IRIS (2009) 第4話

ビョンホンの表情と、手持ちカメラを最大限活かした映像に驚嘆…!


画像


お詫び
記事が思ったより長くなっていることと、
ほかの作品記事との兼ね合いを考えて、
記事の書き方を各話1記事にします…。


あ~~、すご過ぎ!

4回も観てしまった。
日曜日、大学も春休みでほんと良かったよ…(笑)。

まずお詫び。
秋田に誘ったのはスンヒでした。ごめんさい…。
ビョンホンがメモ渡して、その返事をスンヒが渡したのかと思った。

あきらかにわたしのビョンホンへの先入観が招いたミス。
従って、ビョンホン、君も悪い…!(笑)
しかし、あの「OK」かわゆいよねえ、気絶しそう…!(笑)

で、ブタペストで休暇を楽しんでるところへ、
突然、副局長ペク・サンがやってきて、
ヒョンジュンを呼び出すの…。

ゲッ、これ、トップシーンと同じ教会前じゃない…?
シチュエーションもセリフも同じだぜ。
単独任務…?

そうか、トップシーンに戻ったんだ。
というか、話がそこに辿りついた…?

これもわたしの間違いだったけど、
暗殺の標的は、北の最高会議の委員長…。

ということはさ、
もう一回観れるってこと、あの暗殺と逃亡シーンが…?
と思った瞬間、わたしゃもうドキドキ、クラクラだぜい(笑)。

戻ってきたヒョンジュンにスンヒとサウは「?」「?」…。
で、ブタペストの市内をデートしたあと、スンヒに言われてんの。
「きょうは1日緊張してたわね」…?

おいおい、わたしだってわかるぜ、スンヒ。
ビョンホンの顔つきが変わってきたもん…。

しかし、いいねえ、このビョンホンならでの顔つき。
痺れるよねえ…。

で、ほんと始まっちゃうんだよねえ、
ヒョンジュンの暗殺と逃亡のシーンが…。
それも下見から始まってタップリ…!

すごいのよ、もうトップシーンどころじゃないのよ!

この4話だけで映画を1本創れるかんじ。
映画を1本観たかんじ。
それも最上級の映画を…!

まずビョンホンの表情。
凄い凄い凄い…!

そこいらにいるまだ若い青年がいきなり暗殺を命じられたような、
初々しい緊張感っていうの…?

だけどその恐怖心や緊張感を例によって
ジッと腹に閉ってみせるあのビョンホンにしかない表情…?

しかもそこは異国の地ハンガリー。
歴史的な建物がぎっしりと立ち並んだ古都ブタペスト…。

海外ロケだとロケハンが大変だと思うんだけど、
そのロケハンはきっちりしてるし…。

カメラも大変だよねえ、撮影現場は市街地が大半だし…。
当然、手持ちカメラが主になるしかないと思うんだけど、

その手持ちカメラとズームの効果を最大限に活かして、
まあ、次から次にすばらしいカットを撮って、
それをみごとにドンドン繋いでって見せるんだよねえ。

粗さがないわけじゃないけど、
ただただ驚嘆してこっちはもう息を潜めて魅入るしかない…?

それにさあ、観た?
やっと部屋に逃げ帰って、副局長に電話して、
救援は送れないって断られたときのビョンホンの表情…。

腹にめり込んだ弾をひとり
ピンセットで取り出すときのあの苦痛の表情…。

わたしゃもう可愛そうというか切ないというか、
ようわからんけど涙でボロボロだぜ…(笑)。

あっ、明らかに書きすぎてるよねえ。
ごめんなさいね、ごらんになってないかた。
いや、ほんと申し訳ないです…!

しかし、ビョンホンの表情、思い出すだけでも胸がつまるなあ。

悪いけど、この表情が観たかったんだよねえ。
しかも「甘い人生」どころじゃないよなあ。
ふわ~~…、なんだか、わたしゃ腰が抜けそうだわ…(笑)。

あ、秋田、また出てきたよ、
田沢湖。それもスンヒと語る「たつこ姫」伝説…。
え~~って、わたしゃぶっ魂消たんだよねえ。

その理由はまたいつか書くんじゃないかなあ。
だって、秋田、また出てきそうじゃん、こういう話だと…(笑)。

あ、ついでに言っておくと、
ビョンホンが引き金を引こうとしたとき、
カフェ前で知り合った女の子が議長のそばにいて、
一瞬ためらうよね。

よくある手と言えばそうなんだけど、
あのへん、なかなかうまいよねえ。
秋田の、ほら、旅館の女の子と重なってきて…。

しかし、サウの野郎、
なんかもうひとつよくわかんない男だよねえ。
スンヒに惚れてるのはわかるけどさ。


おい、おまえ、なんだか
ドンドン煮えきらねえ男になってかないか…?(笑)

な、なんなんだよ、その銃口は…!

