市川崑__監督

■市川 崑 いちかわ こん

1915年(大正4年)11月20日 - 2008年(平成20年)2月13日
日本の映画監督
娯楽映画から実験的映画、更にはテレビ時代劇ドラマまでを幅広く手がけ、昭和の日本映画黄金期から21世紀初頭まで、第一線で映画制作に取り組んだ
代表作に『ビルマの竪琴』『おとうと』『野火』『東京オリンピック』『犬神家の一族』『細雪』など

画像



戦前

1915年(大正4年)、三重県宇治山田市(現・伊勢市)生まれ。
呉服問屋であったが父が急死し4歳から伯母の住む大阪市西区九条、に移りその後脊椎カリエスで長野県に転地療養。その後広島市に住む。出生名は市川儀一という名前で、成人してから市川崑に改名した。
改名の理由は、市川自身が漫画家の清水崑のファンであったからとも、姓名判断にこっていた伯父の勧めからとも言われている。17歳のときに信州での初恋の女性をモデルに書いた「江戸屋のお染ちゃん」を週刊朝日に投稿し当選する。

画家に憧れていたが、当時は財産がないと難しかったのであきらめる。
少年時代に見たウォルト・ディズニーのアニメーション映画にあこがれ、親戚の伝手で京都のJ.O.スタヂオ(のち東宝京都撮影所)のトーキー漫画部に入り、アニメーターを務める。そして『ミッキー・マウス』や『シリー・シンフォニー』などのフィルムを借りて一コマ一コマを克明に分析研究し、映画の本質を学んだ。召集令状は2度きたが、脊椎カリエス、腹膜炎でともに免除となった。
1936年(昭和11年)には脚本・作画・撮影・編集をすべて一人でおこなった6分の短編アニメ映画『新説カチカチ山』を発表。漫画部の閉鎖とともに実写映画の助監督に転じ、伊丹万作、阿部豊らに師事。京都撮影所の閉鎖にともなって東京撮影所に転勤する。この東宝砧撮影所は、以後、短い新東宝時代、10年程度の日活・大映時代を除き、没後の「お別れの会」に至るまで終世のホームグラウンドとなった。
1970年代以降の東宝は自社制作が極端に少なくなったが、そのうちのかなりの本数を市川に委ねており、絶対の信頼関係があった。東宝および直系子会社が主に出資した作品を東宝映画とみなした場合、製作分離した1970年代以降で16本を市川が監督。現在までのところ10本以上撮っている監督は他にいない。これ以外に他社主導出資や製作委員会方式で東宝撮影所使用の作品が多数ある。


戦後

広島にいた母を含む家族8人全員が1945年8月6日被爆したが全員無事であった。1945年(昭和20年)には人形劇『娘道成寺』を制作したがお蔵入りした。終戦を29歳で迎え、その時には実写の助監督に戻っていた。その後市川は実写映画に活動の場を移した。市川はアニメーションから実写映画に転身して成功を収めた数少ない映画人である。
東宝東京撮影所から東宝争議のなかで新東宝撮影所に転じ、のちにまた東宝に復帰した。この時期は『プーサン』や『億万長者』などの異色風刺喜劇や早口演出の『結婚行進曲』、大胆な映像処理の『盗まれた恋』などの実験的な作品で話題を呼んだが、『三百六十五夜』のようなオーソドックスなメロドラマの大ヒット作品も撮っている。
1955年(昭和30年)にはその前年映画制作を再開したばかりの日活に移籍。『ビルマの竪琴』で一躍名監督の仲間入りを果たし、さらに大映に移籍。文芸映画を中心に『鍵』、『野火』、『炎上』、『破戒』、『黒い十人の女』、『日本橋』、『ぼんち』、『私は二歳』、『雪之丞変化』など名作を毎年のように発表して地位を確立した。とりわけ1960年(昭和35年)の『おとうと』は大正時代を舞台にした姉弟の愛を宮川一夫のカメラで美しく表現、自身初のキネマ旬報ベストワンに輝く作品となった。
また石原裕次郎主演で『太平洋ひとりぼっち』(1962年(昭和37年))を撮るなど、意欲的な映像活動に取り組んでいたのもこの時期のことである。

