RED/レッド (2010) アメリカ

[820]韓国老人力に負けてなるかとアメリカ老人力炸裂。おら大爆笑で大満足!
★★★★☆☆

画像


引き続き、
ご老体パワー満載映画、アメリカ編「RED」(笑)。
主演は言うまでもなくオラがブルース・ウィリス…。

2度目。
1度目はほんの数ヶ月前(笑)。
書く機会を失ったものだから…。

そういう作品けっこう多い。ごめんな。
君(作品)が悪いんじゃないんだよ…(笑)。

元CIAのフランクは引退して年金生活者。
現役時代は、恋人を危険にさらすことも起こるので
恋をしないようにしてきたが、引退すると恋に夢中…。

相手は役所の年金課で働く女性・サラ。
ただし電話だけでの交際。
オラがフランクはこれでも内気なロマンチストなのだ…(笑)。

が、ある夜、突如、闇の軍団に襲撃されると、
無断でサラの部屋に乗り込み、略奪。
サラにも危険が及ぶんじゃないかと心配してさ(笑)。

画像

こうしてフランクとサラの、闇の軍団首謀者、追撃劇が始まる、
昔の仲間たちに出会いながら…。
首謀者はどうかオラが千葉真一ではありませんように…(笑)。

画像

仲間その1、ジョー…、オラがモーガン・フリーマン。
当年80歳、老人介護ホーム暮らし、しかも癌に蝕まれている。

途中、フランクらを助けるために死ぬの。
オラ、もっと観たかったよ~。
それが唯一の不満かな…?(笑)

画像

仲間その2、マーヴィン…、
オラが「マルコヴィッチの穴」のジョン・マルコヴィッチ。

フロリダのある上流で、かわいい子豚ちゃんとの二人暮らし。
ただし子豚ちゃんはぬいぐるみ。
しかも腹の中には超物騒なものが…(笑)。

画像

この男、洗脳計画の被験者として使われ、11年間、毎日LSD漬け。
おかげで誇大妄想狂になったというか、正常者に戻ったというか…(笑)。

「おじいちゃん」と呼ばれると、血相を変えて銃をぶっぱなす。
オラがキム・スミ似…。

画像

仲間その3、ヴィクトリア…、ヘレン・ミレン。

いまはペンション・ワシの巣で蝶や花を相手に、静かなひとり暮らし。
と思いきや、「人殺しの名人」と謳われた腕が疼いて、
時々アルバイトらしきものをしている…(笑)。

画像

胸には悲恋の思い出。
宿敵ロシアのスパイに恋をした。
が、殺せと指令を受け、涙ながらに銃弾3発を打ち込み、射殺…。

画像

それがこの男、イヴァン…、ブライアン・コックス。
え? 生きてるじゃないかって?

うん、生きてるよ。
さすがヴィクトリア、わざと急所を外したのさ(笑)。

ヴィクトリアやフランクに再会して、
サブサイドから獅子奮迅の大活躍。
おばあちゃんヴィクトリアとのロマンスはちょとした涙だよ。

画像

調べていくうちに色々とわかってくる。
「調べる」というのは齢をとっても人生の基本なのだ。(笑)

NYタイムズの記者が殺害されたこと。
殺害リストがあること。
そのリスには自分たちの名前があること。
リスト者はみな、
過去、グアテマラで起きた事件に関係していること。

画像

かくて老人カルテットを再結成した四人+サラは、
軍需企業の某に突き当たり、
こうやってある国大臣に化けて、訪問…。
こいつの名前だけリストから外れたからなんだよね。

と、意外なことがわかる。

画像

ガアテマラで原住民たちが殺害された。
虐殺したのは現副大統領で、
この軍需企業・某はそのときかれの脱出を手伝った。

で、その福大統領が自分の過去を消すため
CIAに、当時、現地にいたCIA要員たちを殺害するよう命じた
というのだ…。

画像

かくて四人は…、
この屋敷でジョーが死ぬから
残された3人はということになるんだけどね、
副大統領暗殺に向かう、

というお話なんだけど、
ラスト、大ドンデン返しが待ってるよ(笑)。

画像

ブルース・ウィリス主演にもかかわらず、その影は薄くなりがち。
マルコヴィッチやヘレン・ミレンが強烈すぎて…(笑)。

つうても相変わらず、
あの強烈な坊主頭が光ってるから、ま、いいか。
「引く」のがオラのブルース・ウィリスの魅力でもあるし…。

ところで「2」はどうなってるのよ、ビョンホンの出る。
ただいま撮影中なのかな?
それとも撮影は終わった…?

