悲しみよりもっと悲しい物語 (2009)

[627]どうした、ボムス? 人間は詩じゃないよ、散文だ、雑音だぞよ。
★★★★☆☆

画像


2日がかりで鑑賞…。
途中で飽きちゃうんだよねえ、ごめん(笑)。

物語が動かないからさ。
つうより詩集でも読まされてる感じ、それも乙女チックな(笑)。

あとで調べたらこの監督、ホントに詩人みたい、
映画監督じゃなくて…。

ストーリーは…、これも別に書かなくていいか。
書きたい意欲わかないんだからしょうがねえべや(笑)。

つうても、そんなに悪い映画じゃないんだよね。
「イルマーレ」「…消しゴム」系統の作品なんだけど、
あっちよりは全然面白い。

でもねえ、監督…、いや、詩人よ、
人間がふだん生きてる「雑音」を描かないと、
ホントに人間や、人間の生きてる世界を描いたことには
ならんと思うんだよね、わたしは…。

人間の何事かを「純化」して描こうとすればするほど、
人間は遠ざかってしまう…?

言いかえると、まあ、人間は「詩」じゃないんだよね。
詩の中には納まりきれない…?

実際、人間は、
詩では自分や自分の生きてる世界はとても描けない、
と思ったから「小説」を書き始めたわけでさ。

なんだよね。
人間は詩じゃなくて、途方もない「散文」なのよ。

映画も同じなんじゃないかなあ…。

詩的に撮ろうとすると、まあ、だいたい失敗するよね。
詩は映像だけに任せて、物語は散文にしていかないと、
人間(俳優)が抱えてる散文にどうしても負けちゃうつうの…?

徹底して散文で描いて、結果、それがひじょうに詩的に見える。
それくらいに考えとかないと失敗すると思うよ、
詩人さん…。

その見本が、ホラ、近くにいたじゃない。
そ。お医者さんの役で出てる私のイ・ボムス…!
ど、どうしちゃったのお~…。
いったい、わ、私のイ・ボムスに何が起きたのよお~…!(泣)

見て…。

画像

イ・ボムスの魅力は全身から醸し出される薄汚さにあったと思うのよ、
わたしゃ…(笑)。

どんなに高級なソープやシャンプーを使っても
けっして洗い流せないような汚れや匂いを抱えてた?
ごめん…(笑)。

言うてみれば、ボムスは人間の「雑音」の塊り、散文の塊り
みたいな俳優だった…!

それがまさに彼の魅力だったのに、
なっ、な、な、な、なんなんだよ、このボムス…!?

「ブラッディ・ミッション」 でもすでにそうだったんだけどさ、
もう全身きれいさっぱりしちゃって、
もうおいらの知ってるボムスじゃなくなっちゃったんだよお~…!(泣)

いや、ホント、どうしちゃったんだろうねえ。
スクリーンさんだったかなあ。
最近のイ・ボムスはイメージ・チェンジしちゃったみたい、
みたいなコメントいただいたことあったけどさ…。

これじゃねえ、バカ丸出しみたいじゃん。
ただのノー天気な俳優じゃん…(泣)。
あ、いや、そこまではひどくないんだけどさ、
仮にもかつて(?)私の惚れぬいたオトコだったんだから…(泣)。

でも実際ひどいかな?

クリームやってるイ・ボヨンと、
オトコと遊びまくってる女をやってるチョン・エヨン、いいからなあ。
うん、いいんだわさ、この二人が、めちゃ…!

ボムスや、この詩人監督さんと違って、
詩では語れない人間の雑音、
ちゃんと抱えてやってみせてくれるからさ…。

画像

イ・ボヨン、私のイ・ウンジュを観て勉強したのかなあ。
「愛と、死を見つめて」のウンジュ彷彿させるんだよねえ。
ちょっと胸キュンだったなあ…(呆)。

あ、いかんいかん、
どうも私の中ではウンジュが
韓国女優を観るときのひとつの基準になっとりますばい…(笑)。

チョン・エヨンはその反対。
女の穢れ、人間の穢れを抱えてるんだけど、
それがまた色気を感じさせていいというか…、ごめん(笑)。

私の中でめずらしく評価が定まらない俳優、
クォン・サンウもそれがまたけっこういいんだわさ。

「美しき野獣」の野獣みたいなオトコとちょうど正反対の、
死にいくカゲロウのような青年を演じてるんだけど、
ちゃんとお芝居してるんだよね。

健康な青年のイメージをまだ払拭できてないところが
不満といえば不満なんだけど、
うん、イ・ボヨンと結婚式(?)の記念写真撮って、

そのあと通りを堪えきれずに泣きながら歩くシーンなんか
けっこういいよね…。

と、三人は誉めるとこいっぱいあるのに、ボ、ボムス、
に比べて君は…、君は…、あまりにもなにもなくて…(泣)。

ごめん、終わろう。
ボムスのこと想うとさ、私の心はもう散り散りなんだわさ。
ほんと、なにがあったのか知らんけど…(泣)。

■105分 韓国 ロマンス
監督: ウォン・テヨン
脚本: ウォン・テヨン
撮影: イ・モゲ
音楽: イ・チョロン
出演
クォン・サンウ ケイ(チョルギュ)
イ・ボヨン クリーム(ウォン)
イ・ボムス ジュファン
チョン・エヨン
チョン・ジュノ
愛する人のそばで最後まで守ることができない男が,ひとり残される恋人を他の男に送るという胸が痛い正統派メロー。
両親に捨てられたラジオPDのケイ。交通事故で一瞬にして家族をすべて失った作詞家クリーム。二人は,時には家族のように,時には友人のように,互いの空席を埋めながら,一緒に暮らしている間柄だ。
誰よりも孤独に耐えられないクリーム。ケイは,彼女にあげる最後の贈り物を準備する。
ジュファンが現れる。歯医者で,賢明で,親切で,そして元気で,クリームを一生守ってくれそうな男。ジュファンは,クリームを見て一目で愛に陥る。
愛を話さないケイ。一生を一緒にしたいジュファン。そして,その二人のたった一人の恋人クリーム。互いに違う三つの方式の愛が始まる。

 

1分間に1個売れてる!あの有名人が11kgヤセたダイエットサプリ!

ノエル
ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログん家

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • イ・ボムス 最新情報 - これ好き! KoreaFan

    Excerpt: イ・ボムス の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど Weblog: これ好き! KoreaFan racked: 2011-02-14 04:31