Mirror 鏡の中 (2003)

[623]オタク的世界をやらせたらユ・ジテの右に出るものはいないかも
★★★★☆☆

画像


お正月に観た作品…。
溜まってるね(笑)。

「ナチュラル・シティ」がすごく面白かったので。
お目当てはもちろんユ・ジテ。
あの情けなさそうな眉にけっこう嵌ったのかも…(笑)。

うん、俳優(人間)ってすごいよね。
俳優(人間)自身が、どんなに優れた作品よりもすでに優れた
1本の作品って感じ…(笑)。

画像

ユ・ジテ…、相変わらず情けない(笑)。

この顔に出会うと、
「おい、どうした? 大丈夫か?」って、
どうしても近づいて声かけたくなっちゃうんだよね。

そうやってすでにユ・ジテにアジられてるんだろうな。
わかっちゃいるんだけどさ…(笑)。

この映画の中にも私と似たようなひとがいる。
このひと…。

画像

おいらのキ・ジュボンなのだあ…(笑)。

あるデパートの社長で、
同デパートの警備室長ヨンミンをやっているユ・ジテの
叔父さん。

ユ・ジテは元刑事。
でも「鏡射殺事件」で同僚を失い、ショックで辞職。

で、叔父さんのキ・ジュボンが
ジテをデパートの警備室長として雇ってくれたわけ…。

画像

こういう凹凸コンビ、いいよね、最高…。

甥っ子のジテのこと、
「ドジ、マヌケ」なんてボロクソに言ってるんだけど、
ほんとはいい叔父さんなんだよ(笑)。

うん、可愛そうな叔父さんなの…(泣)。

以前、デパートが火事で焼けたのね。
しかもその中から女性社員の焼死体が発見された。
デパートはしばらく閉鎖…。

ようやく再オープンにこぎつけたものの、
またデパートで事件が…。
そうなのよ、社員が次々に殺されちゃうんだよね。

当然、捜査が入る…。

画像

やってきたのは中央の
キム・ミョンミン(ヒョンス刑事)なんだけどさ、
ジテとこのミョンミンには浅からぬ因縁がある。

ま、当然だわな、映画なんだもん…(笑)。

画像

過去…、
ジテは同僚刑事とある事件の犯人を追っていた。
その同僚がこうやって犯人に捕まって銃を突きつけられた。

銃に自信のあったジテは、
この犯人の額に銃弾を撃ち込み射殺した。

と思ったら、
じつはこれミラー(鏡)に映った姿だったのね。
なので直後に同僚は、このまま犯人に射殺されてしまう。
そう、それがジテの起こした「鏡射殺事件」…。

誰よ、そこで笑ってるの?
あまり突っこみ入れちゃだめなんだよ、韓国映画なんだから…(笑)。

この射殺された同僚刑事が
じつはミョンミンの親友だったってわけ。

ミョンミンは捜査するうちに
事件の容疑者らしき人物に突き当たる…。

画像

この女性…、イ・ジヒョン…。

デパートが火災事故を起こしたときに発見された焼死体は、
イ・ジョンヒョンという女性社員なんだけど、
このジヒョンはそのジョンヒョンの双子の妹…。

この妹、火災事故のとき
現場をビデオで撮ったり、姉の社員章を首にぶら下げたり、
奇異な行動ばかりとっていた…。

実際、精神病院に入院していたんだけど、
今回の一連の殺人事件の被害者がみんな
このジョンヒョンの同僚だったことから、

姉の仇をとろうとしてこの妹が
殺人を繰り返してるんじゃないかと疑うんだよね。

ユ・ジテのほうもこの妹に突き当たるんだけど、
殺人現場を見ると、
どうもそんな単純な事件のようには思えない。

ジヒョンに会ってみると、彼女、
「鏡の中に私の姉がいる」なんて妙なこと呟いてるし…。

繋がってきたよね、
ユ・ジテが起こした「鏡射殺事件」と…(笑)。

画像

しかし似てるよなあ…、そっくり…。

え…?
いや、だからさ、このジヒョンやってる女優、キム・ヘナ。
私のイ・ウンジュに似てるんだよねえ…。

最初に出てきたときイ・ウンジュかと思って
一瞬ドキッとして心臓が止まりそうになっちゃった…(笑)。

画像

よく見ると
イ・ウンジュより頬がちょっとふっくらしてるんだけど、
ほんと似てるのよ、顔も雰囲気も…。
いやあ、いいわ、キム・ヘナ…(喜)。

ストーリー?
もういいんじゃない、キム・ヘナ止まりで。
時間ないし、あとは観て…(笑)。

じゃ、一言だけだよ。

精神の動揺から来る自己嫌悪は人格の分裂を促す、
というすごい話なの(笑)。

分裂したもうひとりの自己は鏡の世界に閉じ込められる?
鏡の世界を作り出して、鏡の世界で生きてる…?

そして鏡の世界で生きてるその人間が、
時にこっちの世界に…、現実の世界に越境してくる?

画像

ホラホラ、見て…。
こっち側で倒れてるのは妹ジヒョンなんだけど、
鏡に映ってたジヒョンが立ち上がって…、こっちの世界に…。

ま、ちょっと屁理屈が過ぎるかな?
その理屈も突っ込みどころ満載だよな、とは思うけど(笑)、
私はけっこう面白かったよ。

これはラスト…。

画像

事件が解決したと思ってユ・ジテがデパートを出てくると…。

画像

ホラ、文字は全部逆さま…。

画像

もうひとりのジテは向こうの世界に…、
鏡の中に取り残されてる…?

画像

女の子の姿は鏡に映ってるけど、
ジテは鏡の中にだけいて、こっちにはいない…。

こういうお話でもユ・ジテがやると、妙に真に迫ってくる?
そこがユ・ジテの持ち味だとおもう…。

画像

あ、こっちは…、
デパートの開店日、屋上から
やけくそでお金をバラまく社長のキ・ジュボン…。

画像

開店したはいいものの、
鏡の中からジョンヒョンの亡霊が現れ、
客がいっせいに出入り口のほうへ逃げていく。
それをただ呆然と見てるしかない社長、キ・ジュボン…。

画像

夜、ジテが人気の消えたデパートの中を捜査してると、
叔父さんがどこからともなく現れて、
こうやって甥っ子ジテのネクタイを結び直してやり、
いづこともなく消えていく…。

あ、ヤバイ!って思うよねえ…。

そうなのよ、
このときわれらがキ・ジュボン、すでに死んじゃってるんだよね。
わが家のデパートをすでにある人物に
乗っ取られていることを知って…。

うん、わたしゃ
このジュボンの話がいちばん胸に堪えたよ…(泣)。

けっこう恐いシーンもあるし、
ホラー好きな方にはほんとオススメ。

でもさ、わたしはユ・ジテお気に入りなんだけど、
いままでユ・ジテいいっていう女性コメントあったかなあ…?

変だなあ。
ユ・ジテ、女性にはあまり人気ないのかなあ。
だとしたら韓国映画にまつわる七不思議のひとつかも…(笑)。

■114分 韓国 ホラー
監督: キム・ソンホ
脚本: キム・ソンホ
出演
ユ・ジテ
キム・ミョンミン
キム・ヘナ
キ・ジュボン
キム・ミョンス
チョン・ウンピョ

1年前の疑問の火災事件後、再OPENを前にして、あるデパートで奇怪な連続殺人事件が発生する。デパートのトイレで自分の首をピザカッターで切り自殺した女。耳から頭までボールペンで突かれてエレベーターで死んだ男。駐車場の自分の車の中で手首が折れたまま死んだ男の死体まで発見される。
デパートの保安室長のウ・ヨンミン(ユ・ジテ)は、1年前の刑事時代に、鏡に映った犯人を誤認し親しい同僚を失ったつらい記憶を思い出す。ウ・ヨンミンは、鏡の前で起きたこれらの殺人事件全てから、一貫して発見される非現実的で奇異な死の形態が人間の犯行でないということを直感する。
一方、事件の担当刑事ハ・ヒョンス(キム・ミョンミン)は、精神病歴があるイ・ジヒョン(キム・ヘナ)が、デパート火災事件で失った姉の復讐を行っていると信じ、彼女を有力な容疑者だと目星をつけるが・・・。

●sinoさん
青森の冬はいかがでしょう。相変わらずお篭もりですか?(笑)
関東もこのところけっこう寒さが厳しいです…。
sinoさんのユ・ジテ評、もうその通りだと嬉しくなりますが、
「好き!」とまでは行きませんかあ…?(笑)
クォ・サンウ、私ももうひとつなんですが、でも
同じく「美しき野獣」だけはよかったんですよねえ!
うん、相変わらずなんか好みが似てますね…(笑)。

●sinoさん
篭もっていても岩木山の、あの白濁のイオウ泉に毎日、
しかもご主人と…。
sinoさん、毎日、極楽じゃありませんか(笑)。
雪景色に白濁の湯、いやあ、なんともはやお羨ましい。
私は…、エーン…(泣)。

●midorikoさん
はい、「美しき野獣」だけはよかったです。
お、これがあのニヤケのクォ・サンウか?と感動しました(笑)。
「春の日は過ぎゆく」、私はけっこう好きなんですが、
だめですか…(笑)。
ビョンホンの作品、全部…!
ドラマのほうを観る時間がなかなかないので、
いつ追いつくのやら…、すいません…。

●sinoさん
どうしたんですかあ~、温泉効果ですかあ~。
sinoさんのスピードになかなか追いつけないんですがあ~(笑)。
「夏物語」、いまでもけっこうよく観ますね。
しかも100インチの大画面で…! エヘン(笑)。
もしかしたら韓国映画の中で、
いちばん繰り返し観てる作品かもしれないですね。
ほとんに二人初々しいですよねえ…。

ありがとうございました。

 

糖尿病の方の注文が増えています。健康食なら医療食通販で一番人気のミールタイム!

≪売れてます!≫ 目からウロコの育毛・発毛情報!育毛の真理


ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログん家




ユ・ジテ/MIRROR 鏡の中
アサヒレコード
ジャンル:洋画アーティストカナ:ユ.ジテアーティスト:ユ・ジテ商品名:MIRROR 鏡の中品種:DV

楽天市場 by ユ・ジテ/MIRROR 鏡の中 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】◆DVD◆Mirror 鏡の中◆
マンモスビデオ
状態レンタル落ち中古DVDメーカーアットエンタテインメント公開・放映情報2003年韓113分+特典映

楽天市場 by 【中古】◆DVD◆Mirror 鏡の中◆ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

sino
2011年01月16日 22:18
私も、ユ・ジテはいいなぁと思った記憶があります。山崎さんがお気に入りだとは、なんか嬉しくて、出てまいりました。
でも、観たのは2作品だけ。「春の日は過ぎゆく」「美しき野獣」。それも、たまたま観たのです。容貌が特に好きというわけではないけど、演技の自然さ、内面の豊かさ?なのかなぁ、魅力のある俳優だなぁと思いました。クォ・サンウが好みじゃないってこともありますが、それでも「美しき野獣」は熱演で良く見えましたが、ユ・ジテの演技の方に惹かれたくらいです。2作品しか観てないのに、何だよって言われそうですが、一目置いてるって感じです。
あんまりにも、観てないので、熱く語る自信がないのですが、何の役をやっても演技をじっと観てしまうんじゃないかなぁ。
sino
2011年01月17日 20:55
そう言えば、籠ってますねぇ…。(笑)
雪に埋もれてるもん。買い物に行くのも億劫になっちゃって、ビョン友とも何か月も
会ってませんねぇ。ただ、岩木山方面には
マメに出かけております。温泉!。主人の
お供で、嶽温泉にほぼ日です。白濁のイオウ泉。イオウの匂い、あふれる湯、それに
だいたい貸切状態という贅沢さ。病みつき
です。吹くと、車の前面が真っ白で、一瞬何も見えなくなり怖いですが、まあ、主人と一緒ですので…。やっぱ、温泉はいいわ~、という毎日を過ごしております。
こりゃまた、失礼いたしやした!。(笑)
midoriko
2011年01月17日 23:13
私もsinoさんと同じ程度です。特にファンでもないけれど、「美しき野獣」の演技、結構いい線いってたように記憶があります。
このお正月休みは、私もいろんな映画を”まとめ観”してたんですが、ダッ~と泣いて、気分スッキリしたいと思い、題名だけでセレクトした一本が「春の日は過ぎ行く」でした。
まったく泣けませんでしたけど、逆にユ・ジテが嫉妬心から元彼女の愛車のを鍵かなんでキッ--!って傷を付けてしまう場面は笑っちゃっいました。 ああ、これって、ユ・ジテしかできないって…。
今回、山崎先生の分析タイプで納得しました。
sinoさん、温泉三昧ホントうらやましいです。
それと、イ・ビョンホンさんのファンなのですね?
私も全作品観たファンです。いつか、彼の作品でお話できたら嬉しいですね。
その際は、山崎先生よろしくお願いしま-す。
sino
2011年01月18日 15:10
midorikoさん声を掛けて下さってありがとう。はいはい、私めもビョンホンファンでございます。でも、末席に名も連ねられない様なファンでして…。作品も全部は観てないし、ずっと、ビョンホンさんにもお会いしてないんです。辛うじて、某BSに「夏物語」が放映されて、久しぶりにお会いしたら、やっぱりいいな~と思いました。
映画館で観た時は、あんな絞り込んだ体型
の学生って一体何学部?みたいな雑念に囚われて、最初の方は集中出来なかったのですが、今は、そんな枝葉に囚われる事なく
良い映画だなぁ、切ない映画だなぁ、あんな風に初々しい感情のやり取りが良く出来たなぁと、山崎さんの域までやっと到達出来た感じです。(本当~?)
そんな訳で、意気盛んな皆さんのお話とそれに応える山崎さんのコメントを、楽しんでおります。midorikoさんはつわものって
感じが漂っていますので(笑)、映画のコメントを楽しみにしています。

この記事へのトラックバック