アスファルトの男__3 (1995) 韓国

[730]ドンソクは渡米し、姉のために賭けボクサーになった

画像


弟ドンソクは
姉のドンヒを追ってアメリカへ渡り、再会した。

画像

ドンソクの姉思いはちょっと異常に見える…?(笑)

画像

アメリカに渡った理由はほかにもあった。
父親が不祥事ばかり起こすドンソクに引導を渡したからだ…。

画像

夫のマイケルはいい奴だったが、
酒が入ると、ドンヒや娘のサニーに暴力を振るった。
ドンソクはそんなマイケルを許せず、殴った。

画像

ドンヒは、マイケルのアル中がひどくなったので、
病院に送るほかなくなった…。

画像

ドンソクは
自分が姉とサニーの生活の面倒をみるため、仕事を始めた。
仕事といっても違法の賭けスポーツ…、キックボクシングだ。

その仕事を世話してくれたのは、
このサングラスのチンピラ…、隣人ジョンオクの兄のジョンシクだ。

かれも祖国・韓国を捨てアメリカへ渡ってきた。
が、アメリカは希望の国どころか、
貧乏人と東洋人には差別の激しい生き地獄の国だった。
ホンマやで…(笑)。

画像

怒りの拳だけで生きてきたドンソクは、
この国でも拳で生きるしかなかった。

画像

白人に殴られ、黒人に蹴られ、試合のたびにマットに沈んだ。

画像

マットに沈むたびにドンソクの脳裏をよぎったのは、
あの米軍基地の町に残してきたソンヒの姿だった。
ソンヒの母親・蝶々ナターシャは、
出来の悪い弟ドンソクとの交際に断固反対だったが…(笑)。

画像

ドンソクはただ愛する姉と恋人のために闘い続けた。
全身に傷は絶えなかったが、金は手に入れた…。

画像

弟の仕事を知ったドンヒは、賭け試合は止めてと哀願した。
いまに「ゴミ箱」に捨てられるわよ、と…。
ドンソクは言った。
おれは死なない、絶対に死んでやるものか、と…。

でも、ドンヒはなぜ「ゴミ箱に捨てられる」と言ったのか。
この時はまだわからないんだけど、
この言葉はじつは彼女自身の思いだったんだよね…(涙)。

一方、ドンジュンは…。

画像

空港に到着すると、留学中のハリョンが出迎えに現れた。
ドンジュンは、人前憚らずヒシッとハリョンに抱きついた。
告白はしてない、でもここはアメリカなのだ、アメリカはいいなあ!
と思った…(笑)。

しかしいまは恋を語ってる場合ではない、車優先だ、
と、以前会ったマカオ・リーの元へ急いだ。
残されたハリョンはすげえつまんなかった…(笑)。

画像

リーは、親友のハン前社長と組んだ
ドンジュン新社長のスポンサーになることを約束した。

画像

アメリカン女性の歓待を受けたドンジュンはまた白目を剥いた。
うん、ビョンホンのこの白目は新たな発見だったぜい…(爆)。

画像

リーは、スポンサーになる代わりに自分の夢も叶えてくれ、
とドンジュンにスポーツ・カーを見せた。

画像

来た来た来たあ~!(喜)
リーの息子は以前カーレーサーだったのだが、事故で死んだ。
それで彼はカーレースを封印したんだけど、
ドンジュンの車にたいする熱い思いに触れて
息子のことを思い出したんだよね。
で、レーシング・チームをまた作ろうって気になった。

もちろんドンジュンは協力を約束した。
その協力とは? 内緒だよ~ん…!(笑)。

画像

ドンジュンはその翌日から、
リーが紹介してくれた自動車販売会社を訪問してまわった。
自社の開発した自動車を売るために、
足を棒にして…。

そのスキを突くかのように、
もうひとり男が勇躍とアメリカ大陸に上陸した?

画像

なにを隠そう、若き御曹司のギス会長だ。
べつに隠してないか…(笑)。

画像

モテナイおらがジュノは、実母が他界した、辛い…!
と訴えて、学校帰りのハリョンをホテルに連れ込んだ。
こら! 待ち伏せして連れ込むなあ!(笑)

画像

ギスはハリョンに、
母が一番好きだと言って大事にしていた写真を見せた。
ハリョンは驚いた…。

画像

そう、あの「自動車研究会」の連中の写真だったのだ。
左がハリョンの死んだ父親のジェホ。
右がキリョン自動車のハン会長…、ギスの父親。
そしてさらに二人の子供が写った写真が…!

画像

中央で赤ちゃんを抱いてる男は、マカオ・リー!
その左がセリュン自動車のソン社長。
リーの右で男の子を抱いてる男は…?

前回の写真を見るとわかるけど、
この謎の男の右には、ハリョンの父ジュホが写ってる。
と、コレ、左の赤ちゃんがハリョンで、右の男の子がギス。
で、男の子ギスを抱いてる謎の男は、ギスの実父ってこと…!?
それ以外に考えられんわなあ。

アレ? ギスの父親の話、出てきたっけ?
わし、覚えとらんなあ…(笑)。
トイレに立った時にでも出てきたのかもしれんなあ、ごめん(笑)。

ハン会長がギスを養子にしたってことは、
この謎の男=ギスの父親が死んでしまったからってこと?
もしかしてハン会長がギスの母親に横恋慕して
ギスの実父を殺した…?
う~ん、謎は謎を呼ぶけど、
とにかくそういうことでハリョンは失神しそうになったのだあ!(笑)

つうかさ、
ハン会長が研究会の工場に火を放って、ハリョンの父を殺した。
そしてキリョン自動車を立ち上げたってことなんだよね。
ハリョンはそのことに気づいた…、その疑いを持ったってこと。

え~と、謎の詳細はビョンホン・ファンの方までどうぞ。
私もファンのひとりではありますが…(笑)。

待てよ、
イ・ジャンスも物語の詳細にはいい加減なやつだから、
このあたりも適当にやってるかもしれんぞ、あいつ…(笑)。

画像

一方、ドンソクは、
姉に少しでもいい暮らしをさせたいと思い家を探した。
隣人のジョンオクがそれを手伝った…。

画像
画像
画像

ドンソクは、姪のサニーを可愛がった、わが子のように…。

しかし、ヨンエ、ほんとにきれいだよなあ。
きれいだとは思ってたけどさ、
ここまできれいだなんて思ってなかったよ。

もしかして…、オラがキム・ヨンエの隠し子?
うん、面立ち似てるし、名前同じだし…!(笑)

画像

う~ん…、また惚れそう…。

あ、そういうことは後にして…、
ドンヒにドンジュンから電話が入った、3日後に会いに行くと。
アメリカに疲れていたドンヒはひどく喜んだ…。


●shidarezakuraさん
い、1回しかごらんになってない!
も、勿体ない…(笑)。
長~い連続MVドラマだと思ってごらんになると、
これ以上いいMVドラマはないんじゃないかと思いますが(笑)。
ただビョンホンよりウソンの役のほうがドラマがあって良いので、
ちょっと腹立ちますが…(笑)。
それを置いても、ビョンホンとイ・ジャンス、
相性がいいというか、肌が合うというか…。
ああ、これが「美しい彼女」になっていくのかと思うと、
私はものすごく嬉しいですねえ…!

ありがとうございました。

■韓国ドラマ 全16話
演出:イ・ザンス
脚本:パク・ヒョンジュ
撮影:ハム・チャンギ イム・ゾンチョル
音楽:チェ・ギョンシク
出演
イ・ビョンホン (カン・ドンジュン)
チョン・ウソン  (カン・ドンソク)
イ・ヨンエ  (カン・ドンヒ)
チェ・ジンシル (オ・ハリョン)
ホ・ジュノ (ハン・ギス)
チョ・ミンス (ジョンオク)
パク・インファン (ドンジュン父)
チョン・ウク (ハン会長)
ソン・ジェホ (オ・チャングン)
キム・スミ  (ナターシャ)
キム・スジ  (ソニ)
イ・ジョンギル (ソン・ギジュン)
カン・ナムギル (ジョンオク兄)
パク・クァンジョン (キム・ジンピョ)
イ・ジョンギル (ソン会長)

以下、主な役どころ
■イ・ビョンホン(ドンジュン役)
カー・デザイナー。父親のバックアップと仕事に対する情熱で自動車会社を設立。ライバル社のギリョンを退け業界トップに踊り出る。
■チェ・ジンシル(ファリョン役)
カー・デザイナー。ギリョンのデザイン室長になるために、後継者のハン・ギスと親密な関係を続ける。ドンジュンの会社にスパイとしてもぐりこんで、新車開発の情報を流すが、仕事に情熱を注ぐドンジュンに惹かれはじめる。
■チョン・ウソン(ドンソク役)
ドンジュンの弟で世界的なカー・レーサー。長男を溺愛する父親に反発して、姉ドンヒのいるアメリカへ行き、紆余曲折の果てにトップ・レーサーに成長する。
■イ・ヨンエ(ドンヒ役)
ドンソクと同じように父親への反発で米軍クラブに出入りする。マイケルという男性と出会い娘ソニを産んでアメリカに渡る。酒癖の悪い夫の暴力に抵抗するものの車の事故でこの世を去る。
■ホ・ジュノ(ハン・ギス役)
国内屈指の自動車会社ギリョンの跡継ぎ。野心家で始終ドンジュンをやりこめることばかり考えているが、そのうち自分が落ちぶれてしまう。
■チョ・ミンス(ジョンオク役)
ドンヒの友人。アメリカのバーで働いていたが、ドンヒの死をきっかけにドンソクと出会い結婚する。
■キム・スジ(ソンイ役)
米軍クラブを経営するハン社長の娘。ドンソクに想いを寄せる音大生。音楽の先生になって一人暮らしのカン老人の面倒を見ながらドンソクを待っている。

 

TVショッピング大人気商品!立花みどり開発!姿勢ウォーカー
ぽっこりお腹解消を目指すなら

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事へのコメント

shidarezakura
2012年01月12日 22:27
今日ビジュアルオリジナルサウンドトラックDVDで見直してみました。な、なんと…何を観ていたのかと…。このドラマは珍しく1度しか観ていなかったかも知れません。その当時、イメージショットの連続で物語を詠うのに慣れていなかったためでしょうか…。おっしゃるように絵を観て、音楽を聴いているだけで泣きそうになります。「バンソリ・ドラマ」ですね。
時間を作って、もう一度BOXの方で1話から見直さなければ勿体無いと思いました。気付かせていただきありがとうございました。

この記事へのトラックバック