東京オリンピック論争

1965年(昭和40年)には総監督として製作した『東京オリンピック』が一大センセーションを起す。市川はオリンピックは筋書きのない壮大なドラマに他ならないとして、開会式から閉会式に至るまでの緻密な脚本を和田夏十・谷川俊太郎・白坂依志夫とともに書き上げ、これをもとにこのドキュメンタリー映画を撮りあげた。
しかも冒頭に競技施設建設のため旧来の姿を失ってゆく東京の様子を持ってきたり、一つのシーンを数多くのカメラでさまざまなアングルから撮影したり、望遠鏡のような2000ミリ望遠レンズを使って選手の胸の鼓動や額ににじむ汗を捉えたり、競技者とともに観戦者を、勝者とともに敗者を、歓喜とともに絶望を描いたりするなど、従来の「記録映画」とは全く性質の異なる極めて芸術性の高い作品に仕上げた。
これをオリンピック担当大臣の河野一郎が「記録性に欠ける」と批判したことから[1]、「『東京オリンピック』は記録映画か芸術作品か」という大論争を呼び起こすことになった[2]。この作品を最後に妻は脚本の筆を置いた後、乳癌を発病した。後に「細雪」の最後のシーンの脚本が遺作となった。

テレビ映像への挑戦

テレビ放送の開始で、映画が全盛期から斜陽期へと向かう時代が忍び寄る中、映画関係者の中にはテレビに敵対意識を持ったり、蔑視する者が少なくなかった。そんな中、市川はテレビを新メディアとしての可能性に注目し、映画監督としてはいち早く1959年よりこの分野に積極的に進出。フィルム撮りのテレビ映画やコマーシャル・フィルムに始まり、生放送ドラマ、ビデオ撮りのドラマから実験期のハイビジョンカメラを使ったドラマまでを手掛け、テレビ史においても先駆的な役割を果たした。
1965年から1966年にかけて放送された『源氏物語』(毎日放送)では、美術や衣装を白と黒に統一するなど独特の演出を手がけ、演出指導を務めた「夕顔の巻」では国際エミー賞にノミネートされた。テレビコマーシャルでは、大原麗子を起用したサントリーレッド(ウイスキー)がシリーズ化され、長年に渡って放映された。
1972年に監督・監修を手がけた連続テレビ時代劇『市川崑劇場・木枯し紋次郎シリーズ』(フジテレビ)は、市川自身による斬新な演出と迫真性の高い映像から今日では伝説的な作品となっており、その後のテレビ時代劇に大きな影響を与えたと言われている。
また、全民間テレビ放送局で同時放送された『ゆく年くる年』の1979年(昭和54年) - 1980年(昭和55年)(東京12チャンネル制作)で総監督も務めている。

昭和後期から平成へ

1969年(昭和44年)には黒澤明、木下惠介、小林正樹と4人で「四騎の会」を結成し、『どら平太』の脚本を共同で執筆、当初は4人共同監督で映画化と発表されたが市川の撮影シーンをどの部分にするかでもめて中止。後年、3人が亡くなったのちに自身で監督している。
1970年代は横溝正史の「金田一耕助シリーズ」を手掛け、絢爛豪華な映像美と快テンポの語り口で全作が大ヒットとなった。さらに『細雪』、『おはん』、『鹿鳴館』などの文芸大作、海外ミステリーを翻案した『幸福』、時代劇『四十七人の刺客』、『どら平太』、『かあちゃん』など、多彩な領域で成果を収める。
2003年(平成15年)にはフィルムセンターにて初期作品も含めた65本を上映する大特集が組まれ、前後して初期・中期の作品が相次いでDVD化されるなど、前半生の作品の再評価も進んでいった。
90歳を超えても現役で活躍したという点では新藤兼人に次ぐ長老監督に位置し、日本映画界においては受賞歴と興行実績をあわせたキャリアにおいて比肩する者のない存在となったが、2006年(平成18年)には30年前に監督した『犬神家の一族』をセルフリメイクするなど、老いてなおその実験精神は衰えなかった。