役どころは、
カール・アーバン演じるウィリアムあたりなのかな?

画像

フランク殺害担当を任される現役CIA要員。
往年のフランクをイメージさせるように創られているんだけど、
カッコいい仇役なんだよな。

ね、監督、オラがビョンホン、こういう役だよね?
違ったら殺すよ(笑)。

文句なしに楽しめるアクションだよ。

あ、重要なひと忘れてた!

画像

このひと、だ~れだ?
久しぶりに会えて超うれしかったなあ…!

答、「名悪役」で知られるアーネスト・ボーグナイン。


●アジアの瞳さん
返信が遅くなって申し訳ありません。
このところ少し家を空けていたものですから…。
情報をいただいてちょっとびっくりしてます。
「GIジョー2」、えっ、延期になったんですかあ~!?
だってもう撮り終えてたんじゃないんですか?
「RED2」も、アンソニー・ホプキンス、ただいま出演交渉中って…、
私の大好きな連中の夢見たいなキャスティングだなあと
も、もの凄く楽しみしていたのに…!
行け、ビョンホン!韓国からすぐに撮影現地に飛べ、入れ!
そしたらプロデューサーも監督も、
こりゃ申し訳ないと反省してすぐ撮影開始になるぞ!
と私は声を大にして伝えたいですねえ…。

●アジアの瞳さん
お~、トロントに出発しましたか!!
私の声がビョンホンに飛んだのかなあ。
「RED」、エンターテイメントとしてはけっこう上出来だと
思いますが…。(笑)
し、しかし、試写会のあと、
「光海」の記事が洪水のごとく溢れ出している!?
いやあ、うれしいですねえ、私は、はや鼻高々です。
韓国の諸君、オラがビョンホンのすごさ、
いまごろやっとわかったかね!!!
沖縄のBH会のメンバーも上映開始に合わせて7人が渡韓!
こ、こっちも相変わらずすごいですねえ。

ありがとうございました。


■111分 アメリカ アクション/コメディ
監督:ロベルト・シュヴェンケ
製作:ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ マーク・ヴァーラディアン
製作総指揮:グレゴリー・ノヴェック ジェイク・マイヤーズ
原作:ウォーレン・エリス カリー・ハムナー
脚本:ジョン・ホーバー エリック・ホーバー
撮影:フロリアン・バルハウス
衣装デザイン:スーザン・ライアル
編集:トム・ノーブル
音楽:クリストフ・ベック
音楽監修:ジュリアンヌ・ジョーダン
出演
ブルース・ウィリス フランク・モーゼズ
モーガン・フリーマン ジョー・マシス
ジョン・マルコヴィッチ マーヴィン・ボッグス
ヘレン・ミレン ヴィクトリア
カール・アーバン ウィリアム・クーパー
狙うCIA
メアリー=ルイーズ・パーカー サラ・ロス
ブライアン・コックス イヴァン・シモノフ
ジュリアン・マクマホン ロバート
リチャード・ドレイファス アレクサンダー
レベッカ・ピジョン
クリス・オーウェンズ
アーネスト・ボーグナイン
ジェームズ・レマー

DCコミックスの人気グラフィック・ノベルを基に、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスをはじめ豪華キャストで実写映画化したアクション・エンタテインメント。突然古巣のCIAに命を狙われ始めた元エージェントが、真相を探るべく昔の仲間たちと反撃チームを結成し、巨大な陰謀に立ち向かうさまをコミカルに描く。共演に「ミリオンダラー・ベイビー」のモーガン・フリーマン、「バーン・アフター・リーディング」のジョン・マルコヴィッチ、「クィーン」のヘレン・ミレン。監督は「フライトプラン」のロベルト・シュヴェンケ。
かつてCIAの腕利きエージェントとして活躍したフランク。引退した今ではオハイオの田舎町で独り静かに暮らし、互いに顔も知らない役所勤めの独身女性サラと電話で会話することを唯一の楽しみにしていた。そんなある日、フランクの家に武装集団が侵入。しかし、フランクは難なく一味を仕留め、政府に全て監視されていたためサラの身の危険も察知し、はたして暗殺の危機から彼女を救い出すのだった。そして元上司ジョーのつてを借り、一連の原因を調べると、フランクの他9人の名が記された暗殺リストを発見。またそのリストにも挙げられ、フランクの同僚で宿敵でもあったマーヴィンにリストを見せると、10名は中米グアテマラでの特殊任務の関係者たちだと判明する。さらに人脈を利用してCIA本部に潜入し、事態の謎を解く鍵となる“グアテマラ文書”をまんまと手に入れるフランク。やがて元英国諜報局MI6の名狙撃手ヴィクトリアのもとに集ったフランクら歴戦の勇者たちは、全ての黒幕が政府と癒着した軍需企業だと知り、怒濤の反撃に転じるのだが…。

  


世田谷区三軒茶屋で働く看護師・介護士・理学療法士を募集中!

日本ゴルフスクール


ブログランキング・にほんブログ村へ 



この記事へのコメント

アジアの瞳
2012年09月02日 23:15
山崎さん、こんばんは~

待ってました~
ビョンホン関連作品!!!
「レッド2」ビョンホン出演しますよ
今月からロンドンでの撮影スタートとの情報でしたので
ビョンホンssi、さぞ韓国を離れると思いきや
来年以降に撮影が延期の記事が出たり
予定通り、撮影のため今月から韓国を離れるとの情報があったりと、いまいち混沌としています
悪役のアンソニーホプキンスにしても
出演決定と言われていたのに、「レッド2」の公式に
出演「交渉中」と書かれていたり・・・
まだ詳細、つかめません
「GIジョー2」も「レッド2」も延期じゃあ
どうも気が滅入ります

ビョンホンの役どころは
悪役とのこと
山崎さんが予想されたように
現役CIA要員ではないかと・・・ファンの方々、各ブログで
予想して楽しんでいます
真っ赤な夕陽をバックに「レッド2」のポスターが上がって来ていますが
ビョンホンssiの影が映っていますよ
髪型や体型からして
一番右端ですよね、きっと
ちゃんと、Byunghun Leeと明記されてます
もうね、山崎さん・・・・・!!
私、鼻高々~!!!

ご覧になってくださいね
織田さんと共演した「黒田耕作」で出ていた
長髪、カンプ―姿のジョン役のようなイメージが希望だったがなあ~
来年8月公開とのことでしたが
予定通り公開日に間に合うかなあ
いずれにせよ
来年はハリウッド俳優、ビョンホン・リーの活躍
見逃せません

アジアの瞳
2012年09月08日 10:42
山崎さん、おはようございます

再び失礼いたします
昨日はBH仲間とモスバーガーに集まって
最近のBH情報を話し込んできました
「RED」正直、私的にはイマイチ…と思ったんですがね
BH仲間の評価は結構良くて・・・
はぁ~・・・!?
いやあ、嬉しいですよ~ホント!!
山崎さんも褒めているし
「RED2」応援し甲斐があるよ~

ところで「RED2」撮影の件ですが
情報いろいろ錯綜してましたが、結局ビョンホン「RED2」の撮影のために今月10日トロントに出発するとのこと
それに関連して
「光海 王になった男」の公開を今月19日から13日に早めたとのこと
「レッド2」の撮影のためBHが「光海・・」のプロモーション活動ができないからというのが公開を早めた理由のようです。
山崎さん、そしてですね、!!!
私が今日、最も強調したい事は
これなんです、コレ!!
    ↓
「光海・・・」の公開を早めたもう一つの理由として
試写会を2000人?の観客(一般人?)に公開した結果
(韓国記事の日本語翻訳がいまいち不明なので、うまく把握できないのですが、この映画制作人、かなりこの作品に自信があったようで大規模な試写会を展開した様子)
ツイッターでの評判が爆発的だと言うことが背景にある

もうね、山崎さん
「光海・・」関連の記事が洪水のごとく
溢れだして、大変な騒ぎです
公開が13日に早まったとの情報は
昨日発表されたニュースなんですが
確実だと思われます
我が沖縄のBh会のメンバーも「光海・・」を鑑賞するため
7名が渡韓予定です~

この記事へのトラックバック