溝口健二__監督

■溝口健二(日本)

1898年5月16日 - 1956年8月24日、東京都出身。
女性を主人公に据えた情緒的な作品が多い。
黒澤明、小津安二郎、成瀬巳喜男らと並び称される
日本映画の巨匠の一人である。

画像


監督

1956 赤線地帯  
1955 楊貴妃  
1955 新・平家物語  
1954 近松物語  
1954 山椒大夫  
1954 噂の女  
1953 雨月物語  
1953 祇園囃子  
1952 西鶴一代女  
1951 お遊さま  
1951 武蔵野夫人  
1950 雪夫人絵図  
1949 わが恋は燃えぬ  
1948 夜の女たち  
1947 女優須磨子の恋  
1946 女性の勝利  
1946 歌麿をめぐる五人の女  
1945 名刀美女丸  
1945 必勝歌 
1944 団十郎三代  
1944 宮本武蔵  
1942 元禄忠臣蔵  
1941 芸道一代男  
1941 元禄忠臣蔵   
1940 浪花女  
1939 残菊物語 
1938 露営の歌  
1938 あゝ故郷 
1937 愛怨峡  
1936 浪華悲歌  
1936 祇園の姉妹  
1935 折鶴お千  
1935 マリヤのお雪  
1935 虞美人草  
1933 瀧の白糸  
1930 藤原義江のふるさと  


東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草)に生まれる。父が日露戦争時に軍隊用雨合羽の製造をやって失敗、そのため健二は幼少時から非常な辛酸を嘗める。
旧制小学校卒業後、浴衣の図案化に奉公し、姉の援助を受けて黒田清輝主催の東京葵橋洋画研究所に学ぶ。1918年(大正7年)に神戸又新日報社に広告図案係として就職したが僅か1年で退職。姉の家に居候しながら映画やオペラ、文学にひたり、日活の俳優であった富岡正の知遇を得、1920年(大正9年)に日活向島撮影所に入社。監督助手として小口忠や田中栄三らについたのを経て、1923年(大正12年)2月、先輩監督の若山治のオリジナル脚本による『愛に甦る日』で24歳にして映画監督デビューを果たしたが、貧乏生活の描写が余りにも写実的過ぎて検閲で大幅にカットされ、やむなくつなぎで琵琶劇を入れて公開したという。同年は一年のうちに10作を製作するなど多作なところを見せ、その内容も探偵劇から表現主義風まで様々で、『敗残の唄は悲し』で新進監督として認められた。同年9月1日の関東大震災のため京都の日活大将軍撮影所に移り、『峠の唄』 『大地は微笑む』などの佳作を手がけたが、1925年(大正14年)『赤い夕日に照らされて』を撮影中に痴話喧嘩のもつれから、恋人であり同棲中の雇女(別れた後、貧しさのため娼婦となる)に背中を剃刀で斬られるという事件を起こし、しばらく謹慎処分となる。以後女性をテーマにした作品に独特の感覚を発揮するようになる。

復帰後の1926年(大正15年)に下町の情緒を下敷きにした女性劇の佳作『紙人形 春の囁き』 『狂恋の女師匠』を発表してからは女性を描く独特の感性にさらに磨きをかけ、1930年(昭和5年)『唐人お吉』などが好評を博した。この間、昭和初期の左翼思想の高揚に乗じて『都会交響楽』 『しかも彼等は行く』などの傾向映画も監督してリアリズム追求に邁進したが、溝口自身は左翼思想の持ち主でもなく、プロレタリア運動が退潮後の7年には新興キネマに招かれて国策映画『満蒙建国の黎明』を撮り、変わり身の早いところも見せている。

1933年(昭和8年)、日活を辞め入江たか子の入江ぷろだくしょんで仕事をするようになり、泉鏡花原作の情緒の世界を入り江たか子主演で描いた『瀧の白糸』が大ヒットし、キネマ旬報ベスト2位に入った。1934年(昭和9年)、永田雅一が設立した第一映画社に参加し、山田五十鈴出演で泉鏡花原作の『折鶴お千』、脚本家依田義賢とはじめて組んだ『浪華悲歌』、京都の祇園を舞台にした傑作『祇園の姉妹』を発表して名声を高めた。