画像

画像


●ら・ふらんすさん
コメント、ありがとうございます。
こういうすばらしい作品は、
あれ見た? あそこは? じゃあ、あそこは…?
なんて、みんなでワイワイガヤガヤやるのが
一番楽しい見方というか、正しい見方ですよねえ…(笑)。
いやいや、いいシーン、いっぱいあるんでしょうねえ。
この先にワクワクしています…。

●奴子さん
お元気そうでなによりです。
いやあ、毎日が楽しいというか嬉しいというか…(笑)。
ご期待に沿えるよう、もうドンドン行っちゃいますね。
でも英語が得意なわけじゃないもんで…(笑)。

●Keiさん
はい、5話観ました! 書きました!
いやあ、ビョンホンの表情に全身痺れました…!
どこからああいう表情が出てくるんでしょうねえ。
ちょっと想像がつきがたいです…。

●スクリーンさん
そうか、こういうことになるのか…、
ということで、あの秋田旅行の幸せそうな顔、
まったく納得ですよねえ…。
「よだれもたれそうな、あの表情」
普通、スターはやらないですよね、ああいう表情。
とくにサンウなんかだと…?(笑)

●momoさん
え、もう7話まで…?
momoさんにはやく追っつかなきゃあ…(笑)。
後半が押せ押せになっちゃうのは、
なんだか最初から無理なスケジュールでやってるからだ、
という気がしないでもないのですが…(笑)。

●アジアの瞳さん
え~~、ヒョンジュン、静かな破滅に向かって
突っ走ってんですかあ…?
もう、いいよ、そこまで行くなよって言いたいというか、
行ってよって言いたいというか…?(笑)
いやあ、しかしほんと面白いですねえ。
ビョンホン、めちゃくちゃいいです…!

●shidarezakuraさん
ビョンホンの場合は特別なんですよねえ。
かれがそこにいるだけでなんか
涙が出ちゃうこともしばしばと言いますか…(笑)。
はじめっから、「たつ子姫」伝説を
ヒョンジュンとスンヒの運命になぞらえようとして
田沢湖(秋田)を選んだんでしょうか…?
わたしはあれでガツンとやられたところもあるのですが…。

●lee_milkyさん
韓国版の「IRIS」も持っていて、CSのTBSも見て…、
ビョンホン観るだけでいくら時間があっても足りませんねえ(笑)。
しかしビョンホン、ほんとにいろんな表情を見せてくれますよね。
しかも、その微妙なところがやっぱり並の俳優じゃないです…。
記者会見のときのソヨンがよかった…!
ですよねえ、俳優の資質みたいなものはもうそういうところで
出ちゃいますよね。
まあ、俳優に限らないんでしょうが…(笑)。
それにおっしゃるように、ソヨンの資質は
ビョンにとてもよく似てると思います。
似てるから、ビョンホンの微妙な心の表現を
よくキャッチできるというか…。
じつは、スンウも似てると思いますけどね、ビョンホンと…(笑)。

ありがとうございました。

クリッとしていただけると嬉しいです!
パワーフコイダン
美容 睡眠

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家





イ・ビョンホンの4枚組ポストカードセット!あなたのお気に入りの表情をいつもお手元に!!イ・ビョンホン ポストカード(4枚組)
アットマークはるひや
イ・ビョンホンの4枚組ポストカードセット!あなたのお気に入りの表情をいつもお手元に!! イ・ビョンホ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

ら・ふらんす
2010年02月15日 13:34
アイリスのコメントありがとうございます

昨日から、早く四話観てほしいなあと思っていたんです
4回も観たんですね 「あ~~、すご過ぎ!」に感動
   
もう、嬉しくて涙が出てきました
で、思わずコメント書いています  笑
   
山崎さんのコメント読みながら、思わず そう、そう
観た観たと返事をしていますよ   笑
   

あ~あ、もう一回 一話から確認したくなりました
韓国版DVD買いたい位です

「アイリス」を観た韓国の小学生が
「イ・ビョンホンは演技が上手いです」
と言っていました    笑

私もアイリスを観て「やっぱり、イ・ビョンホンは
演技がうまい」と言っています   笑

これから まだまだ、良いシーンがあるんですよ~~

コメント楽しみにしています




奴子
2010年02月15日 14:48
山崎さん こんにちは。
ご無沙汰しています。

「アイリス」早くもご覧になったのですね。
しかも、もう4話。
嬉しい限りです^^。
毎日こちらのポチが楽しみになりました。
ドンドンいっちゃってください。

>腹にめり込んだ弾をひとり
ピンセットで取り出すときのあの苦痛の表情…。
そうでした!
そうでした!
私まで、辛かったです。
本当に痛そうでした。
演技がうまいです。

無理をなさらずに、
たくさんコメント書いてください。
短いのは イヤ!(爆)



Kei
2010年02月15日 21:58
山崎さん、こんばんは!