2008年(平成20年)2月13日午前1時55分、肺炎のため東京都内の病院で死去。92歳没。
2008年(平成20年)3月11日、日本政府は閣議に於いて市川に対し、彼の長年の映画界への貢献及び日本文化の発展に尽くした功績を評価し、逝去した2008年(平成20年)2月13日に遡って正四位に叙すると共に、旭日重光章を授与することを決定した。
2008年(平成20年)3月30日、お別れの会が成城の東宝撮影所第9ステージで開かれ、映画関係者や俳優ら850人が参列した。

なお、60年の監督生活を長期間特定の会社に専属することなく過ごし、なおかつ低落し続ける日本映画界でほとんどブランクなく撮り続けた実績は驚異的であるが、これだけ各社を飛び回りながら、大手映画会社では松竹とだけ縁がなかった(東映は東横映画時代に1本撮っている)。1980年代に半村良の「妖星伝」映画化が同社製作で発表され、そのほか池波正太郎作品映画化(作者が市川を高く評価していた)やシネマジャパネスクでも名前があがったが、いずれも実現しなかった。


監督作品
1936.11.04 合戦かちかち山  J.O.  ... 作画
1938.06.15 花ちりぬ  東宝映画京都  ... 演出補助
1939.02.01 むかしの歌  東宝映画京都  ... 演出補助
1940.06.23 エノケンのワンワン大将  東宝映画東京  ... 製作主任
1943.01.14 愛の世界 山猫とみの話  東宝映画  ... 演出助手
1943.04.01 兵六夢物語  東宝映画  ... 製作主任
1943.12.29 浪曲忠臣蔵  東宝  ... 製作主任
1945._._ 娘道成寺  東宝教育映画
1947.02.25 東宝千一夜  新東宝映画  ... 構成
1948.04.02 花ひらく  新東宝映画
1948.09.21 三百六十五夜 東京篇  新東宝
1948.09.28 三百六十五夜 大阪篇  新東宝
1949.06.14 人間模様  新東宝
1949.09.27 果しなき情熱  新世紀プロ=新東宝
1950.03.30 銀座三四郎  新東宝=青柳プロ
1950.05.01 熱泥地  新東宝
1950.10.03 暁の追跡  田中プロ=新東宝
1951.01.13 夜来香  新東宝=昭映プロ
1951.03.10 恋人  新東宝=昭映プロ
1951.04.14 無国籍者  昭映プロ=東横映画
1951.06.08 盗まれた恋  新東宝=青柳プロ
1951.10.19 ブンガワンソロ  新東宝
1951.12.28 結婚行進曲  東宝
1952.02.21 ラッキーさん  東宝
1952.07.08 若い人  東宝
1952.11.06 足にさわった女  東宝
1952.12.23 あの手この手  大映京都
1953.04.15 プーサン  東宝
1953.06.10 青色革命  東宝
1953.08.19 天晴れ一番手柄 青春銭形平次  東宝
1953.11.10 愛人  東宝
1954.05.12 わたしの凡てを  東宝
1954.11.22 億万長者  青年俳優クラブ
1954.11.23 女性に関する十二章  東宝
1955.04.19 青春怪談  日活
1955.08.31 こころ  日活
1956.01.21 ビルマの竪琴 第一部望郷篇  日活
1956.02.12 ビルマの竪琴 第二部  日活
1956.06.28 処刑の部屋  大映東京
1956.10.01 日本橋  大映東京
1957.03.27 満員電車  大映東京
1957.08.27 東北の神武たち  東宝
1957.10.15 穴  大映東京
1958.08.19 炎上  大映京都
1959.01.03 あなたと私の合言葉 さよなら、今日は  大映東京
1959.06.23 鍵  大映東京
1959.11.03 野火  大映東京
1960.01.14 女経 第二話 物を高く売りつける女  大映東京
1960.04.13 ぼんち  大映京都
1960.11.01 おとうと  大映東京
1961.05.03 黒い十人の女  大映東京
1962.04.06 破戒  大映京都
1962.11.18 私は二歳  大映東京
