深作欣二__監督

■深作欣二(日本)

1930年7月3日 - 2003年1月12日
茨城県水戸市出身、妻は女優の中原早苗。
映画監督の深作健太は実子。愛称は「サクさん」。

画像画像画像












監督作品
1961 風来坊探偵 赤い谷の惨劇
1961 風来坊探偵 岬を渡る黒い風
1961 ファンキーハットの快男児
1961 ファンキーハットの快男児 二千万円の腕
1961 白昼の無頼漢
1962 誇り高き挑戦
1962 ギャング対Gメン
1963 ギャング同盟
1964 ジャコ萬と鉄
1964 狼と豚と人間
1966 脅迫(おどし
1966 カミカゼ野郎 真昼の決斗
1966 北海の暴れ竜
1967 解散式
1968 博徒解散式
1968 黒蜥蜴
1968 恐喝こそわが人生
1968 ガンマー第3号 宇宙大作戦
1969 黒薔薇の館
1969 日本暴力団 組長
1970 血染の代紋
1970 君が若者なら
1970 トラ・トラ・トラ! TORA TORA TORA
1971 博徒外人部隊
1972 軍旗はためく下に
1972 現代やくざ 人斬り与太
1972 人斬り与太 狂犬三兄弟
仁義なき戦いシリーズ
1973 仁義なき戦い
1973 仁義なき戦い 広島死闘篇
1973 仁義なき戦い 代理戦争
1974 仁義なき戦い 頂上作戦
1974 仁義なき戦い 完結篇
1974 新仁義なき戦い
1975 新仁義なき戦い 組長の首
1976 新仁義なき戦い 組長最後の日
1975 仁義の墓場
1975 県警対組織暴力
1975 資金源強奪
1976 暴走パニック 大激突
1976 やくざの墓場 くちなしの花
1977 北陸代理戦争
1977 ドーベルマン刑事
1978 柳生一族の陰謀
1978 宇宙からのメッセージ
1978 赤穂城断絶
1980 復活の日 VIRUS
1981 青春の門(年)
1981 魔界転生
1982 道頓堀川
1982 蒲田行進曲
1983 人生劇場
1983 里見八犬伝
1984 上海バンスキング
1986 火宅の人
1987 必殺4 恨みはらします
1988 華の乱
1992 いつかギラギラする日
1994 忠臣蔵外伝 四谷怪談
1999 おもちゃ
2000 バトル・ロワイアル
2001 バトル・ロワイアル 【特別篇】
2002 クロックタワー3(PS2/ゲームイベントCGムービー)
2003 バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】


略歴
茨城大学教育学部附属中学校を卒業。水戸第一高等学校卒業後、日本大学藝術学部卒業。
1953年、東映に入社。
1961年、『風来坊探偵・赤い谷の惨劇』(千葉真一主演)で監督デビュー。『誇り高き挑戦』(鶴田浩二主演)で注目される。以後、『ジャコ萬と鉄』、『軍旗はためく下に』などの秀作を発表。
1970年、日米合作の大作『トラ・トラ・トラ!』の日本側監督を黒澤明が降板したため、後任となった舛田利雄から懇願され共同監督を引き受ける。
1973年から始まった『仁義なき戦い』(脚本笠原和夫、主演菅原文太)シリーズは、映画史に残る大ブームとなり、「実録映画」の第一人者の地位を不動のものとする。その後もテレビドラマ『傷だらけの天使』(2本を監督)、映画『柳生一族の陰謀』『魔界転生』『蒲田行進曲』『バトル・ロワイアル』など、発表する作品の多くが話題作となる。
1997年、紫綬褒章受章。
2002年中は、カプコンのプレイステーション2用ゲームソフト『クロックタワー3』のイベントCGムービーの監督として撮影(モーションキャプチャ収録)、これを撮り終えた(撮り終えたという意味ではこちらが遺作である)。
2003年1月12日、前立腺癌の脊椎転移のため死去、72歳没。後に勲四等旭日小綬章を贈られた。
深作は抗癌剤の投与を拒んだ。副作用による男性機能の低下を懸念したためである。
また、未完だった遺作『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』の監督は、プロデューサーを務めていた息子の深作健太に引き継がれた。

作風
暴力的な作品を撮る映画監督というイメージが強いが、本人が戦争という巨大な暴力を体験したことをきっかけに、暴力を描くことで暴力を否定しようという考えが根底にあり、決して暴力を肯定していたわけではない。だからこそ、様々な批判を受けても、最後まで作風を変えなかったと思われる。
またアクション映画の監督と見られがちだが、小松左京原作の『復活の日』や檀一雄原作の『火宅の人』の映像化、『柳生一族の陰謀』や『魔界転生』といった時代劇、『おもちゃ』のような文芸作品からSFまで、幅広い作品を残している。
これらの作品は国内のみならず、海外からも好評であり、『ガンマー第3号 宇宙大作戦』はMGM配給で、『宇宙からのメッセージ』はユナイト映画配給でそれぞれ米国で公開された。また、『バトル・ロワイアル』はフランスやイギリスなど海外でも注目をひき、香港では興行成績1位を記録した。クエンティン・タランティーノやジョン・ウーなどの著名な監督らは、彼を崇拝していることを明言している。
なお、全フィルモグラフィーのうち、『おもちゃ』以外の全ての作品で人が死ぬシーンがあり、死について生涯こだわり続けたことがうかがえる。

人物
映画作りに関しては相当にエネルギッシュな人物で、『仁義なき戦い』での演出は、ほとんど「行けー!!」「やれー!!」「死ねー!!」などの言葉で済ましていたそうである。深夜まで撮影が長引いたにもかかわらず、俳優達を引き連れて飲みに行き、翌朝からまた撮影に入るという生活を何ヶ月も続けたという伝説を残しており、多くの俳優は付き合うのが大変であった。ろくに寝られなかった俳優達は、脹れた顔を元に戻すために冷たいタオルをあてたり、腫れた瞼が目立たないようサングラスをかけるなどして、撮影に臨んでいた。朝に弱く、夜になると調子が出てきて、撮影が毎日深夜まで続くため、「深作組=深夜作業組の略」とも言われた。
千葉真一にとって深作は、かけがえのない師匠であり盟友だったが、千葉が1990年代以降、ハリウッドに挑戦していた時に「まだ1人でロサンゼルスに住んでいたころに、わざわざ来てくれてね。そのころまだ自炊をしていたので、自分で作った料理を食べてもらったんです。『おい、いつの間にこんなに料理がうまくなったんだ(笑い)』って言われましたよ。滞在中は、映画の話をたくさんしました」と述懐している。
干されていた室田日出男、大部屋でくすぶっていた川谷拓三、志賀勝らを抜擢し、「ピラニア軍団」として知らしめたことも有名である。またTHE BLUE HEARTSのファンで、彼らの歌が自分の映画の作風に似ていると感じていた。特に「1001のバイオリン」が好きで、深作の葬儀にこの曲が流された。

死去前後の出来事
2002年
9月25日 - 前立腺ガンの脊椎転移を公表。『バトル・ロワイアルII(仮題)』の製作を発表。
10月25日 - 前作公開時に舌戦を繰り広げた民主党衆議院議員の石井紘基が右翼活動家に自宅前で刺され死亡。
12月16日 - 『バトル・ロワイアルII(仮題)』撮影開始。
12月21日 - がんの骨転移の痛みから、放射線治療のため予定より2日早く入院。
12月23日 - 定期の放射線治療を受ける。
12月29日 - 体力の低下による風邪から肺炎を併発する。
12月31日 - 自力呼吸が困難になり、人工呼吸器を装着。一時危篤状態に。
2003年
1月初頭-小康状態に回復。
1月5日 - 深作健太が監督代行として、撮影を再開。
1月6日 - 深作健太が監督代行に正式決定。
1月7日 - 東映社長と深作健太が会見。同社長は深作欣二について2月初頭に復帰させたいと発言。
1月11日 - 夕方から容態が悪化。妻の中原早苗、息子健太や菅原文太らが病院へ。荻野目慶子も見舞を申し入れたが、妻の中原がこれを拒否。
1月12日 - 午前1時、死去。
1月16日 - 午後、築地本願寺で葬儀・告別式。菅原文太弔辞。千葉真一[1]など出演者やファンら約1100人参列。ジョン・ウーなど弔電約1000通。
1月18日 - 東大泉の東映撮影所で撮影再開。監督室に遺骨安置。
2月7日 - 政府、勲四等旭日小綬章授与を閣議決定。
3月10日 - 長崎県西彼杵郡での撮影現場をマスコミに公開。
3月12日 - ビートたけし参加シーンの撮影現場をマスコミに公開。
3月20日 - 横須賀市田浦町の水道施設「盛福寺管路ずい道」内でトンネルのシーンを撮影。
4月10日 - 俳優の出演するシーンの撮影が終了。
4月13日 - 東映本社でクランクアップ報告の記者会見。アフガニスタン・ヒンドゥークシュ地方での田園風景撮影計画を発表。
4月21日 - アフガニスタンで8日間に渡る撮影を開始。撮影対象は町並みに変更された。スタッフは5名で、予定されていた健太監督は同行せず。
5月18日 - 『バトル・ロワイアルII 【鎮魂歌】』のR-15指定が発表。
5月23日 - カンヌ国際映画祭の見本市にて、欧州8カ国と上映権契約締結。既に締結済みの5カ国とあわせ、13カ国に。
6月1日 - 鉄道駅や学校前などに「『殺しに行け』と先生が言った」というコピーの入った広告ポスターの掲示を開始。
6月6日 - 「抗議が殺到」したという理由で広告差し替えを発表。撤去開始。
6月22日 - 新宿の東京厚生年金会館で完成披露試写会。
7月3日 - 渋谷東映で公開前々夜祭。深作欣二の誕生日。
7月5日 - 全国261館で公開開始。深作健太、パート3製作の予定なしと発言。岡田茂社長、興収40億円を狙えると発言。
7月13日 - 公開8日目。観客動員50万人突破。


仁義なき戦い 第一部●監督:深作欣二//菅原文太/松方弘樹/田中邦衛  【中古】(ビデオ/VHS)[DD5-06[150-326]
リサイクルメディア館
■商品状態中古ビデオ[レンタル落ち] ※ケース交換をして配送しています■商品情報JAN:498810

楽天市場 by 仁義なき戦い 第一部●監督:深作欣二//菅原文太/松方弘樹/田中邦衛  【中古】(ビデオ/VHS)[DD5-06[150-326] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

SALE OFF!新品北米版DVD!深作欣二「仁義の墓場」!
RGB DVD STORE/SPORTS&CULTURE
【こちらの商品はお取り寄せ商品となります。入荷の目安:1?3週間】 ※万が一、メーカーに在庫が無い場

楽天市場 by SALE OFF!新品北米版DVD!深作欣二「仁義の墓場」! の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

仁義なき戦い 完結篇●監督:深作欣二//菅原文太/松方弘樹  【中古】(ビデオ/VHS)[DD5-03[150-323]
リサイクルメディア館
■商品状態中古ビデオ[レンタル落ち] ※ケース交換をして配送しています■商品情報JAN:498810

楽天市場 by 仁義なき戦い 完結篇●監督:深作欣二//菅原文太/松方弘樹  【中古】(ビデオ/VHS)[DD5-03[150-323] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント