシーンがあるんだけど、

そのぶっ壊しかたがほんと、まあ、すごくて、
観てるだけでゾーッと鳥肌が立つの。
被害にあったカップルも気が変になっちゃうんだけどさ…(笑)。

この連中のあまりのすごさと不気味さに、
当時、「ほんものの暴走族使ったらしいよ」とか、
「撮影中、何人か死人が出たらしいよ」
みたいなウワサが立ったんだよね…(笑)。

改めて観たら、
ジェシーやってるジョアンヌ・サミュエルもいいなあ。

ひとりで海で泳いだ帰り、
トーカッターらに追われて
松林のなかを逃げるシーンがあるんだけどさ、

思わず
「逃げろ。はやく、はやく…!」
なんて声かけちゃったよ。

あとで殺されるのがわかってても、
チカラ入っちゃってさ…(笑)。

しかし安くあげてるよねえ、この映画(笑)。
総予算いくら…?

予算安いと、あたま使っていい映画を作る。
その見本みたいな作品だぜ。

しかもジョージ・ミラーは初監督なんだよ!

いやいや、
後続映画に多大な影響を与えた
このすばらしきB級映画に、最高級のワインで乾杯っ…!

●minmiさん
うれしいですねえ、minmiさんも大好きですか。
もちろんシリーズは全部観てます。
し、しかも、私も「2」が一番好きなんです。
あのすさまじく荒廃した近未来の映像がたまらないです…(笑)。

●村石太マンさん
「北斗の拳」、雰囲気はたしかに似てるかもしれませんね。

ありがとうございました。

クリッとしていただけると嬉しいです!
先着で楽器がもらえちゃう!EYS音楽教室
1年間会費無料の仕入サイトTOCバイヤーズネット

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家


■94分 オーストラリア アクション/SF

監督: ジョージ・ミラー
製作: バイロン・ケネディ
脚本: ジェームズ・マッカウスランド ジョージ・ミラー
撮影: デヴィッド・エグビー
音楽: ブライアン・メイ

出演
メル・ギブソン マッド・マックス(マックス・ロカタンスキー)
ジョアンヌ・サミュエル ジェシー・ロカタンスキー
スティーヴ・ビズレー ジム・グース
ヒュー・キース・バーン トーカッター
ティム・バーンズ ジョニー・ザ・ボーイ
ロジャー・ウォード フィフィ・マカフィー
ヴィンス・ギル ナイトライダー

時は荒廃した近未来。巷では暴走族による凶悪事件が多発していた。
事件は、暴走族でもあり警官殺しの凶悪犯ナイトライダーが、暴走族専門の特殊警察「M.F.P」(Main Force Patrol)から、追跡専門に改造されたパトカー「インターセプター」を奪って逃走することから始まる。それを「M.F.P」のメンバーたちが乗ったパトカーが追走するが、ナイトライダーはことごとく振り切っていった。「M.F.P」に所属する警官マックス・ロカタンスキーは、無線に入ってきた情報を聞きつけ、おもむろに黄色いインターセプターを発進させていく。そしてマックスはナイトライダーを発見し追いつめるのだが、マックスが操るインターセプターに恐怖を感じたナイトライダーは運転操作を誤り、事故現場に突っこんで即死してしまった。
これによりマックスは、ナイトライダーの復讐を企むトーカッター率いる暴走族に命を狙われる身となってしまう。僚友のジム・グースが彼等に焼き殺された事にショックを受けたマックスは、上司のフィフィ・マカフィーに辞表を出し家族と共に逃亡する。しかし、妻のジェシーと息子スプロッグは逃亡先に現れたトーカッター達に轢き殺されてしまう運命を辿る。
全てを失ったマックスの怒りは、その身を復讐へと駆り立てた。マックスは、車体全体を漆黒に彩り、スーパーチャージャーを搭載して、600馬力にまでチューンナップされた特殊追跡車「V8インターセプター(ブラック・パーシュート・スペシャル)」を無断で持ち出してしまう。トーカッターの一味を怪しく狙う漆黒のインターセプターが600馬力の唸りをあげて、やつらを葬りさっていく。そして、ついにトーカッターとの復讐をかけたチェイスの火蓋が切られた。

この記事へのコメント

minmi
2009年12月12日 22:31
この映画本当に凄かったですねー。
バイオレンスシーンの凄さには鳥肌たちました。
確かスタントの人が実際に亡くなったんじゃなかったかな。
エンディングのクレジットに出てたと記憶してます。
私は「マッドマックス2」も大好きなんですよ。
完全にSFヒーロー物になっちゃってるんですけど、原タイトルが「マッドマックスの伝説」で、この「~の伝説」っていうタイトルに弱いもんで…。
冒頭に犬の餌を食べちゃうシーンがあって、そういうシーンになぜかぐっときたりしてました。
もしかしたら一作目より好きかも…。
村石太マン
2011年03月26日 16:16
おもしろい作品ですよね。
マッドマックスシリーズ で 2と3があったかなぁ
雰囲気が 日本のアニメ 北斗の拳と 類似点があるというのか かぶるところがあったかなぁ コスチュームだけかなぁ。最初のこちらの作品 まだ 見てないです。

この記事へのトラックバック

  • マッドマックス/Mad Max(映画/DVD)

    Excerpt: [マッドマックス] ブログ村キーワードマッドマックス(原題:Mad Max)キャッチコピー:今!バイオレンス・ヒーロー誕生もう許せない今!恐怖の暴力に復讐の戦いが始まる製作:1979年(オ�... Weblog: 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評 racked: 2010-01-06 19:34
  • マッドマックス

    Excerpt: 大昔に見たときは「カーチェイスシーンばかりの映画」という印象だったけど、じつはストーリー性の高いドラマだった。アクションというよりサスペンス的な展開で、そういう意味でも楽しめる映画。 Weblog: 映鍵(ei_ken) racked: 2010-07-16 21:11