私は、山崎さんのコメントに痺れてます!
そうですよね!
表情だけで全てを魅せてくれます。
4話、大好きです、涙ボロボロです!!

引き続き、ラストまで楽しみにしています。
5話もいいですよ~~
スクリーン
2010年02月15日 23:20
山崎様 4話も凄いでしょう。

この回の表情も各所凄い。ビョンホンさんならではですね。あの秋田での甘~~い旅行のおどけた表情のヒョンジュンはいづこへ。。

ちょっと前の回にバックしてのコメントですが、サウとヒョンジュン、NSSのメンバーとして適格か、テストされてるときの、あの白目を剥いてのビョンホンさんの演技。。半端じゃないですよね。薬を打たれ、よだれもたれそうな、あの表情。凄いの一言。役の為なら、どんな表情も出来る。もう 脱帽です。
さ~~5話行きますか^^
momo
2010年02月15日 23:53
久しぶりにお邪魔します。
早速山崎さんに見て頂いてうれしいです。
アイリス、特にビョンホンすごいですよね。
私はきょう4~7話一気に行きました!
ビョンホン以外の他のキャストもすごくいいと思いませんか?特に若手!これからどんどん出てきますけど。

アイリスのすごさは皆さんが語ってくれてるので、あえて気になったこと。大概の韓国ドラマの特徴のような気がしますが、前半の緻密さに比べ後半が押せ押せで荒くなってしまうことがとても残念。(先走りましたかね)あと???な所も多々ありますけど。字幕がついたらまた違うでしょうけどね。
8枚目のMakingも別の意味でおもしろかったですよ。
アジアの瞳
2010年02月16日 00:34
山崎さん、こんばんは

俳優イ・ビョンホンの魅力が、ぎっしる詰まった第4話、何度みてもあきる事がありませんね。
山崎さん、ヒョンジュンが単独任務を命じられた後、
ホテルのカーテンを開け光を浴びるシーン、
また北の最高指導者を狙い損ねて去っていく、チラッとヒョンジュンの影を見せるシーン、もう最高ですよねえ~。「製作人の皆様、ビョンホンをこんなにもカッコよく撮ってくれてありがとう」って叫びまくりでした~。
それと山崎さんがおっしゃった電話での救援を請うシーン、私の感動名場面の1つです。
あの身が震えるような緊迫感を、取り乱さない、感情を押し殺して表現するあたり、彼の俳優としてのセンスというか、視聴者を一気にヒョンジュンワールドに引き寄せる魔力、もうため息しかでません。

人間の在り様をそのような品性と知性、そしてひたむきな情熱、静かに破滅に向かって突っ走るイ・ビョンホンブランドに頭を下げるしかありませんね。
この人はきっと世界を捕るでしょう。
shidarezakura
2010年02月16日 18:04
山崎さん、こんばんは。

さて4話。
またまた素晴らしいスピード感、緊張感溢れる回でした。あの腹から弾をピンセットで取り出す時のあの表情、あの時私が最初に泣いた時だったかな!?私も涙もろいのですが、山崎さんには勝てないかもしれません(笑)

『たつ子姫』伝説。もちろん出てきますよ。
私の好きな○○話に。あの撮影時は3月だったので、
撮影にはちょうど良かったのかも知れません。今はもっと雪がガードレールの上まで積もっているような状態でした。

2010年03月28日 17:27
こんにちは。
山崎さん、このころから春休みだったんですね。
羨ましいです。
私も、ようやく春休みになり、第4話は、腰を落ち着けて感想を書きました。
山崎さんは、一話ずつ感想をお書きになるのが初めてだそうですが、私は、結末が分かった上で感想を書くのが今回初めてで、第3話までは、そのことに違和感を感じていたのですが、それにもようやく慣れましたし、実は、私も韓国版を持っているのですが、仕事が忙しくて、未だ3話までしか観ていなかったのがTBS日本語字幕版を観るのに幸いしたようでもあります。
大画面で観ると、本当にビョンホンシの表情の変化の豊かさに改めて、驚きました。
それから、今回、まだまだ出番の少ないソヨンさんの演技力のすごさの片鱗もみつけました。
私のソヨンさん好きは、山崎さんに触発されたからではなく、ドラマが始まる前、記者会見を観た時点で、その受け答えの内容で好きになりました。
その、こだわり具合がビョンホンシに似てる気がします。

この記事へのトラックバック

  • アイリス CS-TBSチャンネル版 第4話

    Excerpt: 以前書きました通り、私はアイリスの韓国版DVDを持っているのですが、仕事が忙しくて、DVDでは第3話までしか観ていません。 だからでしょうか、第4話は、カットに気をとられることなく、観ることができま.. Weblog: RGBとCMYの不思議な関係 racked: 2010-03-28 17:29