1963.01.13 雪之丞変化  大映京都
1963.10.27 太平洋ひとりぼっち  石原プロ
1964.05.02 ど根性物語 銭の踊り  大映東京
1965.03.20 東京オリンピック  東京オリンピック映画協会  ... 総監督
1967.07.20 トッポ・ジージョのボタン戦争  マリア・ペレーゴ・プロ=キングスメン・エ...
1967._._ 銀座100年  資生堂=宣映  ... 監修
1968.09.21 第50回全国高校野球選手権大会 青春  朝日新聞=朝日テレビニュース  ... 総監督
1968._._ 京  オリベッティ
1969.10.25 太陽のオリンピア MEXICO 1968 Olympiada en Mexico  メキシコ・オリンピック組織委員会  ... 日本語版監修
1970.03.15 つる  デスクK
1970.03.15 パンパの活躍  デスクK
1970.03.15 日本と日本人  東宝  ... 総監督
1971.05.15 愛ふただび  東宝
1973.04.07 股旅  崑プロ=日本ATG
1973.09.21 時よとまれ、君は美しい ミュンヘンの17日 Visions of Eight  デビッド・ウォルパー・プロ
1975.05.31 吾輩は猫である  芸苑社
1976.01.17 妻と女の間  東宝映画 製作協力:芸苑社
1976.10.16 犬神家の一族  角川春樹事務所
1977.04.02 悪魔の手毬唄  東宝映画
1977.08.27 獄門島  東宝映画
1978.02.11 女王蜂  東宝映画
1978.08.12 火の鳥  火の鳥プロ=東宝
1979.05.26 病院坂の首縊りの家  東宝映画
1979.08.04 銀河鉄道999  東映動画  ... 監修
1980.12.06 古都  ホリ企画制作
1981.10.10 幸福  フォーライフ=東宝映画
1981.11.07 長江  さだ企画=中華人民共和国中央電視台  ... 総監修
1983.05.21 細雪  東宝映画
1984.10.06 おはん  東宝映画
1985.07.20 ビルマの竪琴  フジテレビジョン=博報堂=キネマ東京
1985._._ やすらぎ  泉放送制作  ... 監修
1986.07.12 子猫物語  フジテレビ  ... 協力監督
1986.09.20 鹿鳴館  MARUGEN-FILM
1987.01.17 映画女優  東宝映画
1987.09.26 竹取物語  東宝映画=フジテレビ
1988.05.21 つる 鶴  東宝映画
1991.03.16 天河伝説殺人事件  「天河殺人事件」製作委員会
1993.11.20 帰って来た木枯し紋次郎  フジテレビジョン=C・A・L
1994.10.22 四十七人の刺客  東宝映画
1996.10.26 八つ墓村  東宝映画
2000.01.15 新選組  フジテレビ
2000.05.13 どら平太  「どら平太」製作委員会=日活=株...
2001.11.10 かあちゃん  映像京都=日活=イマジカ=シナノ企画
2003.11.15 蕎麦あんびえんと スーパーデラックス ちりぬるを  スピードスター・インターナショナル
2007.01.27 ユメ十夜 第二夜  ユメ十夜制作委員会





獄門島 [DVD]
東宝ビデオ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 獄門島 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【VHS】BU・SU■監督:市川準//富田靖子/丘みつ子/大楠道代/伊藤かずえ/高嶋政宏■(1987) 東宝東和■ 【中古】
リサイクルメディア館
■商品状態中古ビデオ[レンタル落ち] ※ケース交換をして配送しています■商品情報JAN:498810

楽天市場 by 【VHS】BU・SU■監督:市川準//富田靖子/丘みつ子/大楠道代/伊藤かずえ/高嶋政宏■(1987) 東宝東和■ 【中古】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック