美しい彼女 (1997) 4話

[507]今回はちょっと休憩してMVふうにしてみたのかな…?

画像


え……………?

え……………?

これ、「美しい彼女」だよね、
きのうまでわたしが観てた……?
つづきだよね、3話の……?

だよなあ、ビョンホン出てるし、シム・ウナ出てるし…。
話もいちおう展開はしてるし…。

でも、なんか急にトーン違くない?
ちょと気の抜けたMV(ミュージック・ビデオ)みたいなんだけど…。

あ、そうか。
きっと夏風邪ひいたんだね、ディレクターさん、わたしみたく…。
で、体調がひどくて、ちょっと一休みしたんだよ。

うん。しょうがないよね、夏風邪じゃ、
いくら天才ディレクターでも…。

わたしも一休みみたいな感じで、
サ、サ~ッと軽く行くしかないよね…(笑)。

画像


父親・ユ医院長の逆鱗に触れて、
ソニョン、家を出ていくしかなくなったのね、その晩。
あまりにも唐突な感じがしないでもないけど(笑)、
これそのシーン…。

娘ウォンはおかあさんと一緒に行くんだけど、
息子ジュンたら、

「ボクは先行き心配だからじいちゃんとこに残る。
ウォン、おまえ、ママをあのボクサーから守るんだぞ」
だって…(笑)。

画像


玄関出て、さっそく路頭に迷ってると、
パクおばさんが心配して出てきて言うんだよね。
「今夜はとりあえずうちに泊まりなさい。
ただし女二人だけ、うちは女所帯だから」って…。

ジュンホ、一瞬喜ぶんだよね。
「うわあ、すごい、よかったあ。
ボクのお嫁さんになったソニョンが、
はじめてボクのおかあさんと一緒に寝る。
記念すべき夜になったなあ」って…。

もちろん口に出すわけじゃないんだけどさ…(笑)。

おまけにジョンホ見て、
「あんた、どこかで会ったことがあるわね」って言うもんだから、

一瞬、おかあさん思い出してくれのかな、オレのことって、
「ファン・ジュンホです」って期待して言うと、

パクおばさんたらば、
「あ、テレビで見たボクサーね」って言ったあと、

「しょうがないわよ、あんた。
そりゃおとうさんにしてみれば、
あんたみたいな男より、医者と結婚してほしいって思うわよ。
それが親ってものよ」だって…(笑)。

え~~っ!? な、なんで知ってるのよ、内輪話。
おばさん、玄関で盗み聞きしてたのかよって、
おいら、思わず叫びそうになっちゃったぜい…(笑)。

画像


チョ・コーチを真ん中に、ジュンホとドンス…。

ドンスはウェルター級の現世界チャンピオン。
で、ジュンホが次に戦う相手…。

ふたりともチョ・コーチが自分のジムで育てたの。
でもチョさん、スンジャ・プロモーターに売ったんだよね、ふたりを。
どんなに有能なボクサーでも、
試合に出ないとどうしようもないわけだからさ…。

チョさん、それで酔ったあげく、
ふたり捕まえて言い聞かすんだよね、自分の思いを…。

ようわからんシーンなんやけど、なんでもええわ。
好きなソン・ジェホ、けっこうたっぷり見れたから…!(笑)

画像


ついでと言っちゃなんだけど、
ドンスと、顔は見えないけどチョさんの例の娘…。

ふたりの演歌的悲恋のシーン。

どうなってんだかさっぱり話はわからないんだけどさ(笑)、
ふたりともカッコいいから、これもヨシとしようよね…(笑)。

画像


ホテル暮らしをはじめたソニョンのところへ、
ある日、息子のジュンが遊びに来たんだけどさ。

おやじにすぐ帰ってこいって怒られて、
それでジュンホが送ってくのね、ジュンを家まで。

と、ジュン、言うのよ。
「ボク、おじさん、嫌いだからね」…。

この、クソ餓鬼~っだよねえ…(笑)。

画像


で、追い討ちかけるように、
「ボクのご機嫌とろうとしたってダメだよ~」だって…(笑)。

画像


だめだ、こりゃ。
ビョンホンも思わず芝居やめて楽しんでらあ…(笑)。

しかし、まあ、憎ったらしくて超かわいいぜ、ジュン…!

画像


これ…?

ソニョン、やっぱりお嬢さん育ちなんだよね。
高級ホテル暮らし始めちゃうもんだから、
お金、すぐ底ついちゃうんだよね。

ひとのいい、あの元婚約者サンミンが
おやじさんに内緒でお金持ってきてくれたりするんだけど、
それもすぐなくなっちゃうしさ。

で、ジュンホ、なんとかしなくちゃってやったのが、
元やってた取立て屋で、そのシーン…。

ゲッ、いくらなんでもあんた、
東洋チャンピオンがそんなことやっていいのかよ、
って驚いちゃうよねえ…(笑)。

で、サツに捕まっちゃって、
スンジャ・プロモーターが引き取りに来てくれるんだけど、
だ、大丈夫なのかよ、韓国のボクシング界って、
おいら、ちょっとそっちまで心配になってきたぜい…(笑)。

それにさ、ジュンホ、金がない金がないっていうけど、
ファイトマネーはどうなってんのよ、
東洋戦で得たはずのファイトマネーは…?

