恋する神父 (2004)

[637]こんなに予想を外してくれない韓国映画も珍しいかな?
★★★☆☆☆

画像


ずっと避けてた作品…(笑)。
タイトル聞いただけで話わかりそうじゃん。
しかもクォン・サンウだし…。

クォン・サンウじゃなくてチャ・テヒョンだったら?
うん、すぐ飛びついたかも…(笑)。
タイトル聞いただけで笑えるし…。

でも観たのね、ついに。
クォン・サンウの株がすこし私の中で上がりつつあるから…(笑)。

どうだったか?
うん、避けてた私はとても賢明だったような気がする…(笑)。

まあなあ、それこそ若~いひとが観たら、
それなりに感動するのかもしれないけどさ…。

先日、「悪魔を見た」帰りの食事会で、
韓国になんども行ってらっしゃる方から聞いたんだけど、
韓国で映画を観てる主流は若いひとたちらしいんだよね。

そうなると、まあ、
この程度になっちゃうのかもしれないなあ…。

あ、ついでに言っておくと、
韓国の成人女性たちからすると、
なんで日本のおかあさんたちは一人で韓国に旅行に来たりするのか、
そんなことができたりするのか、不思議に思うらしいんだよね。

そうなんだあ…、って、ちょっと利口になった気がしたよ(笑)。
想像はしてたけどさ…。

画像


ストーリー…?
ごめん、書くのかったるいんで、引用解説を読んで。

でもクォン・サンウ、そんなに悪くはなかったよ(笑)。
顔がまだ細いせいもあって、けっこう初々しかったわ…。

でも断然光ってたのは、私のお気に入りのキム・イングォン!
と、名前だけ言ってもわからないひと多いかもね。

では…、と写真を出したいところなんだけどさ、
このところずっとPCのDVDが壊れてて
スチール写真取ってこれないのよ、ごめん…。

クォン・サンウと同じ神父のタマゴで、友人役。
スケベでいい加減な男をやってるんだけど、
顔が不細工ってのはやっぱりいいよねえ!(笑)
人間としてものすごく陰影に富んでるように見えるもん…(笑)。

その点、やっぱりクォン・サンウは損してるよなあ、
のっぺりして見えちゃうから…。

ほかに書きたいことは…、うん、ないぜ(笑)。

ごめん、いまからほかの映画観るから、
きょうはこのへんで…(笑)。

■108分 韓国 コメディ/ロマンス  
監督: ホ・インム
製作: ユ・インテク
脚本: ユン・ウンギョン ホ・インム
撮影: キム・ジェホ
音楽: スルヴィアン
出演
クォン・サンウ キム・ギュシク
ハ・ジウォン ボンヒ
キム・イングォン ソンダル
キム・インムン ナム神父
キム・ソンファ キム修道女
チョン・ヘジン
田舎の小さな教会で研修する神学生が神父の姪と愛に陥り,愛と宗教の間で葛藤するロマンチック・コメディー。
順風に帆をかけたように着々と進行している一等級神学生キュシクの神父修業。あと1か月たてば待ちこがれた神父授任だ。感激もつかの間,法王が聖祝した大事な「聖爵」を壊してしまったキュシクは,不良神学生ソンダルと共に恥辱の「霊性強化訓練」の主人公になる。
「霊性強化訓練」を受ける場所は,郊外の小さな聖堂。しかし,聖書より道具を手元に置いているおかしなナム神父,映画<ミザリー>のようなキム修道女,やっかい物の近所の子供たちまで何か兆しが良くない。
翌朝,敬虔な朝の祈りをするキュシクの前に想像もできない事件が起こる。酒に酔って寝ていた女を追いだそうとして,初めての唇を奪われたこと。しかも,弱り目にたたり目。なんと彼女は,ナム神父の姪ポンヒだった。うろたえたキュシクの弁明の後に飛んできたのは,彼女のげんこつ一発。恋人を訪ねて家出し,太平洋を渡ってきたという肝っ玉が大きい彼女。聖堂に居座り,ことごとにキュシクにケチをつける。傍若無人でキュシクの忍耐心を試験するかと思えば,聖堂のそばでホットパンツ姿で肌を焼くなど,セクシーな行動もはばからない。
いっそ堂々と罪を償おうと罰を求めたキュシクに下された課題は,ポンヒに洗礼を受けさせること。成功できなければ,神父授任は終末だ。ソンダルの助けを借りて,段階別作戦に突入するが,時限限爆弾のようなポンヒの突出行動に,キュシクの行く手は,イバラの道の連続だ。「天が愛した男」キュシクと「天もあきらめた女」ポンヒの出逢い。模範神学生キュシクは,ポンヒの無差別なタックルを突き抜けて,無事に神父になることができるだろうか。

