私の愛、私のそばに (2009) 韓国

[734]闘病ものだけど、すこしまっすぐに描きすぎたかも?
★★★★☆☆

画像


いわゆる闘病もの…。

画像

ジスは2度目の離婚をすると、
父のやっている葬儀屋で働きはじめる。

画像

きょうもひとり、死化粧を施し、初老の女性を見送った。

画像

その女性は偶然にも
幼なじみのジョンウの母親だった。
ジョンウは、オレは
ルーゲリック病(筋萎縮性側索硬化症)で、余命3、4年だが、
付き合ってくれと交際を申し込んだ。

ジョンウは満更でもなく、
父親に、私、恋人がいるのと自慢した。
その父親とは…、

画像

そう、オラがカン・シニル…!(喜)
相変わらずいい顔してるよなあ。

画像

1年後、
二人は、二人だけで式を挙げ、記念に近くの(?)海に行った。

画像

ここのシーンがいちばんよかったかな。
ジスがジョンウを抱き起こして、
チークダンスしながら二人で口ずさむように歌うんだよね。
といってもジョンウはもうあまり動けない…。

画像

 僕は君にひとつだけ聞きたいことがある
 君は僕のどこが好きで愛してくれるんだろう
 
 この広い心で一人の男を救ったのよ
 今度はあなたが答える番よ…

画像

ジョンウの病気の進行は予想外にはやい。

画像

病院で筋肉トレーニングを受けるが、
入院費が高く、いったん退院する。

画像

ジスは、なにかいい治療法はないかと探し、
ジョンウを民間鍼療法へ連れて行く。

鍼師をやってるのはソン・ヨンチャン。
「グッド・バッド・ウィアード」での胡散臭さが好評だったのかな?
今回もめちゃ胡散臭いんだなあ…(笑)。

画像

おかげでジョンウの病気は悪化し、再入院。
おい、ジス、観てないんだろ、「グッド・バッド・ウィアード」(笑)。

画像

ジョンウの、六人部屋での闘病生活がはじまる。

画像

はじめはベッドで法律の勉強を続けていたが、
病気が進行するにつれて、ジョンウの葛藤がはじまる。

画像

死を拒絶し、ジスを拒絶する。
(遺体を拭いてきた)おまえの手で触らないでくれ、と。
ジスに再会した時、君の手は世界一美しいと言っていたのに…。

画像

人間は一瞬に死ぬ訳ではない。
10月10日の時間をかけてこの世に生まれ出てくるように、
死ぬときも時間をかけて死んでいく。

画像

その意味では、からだが
ゆっくりと時間をかけて萎縮し、硬化していく…、
つまり死んでいく筋萎縮症は、
人間の死の行程をもっとも鋭く表現した病気なのかも…。

画像

拒絶のあとに絶望と鬱が訪れ、
ジョンウは舌を噛み、自殺しようとする。
が、すでに舌を噛み切るチカラも残っていなかった…。

画像

その後、かすかな変化が訪れる。
諦めだ、死への…。

画像

そして受容する、自分が死ぬことを…。
ジスに激しく涙が溢れるのは、そういうジョンウを察したから?
ジョンウは受け入れたのに、
生きているジスのほうがそれを受け入れられない。
だから一層悲しみが激しくなるのだとおもう…。

画像

そして訪れた死…。

画像
画像

涙が枯れてしまうと、ジスはジョンウに死化粧を施した。

画像

きしくも彼女は、
ジョンウの母親を見送った数年後、
ジョンウをも見送ることになったのだ…。

で、映画のほうはと言うと、う~ん、もうひとつかな?(笑)
ほとんど観る側の予想を裏切ることなく進行してくから、どうしてもねえ。
病室のほかの患者の様子やエピソードを描きながら
やってはいるんだけどさ…。

ただ見所はあるよ、ジョンウのやせ衰えていくからだの様子…。
キム・ミョンミン、撮影期間中に20キロも体重を落としたんだって。
偉いよねえ、拍手…!

ハ・ジウォンも私が観た中では一番いいかも。
彼女にしてはすごく素直にやってるもん…(笑)。


●かずかずさん
ジョンウの闘病のほうへすこし傾きすぎたかな、
葬儀屋のジスの視線から描いたほうが、
いわゆる「闘病もの」にならなくてすんだかな、
と思いました。
でも、ハ・ジウォンの作品の中では、わたしはたぶん
これが一番好きかもしれません…。

ありがとうございました。


■121分 韓国 ロマンス
監督:パク・チンピョ
脚本:パク・チンピョ
撮影:キム・テギュン
音楽:パク・キホン
出演
キム・ミョンミン ペク・ジョンウ
ハ・ジウォン イ・ジス
イム・ハリョン
イム・ソンミン
ナム・ヌンミ
チェ・ジョンリュル
シン・シネ
イム・ジョンユン
イム・ヒョンジュン
キム・ヨジン
カン・シニル

TV「白い巨塔」のキム・ミョンミンと「恋する神父」「TSUNAMI-ツナミ-」のハ・ジウォンが、難病で余命わずかの夫とその妻を熱演して高い評価を受けた感涙のヒューマン・ラブ・ストーリー。監督は「ユア・マイ・サンシャイン」のパク・チンピョ。結婚に失敗し、父の営む葬儀社で忙しく働く疲れ切った女性、ジス。ある日、唯一の肉親である母を亡くした車椅子の青年と出会う。それは、幼なじみのジョンウとの思いがけない再会だった。彼はALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に冒されていた。それでも互いに惹かれ合い、一年後には2人だけの結婚式も挙げたジョンウとジス。過酷な闘病を続けながらも、純粋な愛に包まれて幸せを噛みしめる2人だったが…。

 

100%認定医が行う確かな技術 サーマクール
ビューティコロジー

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事へのコメント

かずかず
2012年02月16日 19:19
こんばんは
山崎さんの☆とハ・ジウォンに引っ張られて見ました。
最初はなかなか入り込めなかったのですが、
ジョンウの逝く時の顔、体 言葉 ジスの涙になきました。
ありがとうございました。

この記事へのトラックバック