家門の災難 (2011) 韓国

[861]家門一族に代わって九州生まれのおらが博多をガイドしよう(笑)
★★★★☆☆

画像

おらの大好きな「家門シリーズ」第4弾。
驚くなかれ、こんどはなんと日本・福岡が舞台だったよ!

「母の手食品」会社で製造しているキムチの
日本での売れ行きが落ちた。
日本国内の会社が、
日本人に合う辛くないキムチを売り出したからだ。

なにを? 辛くないキムチなんてキムチじゃねえべ!
んだんだ!

つうことになってとりあえず、
社長のホン・ドクチャ(キム・スミ)が例のアホ息子どもを連れて
日本の博多へ市場偵察へ出向くことになったんだべ(笑)。

画像

ソウルを発ち博多へ向かうドクチャと、そのアホ息子ども。

左から、三男のギョンジェ…、イム・ヒョンジュン。
長男インジェの手下のジョンミョン…、チョン・ジュナ。
社長で母のホン・ドクチャ…、おらが愛するキム・スミ。
長男のインジェ…、変態のおらがシン・ヒョンジュン。
ひとりおいて次男のソクチェ…、タク・チェフン。

こらこら、それじゃまるで極道の殴り込みじゃないか!
あ、いいのか、こいつらもともと極道一家(白虎組)だもんな。

画像

機内食がタダだと知って、機内食を全部食っちまうアホども(笑)。

画像

ほんとうに福岡空港へ降りてしまったおらが家門一族。
右の女の子は旅行ガイドの森ふじこ…、キム・ジウ。
韓国映画は、日本人俳優は断固使わない(笑)。

画像

移動中の車から見えた福岡タワー。

画像

後に盗まれるとも知らずに、博多のシーサイド百道(ももち)で
持ってきた金を数える家門アホ一族(笑)。

画像

森ちゃんに案内された銀行で、
韓国のウォンを円に換えようとする家門一族。
ちなみにロケに使われた銀行は、
佐賀県にある「九州ひぜん信用金庫」なんだってよ(笑)。

画像

と、そこへたまたま、以前
ミンジェが見合いしたことのある女のヒョジョン(ヒョニョン)が現われて、
久しぶりに一家と再会。
なんで佐賀の片田舎で再会せにゃならんのだあ!

画像

と、また突如、そこへ仮面を被った変な銀行強盗が現われて
一家の金が盗まれるのだが、

画像

ざけんな、
ソウルの百虎組を襲うとはいい度胸してるじゃねえか、
と返り討ちにして強盗の仮面を剥いでみると、

画像

お~、おめえ、おらがチョン・マンシクでねえか!

画像

おめえも博多へ来とったとね。
いやあ、遥ばる、よ~来てくれたとね。
お礼に中州の屋台ラーメン、ごちそうせにゃいかんばってん。
ホラ、行こ行こ。な~んもそんなに遠慮せんでよかばってん。

画像

え? オレは「いせきけんじ」?
なに言うてけつかるねん。
そんな変な日本語喋る日本人いねえばってん。
おめえ、チョン・マンシクだべ。マンシクに違げえねえべ。

おい、こら、
警官が来たドサクサに紛れてどこ行くべ?
金持って逃げるなばってん。

え? てめえこそ何者だ?
そげな変な博多弁使うもんはおらん? あ、すまんばってん。

画像

と、まあ、金を盗まれた家門一族が、
無一文になったあげく、強盗に間違われて逃亡しつつ
強盗を追いかけ最後は捕まえる…、

つう博多観光ロードムービーつうか、なんつうか…、
みたいな映画だべがな。

画像

佐賀県の嬉野温泉にある
武雄・嬉野カントリークラブ・コースを横切ってクラブを宣伝し、
映画制作費を稼ごうとする映画スタッフと、おらが家門一族(笑)。

画像

同・嬉野温泉にある和多屋別荘(旅館)。

画像

こっそり盗湯する、おらがキム・スミとヒョニョン。
さすがだねえ、似合うでねえかい、日本情緒が(笑)。

画像

同じく三兄弟…、お~、三兄弟合わせれば朝鮮虎だあ(笑)。
向こうでひとり盗湯してるのは、いせきけんじことチョン・マンシク。

画像

ここはどこ? 佐賀? 福岡?

