ウォーロード 男たちの誓い (2008)

[492]ジェット・リーがアンディ・ラウを相手に最高の演技を見せた…?


画像


ご無沙汰して申し訳ありませ~ん(笑)。

時々、観てはいるんだけどさ、
いまけっこう書く時間がなくて…。

これ、久しぶりに
アンディ・ラウに会いたくなって観たんだけどさ、
びっくりしたあ。

なにがって…、
いやあ、ジェット・リーがもうめちゃくちゃいいのよ!
好きなアンディ・ラウがちょっと小さく見えてしまうくらい…。

いやいや、これまで私が観た中で、
この作品のジェット・リーがいちばんいいかも…!

役は、清朝軍の将軍パン…。

でも舞台が壊滅に追いやられてさ迷ってるとき、
リィエンという女に命を助けられるの。

画像


そのリィエンの夫はアルフといって、盗賊団のリーダー。
盗賊団というより義賊集団って感じなんだけどさ、
そのアルフをアンディ・ラウがやってんのよね。

で、アルフを慕うウーヤンという青年(金城武)がいるんだけど、
バンがそのアルフとウーヤンを誘って、
朝廷に仕えて、次々に各地の敵軍を滅ぼしていき、
出世していく…?

でも、アルフは次第にバンのやりかたに馴染めなくなって…、
みたいなお話なんだけど、

ジェット・リーから
「いいひと」「正義」みたいなイメージが
もう完全に払拭されてるんだよねえ…。

アルフの妻であるにもかかわらず、
リィエンを強引に自分の女にしようみたいな…?(笑)

いやあ、そういう汚れ役のジェット・リーなんて見なかったからさ。
見ても、なんか無理しちゃってる印象が拭いきれなかった…?

最後はわたしのアンディ・ラウを
地獄に突き落とすみたいな感じがあって、
ムムッ、こいつ、ほんま悪いやっちゃでみたいな…?

ちょっとやそっとではビクともしないはずの
私のアンディがなんか可愛そうに見えちゃうような…(笑)。

画像


まあ、ここのところ、
ジェット・リーがちょっと変わりつつあるよなとは思ってたんだけど、
この作品はすごい!

遅まきながらジェット・リーがみこどに変貌とげてて、
わたしゃもう大拍手だったぜ…!

金城武もいいよお。

正直言って、
若い頃、そんなに魅力的な俳優だとは
思ってなかったんだけどさ…、ゴメンね…(笑)。

かれ、なんでかずっと大物俳優、いい俳優と一緒にやってて、
そういう俳優たちからどんどんいいものを吸収してってる感じ…?

いやいや、トシとったら
めちゃくちゃいい俳優になるんじゃないかって気がしたなあ。

なんつうても、
彼、めちゃくちゃ素直なとこ持ってるもんね。
偉いよねえ…!

戦闘シーンもけっこう面白いので、時間があったらぜひ…!

●テプンさん
返信が遅くなってホントに申し訳ありません。
ジェット・リー、もともと好きなんですけど、惚れ直したよ!
って感じでした…(笑)。
テプンさんは以前から「ダニー・ザ・ドッグ」からもっとよくなったと
おっしゃってましたよね。残念ながら、まだ観てないんですけど、
おとなになってから(?)ホントよくなりましたねえ。
共演してるわたしのアンディ・ラウがちょっと霞んじゃって…(笑)。
公開時、話題にならなかったそうですが、「?」ですね。
日本人の自転車操業感覚は、映画や俳優たちにまで
及んでるんじゃないでしょうか。ただ、新し好きというか…。
もちろん観客動員と作品の良し悪しはまったく関係ないです。
とくに日本はひどいもんです…(笑)。

●ソルロンタンさん
はいはい、おひさじりで~す…!(笑)
嬉しくなっちゃって文字間違えました、そのままにしておきます(笑)。
「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ(天地争覇)」、
わたしも観てます、DVDですが…。
あれもすごかったけど、ぜひ変貌したジェット・リ観てくださいね!
わたしもアメリカに飼いならされて、
すっかりジェット・リーの名に馴染んじゃってますが(笑)、
そろそろリー・リンチェイと呼んだほうがいいですね。
この作品観て、とくにそう思いました。
もうリー・リンチェイのほうがピッタリくると言うか…。
え~と、わたしの大好きなアンディですが、リー・リンチェイの前に出ると、
ちょっと線の細さが気になっちゃったといいますか…(笑)。

●まっぴさん
ジェット・リー、
近年は、また若い頃と違った魅力を放ってるように思います。
ブログ、拝見したのですが、どこに書き込めばよいのか、
わからず引返してきました。どうもPCに弱くて…。
また覗いてみますね。
このコメントをお読みいただいている方も
応援していただけると嬉しいです…。