同社が経営悪化のため解散した後は新興キネマを経て、松竹下加茂撮影所に移り、村松梢風原作の『残菊物語』、初めて田中絹代を自作に迎えた『浪花女』、旧制小学校時代からの旧友・川口松太郎原作の『芸道一代男』など秀作を連発したが、1941年(昭和16年)から1942年にかけて長い撮影期間と破格の費用をかけて真山青果の『元禄忠臣蔵』前後編を手がけた。同作では、松の廊下を完全に再現したという大掛かりなセットが注目を集めて文部大臣特別賞を受けた[要出典]ものの、興行的には大失敗するという苦汁を嘗める。

第二次世界大戦後の1946年(昭和21年)に絹代出演の民主主義的映画『女性の勝利』で復帰したが、『元禄忠臣蔵』での大失敗が尾を引いたのか不調が続いた。1949年(昭和24年)、戦争で夫を亡くし敗戦後の生活苦から娼婦に堕していく女性のシビアに描いた『夜の女たち』で長きスランプから復調。その後は舟橋聖一原作の『雪夫人絵図』、谷崎潤一郎原作の『お遊さま』、大岡昇平原作の『武蔵野夫人』といった文芸映画を作り、1952年(昭和27年)には井原西鶴の『好色一代女』を基に絹代出演で撮った『西鶴一代女』を製作。当初国内ではベストテン9位の評価だったが、ヴェネツィア国際映画祭に出品されるや海外の映画関係者から絶賛され、サンマルコ銀獅子賞を受賞。ここから国内でも溝口の評価が変わる。さらに1953年(昭和28年)には、上田秋成の原作を幽玄な美で表現した自信作『雨月物語』が同映画祭でサンマルコ銀獅子賞1位を獲得 (この年は金獅子賞の該当作がなく、本作が実質の最高位であった)。この頃から日本国外にも熱烈な溝口ファンが生まれ始め、1954年(昭和29年)にも森鴎外『山椒大夫』でも同映画祭サンマルコ銀獅子賞を受賞。3年連続の同映画祭の入賞を果たすという快挙を成し遂げ、一躍国際的に認知される映画監督となった。3年連続の同映画祭での入賞は、日本国内では他に類を見ない功績である。

1954年、『近松物語』で芸術選奨とブルーリボン賞監督賞を受賞。その後も『祇園囃子』 『噂の女』 『楊貴妃』 『新・平家物語』と優れた作品を生み出すが、1956年(昭和31年)売春防止法成立前の吉原の女たちを描いた『赤線地帯』が遺作となり、次回作『大阪物語』の準備中に体調を崩し、「ちょっと病院に行ってくる」と告げて病院に行くと白血病だとわかり急遽入院したが、その当時の医学では手の施しようがなく、そのまま回復に向かうことなくこの世を去った。享年58。
ジャン=リュック・ゴダールをはじめ、フランソワ・トリュフォー、エリック・ロメール、ベルナルド・ベルトルッチ、ジャック・リヴェット、ピエル・パオロ・パゾリーニ、ビクトル・エリセなどヌーヴェルヴァーグ世代のヨーロッパの映画作家に多大な影響を与えた。とりわけ溝口の墓参までしたゴダールの溝口への傾倒ぶりは有名で、「好きな監督を3人挙げると?」との問いに「ミゾグチ、ミゾグチ、ミゾグチ」と答えるほどだった。


西鶴一代女 [DVD] COS-050
Cosmo Contents

ユーザレビュー:
ひきこまれる大女優、 ...
白黒の映像におののく ...
白い肌に狂う鞭溝口監 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 西鶴一代女 [DVD] COS-050 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


雨月物語 [DVD]
Cosmo Contents

ユーザレビュー:
日本映画の再興どちら ...
日本映画でありながら ...
正直なところ...一 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 雨月物語 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

雪夫人絵図 [DVD] COS-051
Cosmo Contents

ユーザレビュー:
素敵な絵の数々これで ...
昼のメロドラマ 没落 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 雪夫人絵図 [DVD] COS-051 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック