第7鉱区 (2011) 韓国

[875]ハ・ジウォンは「おとこ」をやれば生きる!と新発見したなあ(笑)
★★★★☆☆

画像


ハ・ジウォン、アン・ソンギ共演のモンスター映画。

動員数224万人…、
結構なヒット作なんだけど、
なんでそんなにヒットせにゃならんのだあ~!
と、おらにはちょっぴり理解しがたい現象(笑)。

韓国のひとたち、
もしかして熱狂的にモンスター映画が好きなのか、
あるいはモンスター映画に免疫ができてないのか(笑)。

あ、子供たちが観るのかな?
だったらわかるか。

う~ん、しかしなあ…、あれだなあ…、
ハ・ジウォンの作品としては案外一番いいかもなあ
と妙に感心したりして…。

舞台は、
チェジュ(済州島)沖の第7鉱区に浮かぶ
石油ボーリング船…、エクリプス号。

画像

1985年に事故が起きて
ボーリング作業はいったん中止になるが、
2010年に再開。

が、厄介な鉱区で、
きょうもドリルが岩盤に当たって止まった。

画像

海底装備マネジャーのヘジュン…、ハ・ジウォン。
あだ名は「無鉄砲」。

じつは父親もこの鉱区で働いていたが、
85年の事故で死亡している。

画像

エンジニアのサング…、久しぶりだね、パク・チョルミン。

画像

右、ムニョン医師…、きのうも会ったね、イ・ハヌィ。(笑)
左、船長のイニョク。

画像

ドリル事故の直後、化学合成生態系が…、
太陽光のない世界に住む生態系が
ピコンピコンと船に上ってきた。

画像

隊員チスンが、
その化学合成生態系に噛まれて唇が変形しちゃった?
う~ん、勘の良いひとはもう
これから登場するモンスターの正体がわかったかもなあ(笑)。

画像

ある日、
この船のキャプテン(船長)だったジョンマンも上ってきた。 
おらがアン・ソンギ…、うん、カッコいい!(笑)

無鉄砲にとっては「おじさん」に等しい間柄。
とうちゃんがこの船長と一緒に働いていたからなのだが、

じつはこの船からの撤収が決定し、
ジョンマンが送られてきたのだ。

無鉄砲は、
海底に眠る父に会いたい、
油田を掘り当てたいと思っているのだが、

が、ジョンマンは意外にも、
その願いを聞き入れてか、作業継続を指示。

画像

3カ月後…、船上でレースを楽しむ無鉄砲と
恋人のジョンユン。

ハ・ジウォンが「おんな」をやるともうひとつピンと来ないが、
おっ、「おとこ」は結構似合うじゃん!
と、おらは思ってしまったのだった…、ごめん。

画像

船に異変が起こりはじめる。
無鉄砲と一緒に潜水に出た隊員が事故死(?)した。

画像

生態研究員のヒョンジョンが転落死。
彼女に熱烈片想いをしていた隊員チスンが疑われ、
閉じ込められる。

画像

が、ドクターのおらがイ・ハヌィも何者かに襲撃され、
生態研究員ヒョンジョンの遺体も消えた。

閉じ込められていた隊員チスンも襲撃され、
「バケモノが…」と逃げ出す。

で、みんなが彼を追っていると…、

画像

バケモノが出たあ~!
ごめん…、出たあ~、モンスターだあ!
というお話…(笑)。

画像

後はこのモンスターとの戦い一筋になるわけだよね。
怖いよお~。
無鉄砲以外は全員食べられちゃうからねえ。

画像

ジョンマン船長、なにをしてるのか?
うん、鉄砲で撃っても死なないから、
ライターを着火してモンスターに投げつけてるの。

ライターを投げつけてどうするのか?

画像

うん、モンスターに火をつけて燃やすの。

なんでモンスターが火達磨になるのか?
うん、こいつ、じつは「新燃料」なんだよね。

新燃料とはなにか?

画像

20年前、ジョンマン船長と無鉄砲のおとうちゃんたちは
石油に代わる「新燃料」を発見したんだよね。

画像

その新燃料とは、
あの可愛い化学合成生態系だった。
燃やすと、なんと自ら何十時間と燃え続けていたのだ。

凄いよねえ、人類史上の大発見だよねえ!

あ、右が無鉄砲のとうちゃんだよ…、おらがチョン・インギ。

じゃ、このモンスターは?
そう、その化学合成生態系の成れの果てだったんだよね。
凄いだろう!

画像

ちなみに無鉄砲のとうちゃんは、
この新発見は無発見にしようと船長に言ったんだよね。
燃料とは言え、生命体なんだから、と。

このあと事故が起きて第7鉱区はいったん閉鎖。

画像

ところが2010年に再開されると、
ジョンマン船長は生態研究員ヒョンジョンに指示して
化学合成生態系をこっそり人工飼育してたんだよねえ。

画像

が、その人工飼育体がバケモノ化して逃げ出した。

生態研究員ヒョンジョンが
そのことを隊員たちに話そうとしたもんだからさ、
ジョンマン船長が彼女を転落死させたんだよね。

凄い話だなあ。
だろう。
アン・ソンギ、めちゃくちゃ悪いやつじゃん!

でも責任を取って隊員たちに告白、
みんなを逃がそうとするんだよね。
そのへん、日本の政治家たちと違うよねえ。
さすが、おらがアン・ソンギだよねえ。

でも…。
でも、なによ?

船長の投げつけたライター、普通だと火が消えない、
モンスターに辿りつくまでに?
船長の指、離れたんだからさ。

君もつっこんでくるねえ。
でも韓国映画はつっこまないで観るのが常識なんだよ。
多少矛盾してても面白ければいいんだよ。
そのことを証明してみせたのが韓国映画なんだよ。

凄いねえ、韓国映画は。
凄いだろう、世紀の大証明だよねえ。

画像

戦う、われらがアン・ソンギ船長。

画像

モンスターの放つ火で火達磨にされる、われらがアン・ソンギ船長。
船長、ごめん、いい写真が撮れなくて。

画像

モンスターに捕らえられて
海に落とされてしまう無鉄砲の恋人。

画像

残り火と化したモンスターに
バイクで突っ込んでいく無鉄砲な無鉄砲(笑)。

画像

その名の如く、原始戦を挑む、無鉄砲。(笑)

画像

危うし、無鉄砲。

画像

ターミネーター・モンスターを油田発掘機の下におびきよせ、
ドリルでついに粉砕してしまう、無鉄砲。
ちなみに石油は出ない(笑)。

画像

モンスター戦でただひとり生き残った無鉄砲は、
救助ヘリに救助された。

無鉄砲に勝利の喜びはない。
無限の悲しみがあるだけだった…。

という映画だよ(笑)。

お孫さんに解説してあげなきゃいけないひとは
とりあえず観ておきましょう。
よかったね、これ、読んどいて。

■101分 韓国 アクション/サスペンス/パニック
監督:キム・ジフン
脚本:キム・フィ ユン・ジェギュン
撮影:イ・ドゥマン
出演
ハ・ジウォン チャ・ヘジュン
アン・ソンギ アン・ジョンマン
オ・ジホ キム・ドンス
イ・ハンウィ ムンヒョン
パク・チョルミン ト・サング
ソン・セビョク コ・ジョンユン
チャ・イェリョン ヒョンジョン

本国韓国で大ヒットしたモンスター・サスペンス・アクション。
大海原に浮かぶ巨大石油ボーリング船を舞台に、謎の深海生物の恐るべき襲撃に立ち向かうヒロインの活躍を、オール国内製CGによる迫力の3Dアクションで描き出す。
主演は「TSUNAMI-ツナミ-」「私の愛、私のそばに」のハ・ジウォン、共演に「墨攻」「シルミド/SILMIDO」のアン・ソンギ。監督は「光州5・18」のキム・ジフン。
豊富な海洋資源の存在が期待されている九州の西、東シナ海に位置する“第7鉱区”。
そこで調査を続けているのが韓国の石油ボーリング船“エクリプス号”。
しかし大きな成果を挙げられぬまま、ついに本部からの撤収命令が下る。
これに海底装備マネージャーのヘジュンが猛反発、本部からやって来たベテランキャプテンのジョンマンの計らいでなんとか調査を続けることに。
しかし、やがて船内では隊員たちが次々と命を落とす不可解な出来事が続いた末、ついに謎の巨大深海生物がヘジュンたちの前に姿を現わすのだったが…。

 

クリックしていただけると助かります。
スタイルプラス パワージューサー トゥルースリーパー コンフォート

ブログランキングに参加しています。ぜひポチっと(喜)
 にほんブログ村 映画ブログへ  



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • アン・ソンギ 最新情報 - これ好き! KoreaFan

    Excerpt: アン・ソンギ の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど Weblog: これ好き! KoreaFan racked: 2013-01-08 04:30