もしかして全然もらってないわけ?
全部こいつが、この女が持っていったわけ…?

そんなに悪い女にも見えないんだけど、色気あるし…?(笑)

画像


結局、ソニョン、ジム暮らし…(笑)。
おまけに、シム・ウナ、なんか似合ってたりして、
ジムのおかみさんに…(笑)。

画像


でも、それじゃドラマにならないから、
結局、おやじさんが見かねて強引に連れて帰るんだよね。

娘が欲しかったら世界チャンピオンになって迎えに来い、
ってセリフ残して…。

そう、4話は結局そういう話…。
そういう展開に持って行きたかっただけ…?(笑)

あ…、これ、その車をジュンホが追っかけるシーンだよ。

画像


ジャン!

始まったみたいなのよ、
いきなりドンスとジュンホの因縁の世界戦が…!
だよね…?

で、ゴングが鳴って、
控え室の廊下にいたソニョンが思わず顔をあげたところ…?

次回は超期待してるからね、ディレクターさん。
はやく夏風邪なおしてねっ…!(笑)

●チュモニさん
大丈夫ですよ~、めげてませんよ~、怒ってませんよ~…(笑)。
この話、なんだかんだ言いながらも、けっこう楽しんでみました。
ビョンホンとシム・ウナですから…(笑)。
いや、今回は子どもふたりが主役でしたね(笑)。
しかしチュモニさん、「子どもたちの赤提灯」たあ、いいですねえ!

●shidarezakuraさん
ドンスとチョさんの娘との恋、なんだか知らないけど、
気になりますねえ…(笑)。これからなにか起こるんでしょうか?
ビョンホンのおとうさんにたいする想いの話、
よく耳にしますけど、本人、ほかにどういうことを言ってるのか、
ちょっと興味ありますね…。

ありがとうございました。

クリッとしていただけると嬉しいです!
ノブビューティークリニック大阪院&東京院
本気の鳶職人が身にまとう作業着、鳶革命.com

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


ブログん家


■韓国ドラマ 1997年

演出: イ・ジャンス
脚本: キム・ヒョソン クォン・ユンギョン
音楽: チェ・ギョンシク

出演
イ・ビョンホン ・・・ファン・ジュンホ
シム・ウナ・・・ ・・ユ・ソニョン
キム・ミンサン・・・キム・ジュン
ユ・ヒョンジ・・・・・キム・ウォン
ソン・スンホン・・・イ・ミニョク
オ・ジミョン ・・・・・ユ医院長
キム・スミ ・・・・・・パクおばさん
ソン・オクスク・・・・チャン・スンジャ
ソン・ジェホ・・・・・チョ

画像画像画像









画像画像画像

画像画像画像

「ジュンホさんと結婚します」。
ソニョンの言葉は父親を激怒させ息子ジュンの反発をかってしまう。娘のウォンと共に家を出たソニョンはホテル暮らしを始める。最初の思惑とは違い貯金もすぐに底をつき、援助してくれたサンミンのお金も足りなかったホテル代と消え、結局ジュンホのジムで生活することになった。
自分のふがいなさからと責任を感じるジュンホは金を工面するために再び取り立て屋の手伝いをする。
チャン会長が身元引受人となり警察から釈放されジュンホがジムに戻ってみると、まさにソニョンは父親に連れ戻されようとするところだった。 ジム生活で不便を感じていたウォンが祖父に嘘泣きの電話をし怒りを納めると迎えに来てもらえるよう居場所を伝えたのだった。
「世界チャンピオンになったら迎えに来い。」
二人の結婚には世界チャンピオンの称号が必須条件になった。

この記事へのコメント

チュモニ
2010年08月01日 22:11
強引にお勧めできなかったわけをお察しください。(笑)
山崎さん、ここでメゲてはなりませんぞ。
この先なんか、そりゃあもう・・・。(なんて、ちょっと脅かしちゃいました。夏風邪が治られたばかりなので、ペース・ダウンしていただきたくて・・・。)

ジュン君にツンケンされた時のジュンホ(ビョンホンさん)の笑顔は「本当に子ども好きな、懐の深い大人にだけできるもの」という気がします。(長年『子どもたちの赤提灯』を自認してきた甘~いオバちゃんの、つぶやきです。)
shidarezakura
2010年08月02日 14:36
「ふたりの演歌的悲恋シーン」・・・ウケマシタ(笑)ソン・ジェホさんの娘役の人もなんともいいですよね。
「美しい彼女」で初めて見たかのようなジュンホの笑顔!ジュンの出番の始まりです。

ビョンホンさんの人に対する思いの深さ、愛の深さ・・・お母さんの事も大好きなようですが、お父さんに対する思いは特別なものがあるように言葉の端々から感じています。
とても器の大きい方だったようで、いたずら好きなビョンホンさんにとって常に信頼できる味方でいてくださった。その辺でしょうか?当たらずといえども遠からず?(笑)

この記事へのトラックバック