画像

どこかわからんけど、なにせ無一文なので
森と渓谷の中でしばらく土人生活を強いられる家門一族(笑)。

画像
画像

おめえら、九州とハワイの区別もついてねくねえか?

画像

太宰府天満宮の前で勉強に励む…、
じゃなくて、賭けボクシングに勤しむ三男のギョンジェ。
天神さま(菅原道真)の泣いている声がおらには聞こえたべ(笑)。

画像

同じく太宰府天満宮の前で勉強に励む…、
じゃなくて、乞食に励むインジェの手下のジョンミョン(笑)。

画像

拾った金で一攫千金を狙い、
佐賀のパチンコ屋「チャンピオン」でパチンコに興じる次男ソクチェ。

画像

博多の中心街…、天神のサザン通り。

画像

博多・大濠公園をプラプラする家門一族。
絶対絶命の状況なのになんだよ、その笑顔。
おめえら、絶対、優雅な観光気分だっち(笑)。

画像
画像

ドクチャの誕生日だってんで、
佐賀の懐石料理屋「銀座」に入る家門一族。
でも金がないので食うのは、佐賀牛じゃなくてうどん(笑)。

画像

天神交差点あたり…?

ビルのテレビに映ってるのは、なんだかんだのあげく、
最後に前科7犯の強盗「いせきけんじ」を捕まえて、
博多市から表彰されている韓国市民の家門一族だよ~ん(笑)。

すこしサービスをしよう。

画像

強盗した金で博多を満喫するチョン・マンシク。(笑)
結局、直後、バイクに乗った若者たちに
この金の入ったバッグをひっくりられてしまい、
一転、乞食に転落(笑)。

画像

コインランドリーでかっぱらった服を着て歩く一族(笑)。

画像

バザー会場で新たに服をかっぱらうべく、
囮として踊るソクチェとヒョジョン。
そしてエキストラ出演の、韓国映画ファンのおばさんたち。
いいなあ、おらも出たかったよ。(笑)

画像

強盗を追って冷凍車に乗ったはいいものの、
凍ってしまったアホ一族(笑)。

画像

強盗と対決するおらが変態男のシン・ヒョンジュン。

画像

ほかにもおらが変態男が二人ほど友情出演しているよ。
ひとりはこのチョン・ウンイン。

旅行ガイド森さんをストーカーしている国家情報院要員…、
というのはまっ赤なウソで、精神病院から抜け出してきた男の役。

ちなみに後姿の着物女性は、
和多屋別荘(旅館)のおかみさん(笑)。

画像

バス運転手も韓国人も仮の姿で、
じつは私はフランス大統領の息子だと名乗る変態男…、
おらがパク・チョルミン(笑)。

う~ん、おらはどうも変態男が好みのようだなあ。

芸達者が多くて相変わらず笑えるが、
その中で今回圧倒的におらがハートを捉えたのは、
ヒョニョンだったよ。

その1シーン…。

画像

迷った夜中の山道で、
通りかかる車を悩殺ポーズで捕まえようとする。

画像

ところがやってきた車は止まらず、
ヒョニョンはポーンとうさぎのように空高く跳ねられ、

画像

山道に頭からつっ込んだのだが、

画像

しかし見よ、どこまでも悩殺的なヒョニョンのこの姿を!

画像

これは韓国へ帰る船の中。
次男の前でワインの木栓を
男のナニのごとく咥えて引っこ抜いてみせるヒョニョンの
この究極の悩殺ポーズ…!

画像

これも帰国する高速船内…?

いやあ、気持ちよさそうだよねえ!
飛行機嫌いのおらには最高だべ。
博多まで新幹線で行って、それからこの船に乗って釜山へ脱出するか!
日本はもういいわ(笑)。

あ、シリーズ四作目、、
ストーリー的には山がなくて
家門エネルギーも全体的にちょっと落ちたかなって感じだけど、
めちゃくちゃ笑えるし、

特に福岡、佐賀のひとなんかもう絶対
2倍も3倍も100倍も楽しめちゃうよ~。

絶対おすすめせんといかんバッテン!