●ひらいさん
なにも書くことがなかったこのページ、
ひらいさんのコメントで救われました。ありがとうございます(笑)。
しかし…、ハ・ジウォン、いいですか。この作品でもけっこう
人気あったようですね。でも私は…、こういう健康的な女の子は…(笑)。
イ・ウンジュです、ひらいさん。故・ウンジュをどうかひとつ
よろしくお願いします!(笑)。
キム・イングォン、お気に入りなんですね。よかったあ…!
駄作「宿命」ではホント孤軍奮闘でしたね。
まわりがあんなにひどいのに、愚痴も言わず黙々と
ひとりがんばってるキム・イングォンという感じでした(笑)。
しかし、ひらいさん、お忙しいのにドラマまで観てらっしゃるんですね。
私、置いてかれそう…(泣)。

●ひらいさん
イ・ウンジュは妻以外で特別な存在…!
クーッ…、ありがとうございます、ひらいさん、
嬉しくてホント泣けてきますねえ。
イ・ウンジュの次はスエかなあ、私の好み…(笑)。
きょうは丸の内で「悪魔を見た」を観て、岡山へ。
ホント、よく東京にいらっしゃるみたいですねえ。
う~ん、ひらいさんのお仕事やっぱり007なのかなあ…(笑)。
で、どうだったんでしょう、「悪魔を見た」?
年齢的に一番アブラが乗ってなきゃいけない三人がこれじゃいかん!
と思いませんでしたか?(笑)
私は思いましたねえ、キャツラに対する期待が大きいだけに。
ひらいさん、ジウンは器用貧乏なんじゃないか、何を撮らしても
そこそこに撮るんだなあとおっしゃってましたが、それって、
ジウンには最初からあまり期待してないってことなんでしょうか?(笑)
その点に関して後ほど一言だけでも…(笑)。
あ、まだ新幹線の中でしたね…。

●チェブさん
チェブさん、これをわざわざ映画館で。でも乙女なので、
たまにはこういう軽いタッチのラブものを観たいと…。
う~ん、痛いところを突かれた感じですねえ。
私も、これ観ながら一方で、もしかしたら私はオジサンに
なり下がってしまったのかもしれないと、チラチラ
考えていたんですよね(笑)。
でも、これがハ・ジウォンじゃなくてイ・ウンジュだったら、
私の乙女心も(?)疼いたかもしれんと…(笑)。
キム・イングォン、松ちゃんの相手の浜ちゃん(浜田)みたいな
顔をしてる俳優です…(笑)。
けっこういろんな映画に出てます。私のお気に入りの脇なので
よろしくお願いします…(笑)。

ありがとうございました。

 

1分間に1個売れてる!あの有名人が11kgヤセたダイエットサプリ!

ノエル

ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログん家

この記事へのコメント

ひらい
2011年03月08日 00:17
こんばんは

DVDのジャケットや邦題で観る気が失せてしまうような匂いが漂う作品でした(笑)
個人的にはハ・ジウォンの健康的な可愛さに惹かれて観てしまいましたが(笑)
山崎さんおすすめのキム・イングォンはチャン・グンソク主演のドラマ『美男ですね』で日本でも認知されてますね。竹中直人みたいな芸達者な感じがしました(笑)
そしてソン・スンホン、クォン・サンウの2大スターを擁した駄作の『宿命』では薬物中毒者の役を孤軍奮闘演じていました(笑)
オ・ダルスと並んで大好きな脇役の一人です。
ひらい
2011年03月08日 11:48
おはようございます。

イ・ウンジュのことを思うといつも胸が痛みます。
山崎さんお気に入りのチャ・テヒョンとの『永遠の片想い』、ビョンホンとの『バンジージャンプする』での彼女が私は大好きです。私は女優だとあれもこれもけっこうお気に入りが多いのですが(笑)、イ・ウンジュだけは……妻以外で特別な存在ですと言っておきます(笑)
命の分け与えができるならと思うこともあります。

今から丸の内ルーブルで『悪魔を見た』を岡山に帰る前に観てきます。もうコメントはお腹いっぱいでしょうから書きませんね(笑)
ビョンホンなら何でも素敵!と思えるファンのつもりで観ます(笑)

失礼しました。
チェブ
2011年03月09日 00:56
ひらいさん、マ室長ですね!キム・イングォン。『美男ですね』を観ていてずっと気にかかっていました。味のあるいい俳優だな~誰だろうって。私この俳優好きです!調べてみたらけっこういろいろな作品にでてるんですね。今度みてみます。あ、恋する神父観たんですけど…しかもわざわざ映画館で(笑)あまり内容も覚えてないですよ。でも乙女ですからたまには、こういうかるーいタッチの恋愛物もみたくなります(笑)



この記事へのトラックバック