僕の、世界の中心は、君だ。 (2005)

[451]人間の悪や穢れが描かれてないと観るのはいつもしんどい…?


画像


タイトルがねえ。
それに邦画のリメイクらしいし…。

というんでずっと触手が伸びなかったんだけど、
韓国映画、観れるものがだんだん少なくなってきたし、
それでようやく重い腰をあげた映画…。

で…、う~ん…、まあ…、
こんなもんなんだろうなあって予想通りだったかな…?(笑)

ストーリーは…、書いてもしょうがないか。
あって、ないようなもんなんだもん…。

高校生の女の子と男の子が初恋に落ちる。
でも女の子が病気ですぐに死んでしまう…。
ただそれだけ…?

相手が死ぬということ以外、ドラマが起こらない?
あとは例によってイメージ・ショットで進行させてるだけで、
綺麗事のCF観せられてるみたい…?

流行の日本映画だよねえ。
あ、違った、これは韓国映画だった…(笑)。

こういうイメージ・フィルムが多くなったの、
やっぱり創る側、観る側に
CFがとことん浸透しちゃってるせいなのかなあ…?

よくわかんない。興味ない…(笑)。

言えることは、
人間の悪や穢れも同時に描かれてないと
観るのはちょっとしんどいよなあってこと…。

でも最後までなんとなく観てしまったのは、
ソン・ヘギョとチャ・テヒョンの魅力のおかげ。

ソン・ヘギョ、「オールイン」もよかったけど、これもいいわ。
濃すぎず、薄すぎもしない彼女の情感…、
ほんと、わたし好みなんだよねえ(笑)。

チャ・テヒョンもそう。
男と女のちょうど中間を漂っているようなエロス感…。

そういうエロスを漂わせてる男優は、
韓国男優でテヒョンの右に出るものはちょっといないかもね…。

テヒョンのおじいちゃんをやってるイ・スンジェ、
その初恋の相手をやってるムン・ジョンヒ、
テヒョンの友人をやってるパク・ヒョジュンもよかったよ。

イ・スンジェは葬儀屋さんで、
死んでしまった初恋の相手ムン・ジョンヒの
冥土への旅立ちをやったげるシーンがあるんだけど、
そこだけはちょっとした名シーンだった…?

パク・ヒョジュンはいつもこんな役だなあ。
いい俳優なんだから、
キャラに頼れない役をもっとあげればいいのにね…。

ソン・ヘギョとチャ・テヒョンを讃えて、
とりあえず「おすすめ映画」にしとこうかな…?(笑)

邦画のほうは…?
うん、観ないとおもう。
誰かが強引に薦めてくれたらわかんないけど…(笑)。

画像


クリッとしていただけると嬉しいです
顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。
ダンジョンRPG エクスシリーズ最大30%OFFセール実施中


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家



■97分 韓国 ロマンス/ドラマ

監督: チョン・ユンス
製作: テディ・チョン
脚本: ファン・ソング
撮影: パク・ヒジュ
音楽: イ・ドンジュン

出演
チャ・テヒョン スホ
ソン・ヘギョ スウン
イ・スンジェ キム・マングム
キム・ヘスク スホの母親
ハン・ミョング スウンの父親
パク・ヒョジュン ソンジン
キム・ヨンジュン ヒソン
ソン・チャンウィ ジョング
キム・シニョン 民宿のおばあさん

日本で大ヒットした片山恭一原作の「世界の中心で、愛をさけぶ」を、「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョン主演でリメイクした韓流ラブ・ストーリー。共演はTV「秋の童話」「オールイン 運命の愛」のソン・ヘギョ。これが記念すべき映画初出演となる。監督は「イエスタデイ 沈黙の刻印」のチョン・ユンス。
スホはごく平凡な高校2年の男子生徒。ところが、そんなスホに秘かな恋心を抱いていたのが、男子学生あこがれのマドンナ、スウンだった。2人は同級生で、スウンは中学の時からスホに想いを寄せていた。しかし、鈍感なスホはいつまでたっても彼女の気持ちに気づくことはなかった。とうとうスウンは、ポケベルのボイスメッセージを使って自ら彼への想いを告白するのだった。その後2人は、ポケベルのメッセージを交換しあい、互いの気持ちを深めていくのだったが…。


永遠の片想い [DVD]
タキコーポレーション

ユーザレビュー:
さわやかなきもちにな ...
おっぱこうゆう関係い ...
今も色褪せない…この ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック