昭和残侠伝 唐獅子牡丹 (1966)

[588]健さんと池部良さんの花道芝居に酔いしれたあの日あの頃
★★★★★★

画像


われらが健さん(高倉健)主演の映画。
シリーズ「昭和残侠伝」の2作目…。
ちなみに同シリーズは全9作…。

シリーズ最高の傑作ってわけじゃないんだけど、
たまたま本棚にあったので…。

ひさしぶりに健さんを観たいってのもあったけど、
亡くなった池部良さんを偲びたいと思って…。

そう。
これ、池部良さんなしには考えられないシリーズ。

ラスト、健さんが殴りこみに行こうとすると、
良さんが必ず二人同行するんだよね。
最大の見せ場…、場内大拍手…(感涙)。
みんなそのシーン観たくてこのシリーズ観てたのよ…?

ジャン…!

画像

どう、この2人の道行、痺れない…?
自ずとあの歌が聞こえてこない…?

 義理と人情を 秤にかけりゃ
 義理が重たい 男の世界
 幼なじみの 観音様にゃ
 俺の心は お見通し
 背中で吠えてる 唐獅子牡丹

画像

わたしより上の世代の方は、
池部良というと「青い山脈」とくるらしいんだけど、
わたしはもう真っ先に「昭和残侠伝」なんだよね。
しかも、この作品「唐獅子牡丹」…!

なんで…?
シリーズの中でもこの道行のシーンが最高に美しいから…。

画像

 親の意見を 承知ですねて
 曲りくねった 六区の風よ
 つもり重ねた 不幸のかずを
 何と詫びよか おふくろに
 背中で泣いてる 唐獅子牡丹

1作目は浅草が舞台。で、この2作目は宇都宮…。

なんで突然宇都宮なのか?
そりゃ、あんた、シリーズ化に備えて、
任侠の源・木枯らし紋次郎に敬意を表したのよ。

あ、信じちゃだめよ、
わたしが勝手にそう思い込んでるだけなんだから…(笑)。

しかし凄いよね、この俳優陣。
韓国のオールスター映画なんか目じゃないよね、
そんなのあったかどうか知らんけど…(笑)。

画像

菅原謙二…、私の小学生時代の超憧れの方。
あのころは、マジ、こういう顔になりたい、
こういう大人になりたいと思ってたのよ…(笑)。

画像

石切り場をもってる榊組の親分さんなんだけど、
左右田組に恩を借りた健さんが…、
花田秀次郎がこうやって斬り殺してしまうの(泣)。

菅原さん、このワンシーンだけ。
あとは遺影で登場するのみ…(泣)。

画像

右がその左右田組の親分…、水島道太郎さん。
左が河津さんの息子の山本麟一さん。
山本さん、アホ役でめちゃおかしいよ…(笑)。

画像

右は、秀さんの弟分の津川雅彦さん。

津川さんが、山本さんが惚れてた女と駆け落ちして、
2人で和食屋やるの。秀さんが足洗わせるの。
で、秀さん、左右田組に借りができて、
左右田組が潰そうと思ってる榊組の親分を殺ることになったわけ…。

画像

3年後、出所した秀さんが後悔して榊親分の墓参りをする。
そこで出会ったのがこの母子。
そう、榊親分の妻と子なんだけど、この女優さんは誰…?

三田佳子さんなのだあ…!(嬉)

この数十年後、赤テントで
時どき三田さんにお会いして一緒にお酒をいただくなんて、
この映画観てたころは夢にも思わなかったべ…。

生でご拝見しても(失礼)、
いやあ、すごくきれいで、わたしはお会いするたびにドキドキ…!

画像

その三田さんとこうやって対面してるのは、
あの芦田伸介さん…。

石材採掘請負業者たちをまとめる会長さんの役で、
身奇麗な榊組の面倒をなにかとみてるんだけど、
いやあ、私は痺れっぱなしだよねえ…。

画像

ここは、秀さんが三田さんに、
榊の親分を殺ってしまったのは私です、と謝り、
自分の愚かさを後悔するシーン…。

画像

榊組の親分の訃報を耳にして、
池部良さん演じる畑中が大陸から宇都宮に帰ってくる。

畑中、三田さんが好きだったの。
でも親分と三田さんが結婚することになったんで、
身を引いて、大陸を放浪してたんだよね。
で、馬賊と戦ったりしてた…。

昭和だよなあ…(笑)。

右は…、そう、
これまたわたしの大好きな花沢徳衛さん。
その風貌、セリフ術…、わたしはいまでも
嬉しくて抱きつきいて、頬擦りしたくなっちゃうんだけど…(泣)。

花沢さんは親分亡きあとの榊組を支えてる。
その花沢さんまで左右田組に殺られてしまう。
で、堪忍袋の切れた秀さんがひとり乗り込もうとする。

と、良さんが「秀さん、どちらへ…」と傘を差しだし、
二人同行する…。

でもでも、良さん、今回はなぜかすごく弱いの。
格好だけだったの、すぐ殺されちゃうの(笑)。

画像

え~っ! 監督さん、佐伯(清)さん、
とても馬賊相手に戦ってきた任侠者とは思えんぞお~…(泣)。

でも許そう。
良さん、死んでもすぐ次作で必ず蘇ってくるから…(笑)。

画像

画像

で、出たあ、唐獅子牡丹…!

 おぼろ月でも 隅田の水に
 昔ながらの 濁らぬ光り
 やがて夜明けの 来るそれまでは
 意地でささえる 夢ひとつ
 背中で呼んでる 唐獅子牡丹

見てよ、われらが健さん。
こんなに色気のある俳優、
日本じゃもう絶滅しちゃったよね…(笑)。
おとこのわたしらでも痺れるもんね…。

だれ? ビョンホンがいるだなんて言ってるひと…?
わたしはいま日本人の話をしてるんだべ(笑)。

あ、お断り。
健さんが歌うこの大ヒット曲、
じつはシリーズの作品ごと歌詞がちょっとずつ違うのよ。
懲り方が並みじゃないぜ、むかしのひとは…(嬉)。

で、左右田組を絶滅に追いやったあと、
秀さんはまた、坊やの知らない土地へと…。

画像

画像

画像

しかし、ほんとすごいよね。
わずか90分の映画なのに、中身、いやになるほど詰まってるの。
濃いの…(笑)。

しかもこの豪華な顔触れなんだよ。
おい、みんな、どうする…?(笑)

映像も、俳優も、ほんときれい。
ひとにも、美術にも、そして映像にも「かたち」がある。
勧善懲悪のひどく単純なストーリーには違いないんだけど、
「美意識」があるのよ。
いまのわたしらが失ってしまったもの…。

それさえわかればいいかな…。

画像

画像

画像

池部良さんのご冥福を
心よりお祈り申し上げます…。

ほんとに、良い映画を、
たくさんの映画をありがとうございました…。

■90分 東映 任侠/ヤクザ
監督 佐伯清
製作 俊藤浩滋 吉田達
脚本 山本英明 松本功
キャスト
花田秀次郎 高倉健
畑中圭吾 池部良
秋山八重 三田佳子
清川周平 津川雅彦
秋山幸太郎 菅原謙二
秋山和夫 保積ペペ
清川くみ 清水まゆみ
清川千代 赤木春恵
金子直治 花沢徳衛
助川武 松方弘樹
宮田留吉 田中春男
左右田寅松 水島道太郎
左右田弥市 山本麟一
左右田宗二 関山耕司
左右田徳三 今井健二
田代栄蔵 芦田伸介
田代忠七 沢彰謙
田代安川 織本順吉
田代幹治 北山達也

時は昭和初期。花田秀次郎は宇都宮の石材採掘請負業を営む左右田組(そうだぐみ)の客人であった。秀次郎の弟分である周平は、恋仲であるくみが左右田組親分の息子に惚れられていることを知りながら駆け落ちをする。秀次郎は駆け落ちは自分の差し金だと左右田組の親分に話を通しに行く。駆け落ちは許されたがその代わりに、同じく石材採掘請負業を営む対抗組織である榊組(さかきぐみ)の親分を斬る事を命ぜられ殺す。三年の刑期を終えた秀次郎は真っ先に榊組の親分の墓参りに行くが、墓前で偶然に榊組親分の妻子に出会う。左右田組の仁義のないやり方を出所後弟分である周平に聞かされていた秀次郎は、左右田組に痛めつけられている榊組の若い衆を助ける。

●昭和残侠伝ファンさん
ご訂正ありがとうございました。凄いですね。
いったんアップして、それからいつも読み直して間違いを
修正してるんですけど、その間にもう読まれちゃって、
コメントいただいたりして…!
私も健さんのファンなので嬉しかったです…。

●ザ・ヤクザさん
ご訂正ほんとにありがとうございます。
はい、ちょっと見には河津さんに似てますが、
間違いなく水島道太郎さんですね。
ウキィペディアを引用したとき、たしかめもせず
そのままコピーペーストしてしまったんだと思います。

ありがとうございました。

  
クリッとしていただけると嬉しいです!
先着で楽器がもらえちゃう!EYS音楽教室
1年間会費無料の仕入サイトTOCバイヤーズネット
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログん家

この記事へのコメント

昭和残侠伝ファン
2010年10月25日 15:14
穂積ペペって三田佳子の子供役の男の子ですよ。よ
ザ・ヤクザ
2012年08月31日 13:33
ウキィペディアも間違っているけど、左右田組の親分は河津清三郎さんではなく水島道太郎さんだと思います。
佐伯眞魚
2014年11月25日 10:08
ここに引用されている歌詞、二つともキングレコード版ですね? 映画の中では異なる歌詞を歌っています『唐獅子牡丹BGM版』

この記事へのトラックバック