美しい彼女 (1997) 最終話__3

[507]ジュンホは光を見た。とても懐かしい光を…。


画像


会場は、観衆の歓声に包み込まれていた…。

画像


ジュンホは花道を渡った…。
花道とは、生の国と、死の国とをつなぐ道のことだ。

画像


ジュンホがリングに上がると、ドンスが言った。

画像


「見えるか、チョさんが見守ってるぞ」…。

たしかに見える。
ここは…、リングの上は賽の河原だから…。
ジュンホは頷いた。

「いつも一緒だ。チャンピオンに返り咲くんだ」

画像

画像


レフリーに呼ばれた。
ミニョクがジュンホの首を洗う仕草を繰り返した…。

画像


ジュンホはミニョクに昔の自分を見て、頬が緩んだ…。

画像


ゴングが鳴り、死闘が始まった…。

画像

画像

画像


コーナーに戻ったジュンホにドンスは指示を与えた。
ステップを使え。
やつを疲れさせて後半戦に持ち込むんだ…。

画像

画像

画像


ラウンドが終わるたびにミニョクはジュンホを挑発した。

画像


ジュンホは心の中で言った。
殴れ、ミニョク。おれをもっと殴れ。
殴って、殴って、殴りまくってこい…。

おまえがこれまで殴られてきた数は、
そんなものではないはずだ。
その数までおれを殴れ。おれに倍返ししろ…。

代わりに、いいか、街のひとを殴るな、もう…。
おれの真似をするな、絶対に…。

画像


殴られるたびに、ジュンホには見えた。
ミニョクが自分に差し出している「手」が…。

画像


こいつの手を握ってやれるのはおれしかいない。
おれに…、ソニョンしかいなかったように…。
ジュンホはそう信じていた…。

画像

画像


ソニョンは控え室でただ祈っていた。
廊下の向こうから、
洪水のように溢れてくる歓声に飲み込まれながら…。

画像


ドンスは言った。
7ラウンドに賭けるぞ、と…。

画像


だがジュンホの目はもう霞んでいた…。

画像


ミニョクが猛然とラッシュをかけてきた。

画像


ジュンは控え室を飛び出した。

画像

画像

画像


パクおばさんは試合を見ていられず、
「人殺しだ」と言ってテレビを切った…。

画像


場内に駆けつけたジュンが見たのは、
コーナーに追い詰められて
サンドバッグのように殴られつづけるパパの姿だった。
思わず目を覆った…。

画像


ジュンホに、光が見えた…。
自分が…、まぶしい光の中にいた…。

画像


なんだろう、この光は…?
ジュンホにはわからなかった…。

画像


ただ…、
どこかとても懐かしい光だと思った…。

画像


ジュンは顔をあげた。
そしてリングを見つめると、叫んだ。

「アボジ(パパ)…!」


●macchanさん
私なんか間違うのしょっちゅうです。ご安心を。
しかし、緊張することはなにもないと思うのですが…(笑)。
「ここの」ジュンホが好きというのは、まさか
このボクシング・シーンの…、ということではないですよね?(笑)

●チュモニさん
そうですね。ホクシングほど男のスポーツはないかもしれませんね。
「美しい彼女」を私が略奪? 
あ、しようと、してるかもしんないです。すいません(笑)。
え? え? え?
あの「チューリップ組」「ゆり組」って、
私にはさっぱりなんのことだかわからないのですが…。
よかったらあとでこっそり教えていただけますか?(笑)

ありがとうございました。

クリッとしていただけると嬉しいです
サロン専売品が最大40%OFF♪
メタボ対策ハラマキ登場!おなかスリマー


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


ブログん家


■韓国ドラマ 1997年

演出: イ・ジャンス
脚本: キム・ヒョソン クォン・ユンギョン
音楽: チェ・ギョンシク

出演
イ・ビョンホン ・・・ファン・ジュンホ
シム・ウナ・・・ ・・ユ・ソニョン
キム・ミンサン・・・キム・ジュン
ユ・ヒョンジ・・・・・キム・ウォン
ソン・スンホン・・・イ・ミニョク
オ・ジミョン ・・・・・ユ医院長
キム・スミ ・・・・・・パクおばさん
ソン・オクスク・・・・チャン・スンジャ
ソン・ジェホ・・・・・チョ

画像画像画像









画像画像画像

画像画像画像

ドンスをマネージャーに迎え、かつての教え子ミニョクとの世界タイトル防衛戦に臨む。
家族4人で写真を撮り、ジュンホはジュンを伴って減量合宿に入った。試合が終わったら実の母に打ち明けること、4人で故郷かもしれない春川に行くことと祖ノンに約束する。
試合当日、激しい打ち合いで進む中リング脇で泣きながら叫ぶジュンに奮い立たされジュンホはチャンピオンベルトを取り戻す。
家に戻って皆が祝福する中、ジュンホは床に倒れ込んだ。
試合前にジュンに渡した写真でパクは捨てた息子がジュンホであることを知る。
ついに自分の母にめぐり逢い居場所を見つけたジュンホはソニョンの傍で静かに息を引き取る。

この記事へのコメント

macchan
2010年08月12日 01:49
 ご丁寧な、暖かい返信を有難うございました。それなのに、昨日はよほど緊張していたらしく、自分の名前を間違えてしまいました。”h”が抜けていました。小心者ですいません。

 もう、最終話ですね。
わたしはただうん、うん、ジュンホそうだよねと肯くだけです。
 数え切れないくらいジュンホを見てきましたが、ここのジュンホが今までで一番身近に感じます。ジュンホと一緒にいられてとても幸せです。

 本当にありがとうございます。
チュモニ
2010年08月12日 09:26
ボクシングは「男の世界」、悔しいけど入って行けない・・・。
『美しい彼女』を山崎さんに略奪されたような気さえして、ジェラシーを感じています。(笑)

初見の時は「穴ぼこ、いっぱい」のドラマに、目がテン!
『アラ捜しをしたがる向き』の冷ややかな視線を想像するだにテンションが下がって・・・。
主役の二人は勿論のこと、キャスト・スタッフの力量を考えれば、もっと高く評価されていいはずなのに「時間に追われ、凡ミスぽろぽろ」のおかげで「韓国ドラマなんて、こんなもの」と思われるのが、とても残念で・・・。
でも、プロの方の「パワフルな応援」は、実に心強かった!
年季の入ったビョンホン・ファンは、後発の?山崎さんにスイッと追い抜かれ、「こうやって楽しめばいいんだよ」と大きな手で引っ張っていただくという展開に・・・。
心ならずもこの作品をパスされた『チューリップ組』?さん達にとって、山崎さんのこの解説・レビユーは何よりの「宝物」になることと思います。(もちろん、「早送りしないとダメ」という私達『ゆり組』??にとっても・・・。)
心から感謝いたします。
「ラストのラスト」楽しみにお待ちしております。

この記事へのトラックバック