ありがとうございました。

クリッとしていただけると嬉しいです
顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。
ダンジョンRPG エクスシリーズ最大30%OFFセール実施中


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

ブログん家


■126分 中国/香港 アクション/アドベンチャー/歴史劇

監督: ピーター・チャン
共同監督: イップ・ワイマン
アクション監督: チン・シウトン
製作: アンドレ・モーガン ピーター・チャン
脚本: スー・ラン チュン・ティンナム オーブリー・ラム
撮影: アーサー・ウォン
衣装: イー・チュンマン
音楽: ピーター・カム チャン・クォンウィン

出演
ジェット・リー パン・チンユン
アンディ・ラウ ツァオ・アルフ
金城武 チャン・ウーヤン
シュー・ジンレイ リィエン
グオ・シャオドン 蘇州城主ホアン

ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の豪華共演で贈る歴史アクション大作。清朝末期の中国を舞台に、義兄弟の契りを交わした3人の男たちの熱き友情と彼らが辿る悲劇的な運命が、圧倒的スケールの戦闘シーンと三者三様の葛藤が交錯する感動の人間ドラマで描かれてゆく。監督は「君さえいれば/金枝玉葉」「ウィンター・ソング」のピーター・チャン。
19世紀末期。清朝軍の将軍だったパンは自分の部隊を全滅に追いやられ、失意の中で荒野を彷徨う。そんな時、謎の女リィエンと出会い、心癒やされる。しかし、翌朝すでにリィエンの姿はなく、その後パンは、盗賊団のリーダー、アルフと彼を兄のように慕う男ウーヤンと遭遇する。彼はそこで、あのリィエンと再会する。彼女はアルフの妻だった。そんな中、盗賊団の過酷な境遇を目の当たりにしたパンは、生き抜くためには軍隊として朝廷に仕えることが最善と訴え、アルフに受け入れられる。こうしてパン、アルフ、ウーヤンは義兄弟の契り“投名状”を交わし、運命を共にすると固く誓い合うが…。

この記事へのコメント

テプン
2010年04月22日 23:00
哲さん、ジェット君を誉めてくれてありがとうです!!
この映画が公開される頃ファンの間で興行成績次第でジェット君の映画が日本で公開されるのはこれが最後になるかも・・と言われていて複雑な気持ちでした。
公開後あまり話題にならなくて寂しかったです。こっちの映画館でも公開されなかった気がします。
私は『ダニー・ザ・ドッグ』でジェット君は大人の俳優としてすごくなったと思ってるのです。
あの深い皺も年齢にふさわしいいい顔になったと思います。そんなジェット君のこれからの作品がもしかしたらDVDでしか観られない、ファンとしてはなんともやるせないです。
哲さん、興行成績だけが映画の出来の良し悪しではないですよね!?
ソルロンタン
2010年04月25日 14:25
お久しぶりです。韓国映画&イ・ビョンホン熱血ファンで且つアジア映画ファンです。

ジェット・リー(ハリウッド大手スタジオの要求で多分こんな芸名になってしまったリー・リンチェイ)の作品、ここ数年地元コシヒカリの里では一般公開ありません。

05年新潟国際映画祭の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ(天地争覇)」(92年、ツイ・ハーク監督)でリー・リンチェイを初めて見ました。紫禁城や野外での超絶バトルに呆然!唖然!
同映画祭ではもう一つ主演作「方世玉Ⅱ(電光飛龍)」も上映され、ジョセフィン・チャオ(世玉の母親役)、ミッシェル・リーもその強さはハンパでないんです。

年齢を重ねて本当にいい顔になって来ましたね。
大好きなアンディ・ラウを地獄に突き落とすなんて、超楽しみです。この連休はDVD三昧の予定なので明日会社近くのレンタルショップで借りてきます。

興行成績だけが映画の出来の良し悪しではないと、きっぱり言い切れる自信があります!(自信過剰かな^^)
まっぴ
2010年10月11日 20:06
山崎哲さん、はじめまして。突然の紹介で失礼します。


ジェット・リーがアクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が今年中国・香港・台湾などで公開されました。

ジェット・リーは脚本に感動し、ほぼノーギャラでこの映画への出演を決めたそうです。

この映画の音楽担当は、ジブリ映画などでおなじみの久石譲さんです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があるのか、日本での公開はまだ決まっていません。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』という活動を以下サイトで行っていて、ネットで賛同メッセージ(署名)を集め、映画配給会社に提出するそうです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
「海洋天堂」の日本公開に賛同される方は、ぜひ賛同メッセージをお願いします。



以下は、映画「海洋天堂」のストーリーです。

水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。
大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。
大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。
そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…


予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8

この記事へのトラックバック