●たまねぎさん
私も観て、驚き嬉し、でしたねえ。
ほとんど全編、福岡、佐賀ロケですもんねえ。
たまねぎさんだと、
あ、ここはどこだ!なんて私より全然わかるでしょうから
もっと面白いんじゃないですかねえ!
わかったら、ぜひ詳細を教えてくださいな。
いや、たまねぎさんにブログで紹介してもらったほうが
断然早いかな?
「シンソッキ ブルース」、面白いですよねえ!
あ、あとはそっちで…(笑)。

●sanaeさん
まだ「純愛中毒」博多行から間もないので
この映画、感慨ひとしおでした(笑)。
はい、ヒョンジュンを見てもいない相手の強盗は
「息もできない」にも出てたおらがマンシクです(笑)。
あ、嬉野の「棚田」なんですか。すごくきれいな棚田ですね!
ほか、私、間違ってないですかね?(笑)

ありがとうございました。


■103分 韓国 コメディ/ロマンス
監督:チョン・テウォン
脚本:キム・ヨンチャン
撮影:キム・チョンソク
音楽:キム・ウチョル イ・ヒョンジュ
出演
キム・スミ  ホン・ドクチャ(母の手食品会長)
シン・ヒョンジュン  チャン・インジェ(長男)
タク・チェフン  チャン・ソクチェ(次男)
イム・ヒョンジュン  チャン・ギョンジェ(三男)
チョン・ジュナ  ナ・ジョンミョン(インジェの手下)
ヒョニョン  ヒョジョン インジェの過去の見合い相手
チョン・ウンイン  キム・ヒョンジュン(大韓民国福岡総領事館)
キム・ジウ  森ふじこ(旅行ガイド)
チョン・マンシク  いせき けんじ(銀行強盗前科7犯)
イ・ジェフン  警察官

ホン会長一家は,出国禁止が解除になり,初めての海外旅行で日本に向かう。
<家門の栄光>シリーズの第4弾。
企業の成功に心酔して安易な生活を送っていたホン会長一家は,生まれて初めての出国禁止解除の便りに,初めての海外旅行を準備する。暴力団精神で企業と一族を導くカリスマ大母ホン会長,暮らしの達人に新たになったペッコ(白虎)組の第1人者チャン・インジェ,あふれる浮気性を持て余すことができない一族の初めての離婚男チャン・ソクチェ,ささいなことにも大きく興奮する一族のサムダク,チャン・ギョンジェ。
笑おうと出かけた旅行,死ぬほど追って追われることになるメッセージ。果たして彼らは無事に家に戻ることができるのだろうか。

 

クリックしていただけると助かります。
感動の臨場感!☆話題のマシェリ☆ ペパボのブログサービス【JUGEM

ブログランキングに参加しています。ぜひポチっと(喜)
 にほんブログ村 映画ブログへ  



この記事へのコメント

たまねぎ
2012年12月17日 00:26
驚いたですよ~こんな映画があったなんて~@@
記事も、とても面白くて、最後まで笑いっぱなしでした~^^
福岡県人としては是非観たかですね!

今日、ツタヤカード更新で、無料DVD一枚借りてきたのですが、とても楽しめた映画でした。
「シンソッキ ブルース」という作品名でしたが、観られたことありますか?
イ・ソンジェさんの演技には感心しました~
キム・ヒョンジュさん、好きな女優さんですが、この映画でもさすがと思いました。
ファン・ジョンウムさん(確か?)やイ・ジョンヒョクさんも出てて、見ごたえありました^^
2012年12月17日 10:45
こんにちは、sanaeです。
いや~凄く楽しいレビューでした。

>強盗を追って冷凍車に乗ったはいいものの
凍ってしまったアホ一族(笑)

>強盗と対決するおらが
変態男のシン・ヒョンジュン。

↑は堪らず声出して笑ってしまいました。
「息もできない」のマンシクさんですね!
確かアイリスでも日本人役として出てたかと?

山が写る写真、嬉野でロケしてるみたいなので
もしかしたら嬉野の棚田かも知れませんね。

博多の人は、ばってん・ばってん
以外に使わんばってん(笑)

この記事へのトラックバック