Mr.アイドル (2011) 韓国

[956]韓国のアイドル界の一端も垣間見れて面白かったよ
★★★★☆☆

画像


どうせチャラチャラしたアイドルもんだろ。
だとしたら嬉しいなあ~と思っていたら、

けっこう本格的なアイドル作成もので、歌も本格的で、
お~、いいじゃないか、嬉しいぜ!
という音楽好きなオラ向きの映画だったなあ。

画像

ナイトクラブのアイドル歌手…、おらがイ・ハヌィ。
ばかも~ん、なんでおまえが歌っとるんじゃあ。

画像

コーラスをバックに歌いまくるアイドル歌手…、おらがキム・スロ。
うわ~っ、聞きたくない引っ込めえ~。

画像

子供たちとアイドル歌手を目指す、おらがコ・チャンソク。
目指すな~止めろ~プサン(父、子)に帰れ~。

画像

お願い、頼む、歌うな、酔うな酔うな~、イム・ウォニ~!

画像

え? なんで君がいるの、チュ・ジンモ。
映画間違えてない? これ、「Mr.アイドル」よ?
私はそのアイドルの父親だ? うそだろ。
いいから引っ込んで、ホラ、はやくはやく。

画像

ある日、仁川国際空港(ソウル)に、サングラスの美女が降り立った。
音楽プロデューサーのオ・グジュである…、パク・イェジン。
ちなみに前職業は知る人ぞ知る「美人占い師」である(笑)。

画像

その彼女を迎えでた男一匹がいた。
以前彼女と一緒に働いていたサ・ヒムンである。

画像

二人はかつてスターミュージックに所属、
アイドルグループ「ミスターチルドレン」をトップ・アーティストに
育て上げた。
が、ボーカルのジフンが自殺し、グループは解散。

画像

ジフン(右)が自殺した動機は、
アイドル歌手ミオ(左)と恋に落ちたのだが、
別れろと厳しく叱責されたからだった。誰に?

画像

こいつだあ~!
スターミュージックの社長ヒムンだあ~! 銭の亡者め!(笑)

画像

で、ジフンの歌声を愛していたオ・グジュはショックのあまり、
海外にひきこもってしまったのである。
以来、彼女は表情を失ってしまった。

画像

そのオ・グジュが帰ってきた。
男は黙ってサッポロビールだと(古)、
おらがヒムンは彼女のために空き室のボクシングジムを借りた。
アイドルグループ「ミスターチルドレン」を再び世に送りだすために!

画像

まずは元メンバーを探して呼び戻す。

画像

次にボーカルを求めてオーディションを行う。

画像

ああ、あまりのレベルの低くさに自殺したくなったぜい(笑)。

画像

と、このとき突如、救世主が現れた!
え、この男が? 違う違う、こいつが連れてきたバンドだべ。

画像
画像

バント「理由なき反抗」のボーカルをやっているユジン…、チ・ヒョヌ。
歌は下手だけど声がいい、引っこ抜く、あとは要らん、だと。

ユジンは、おれはこいつらとバンドがやりたいんだと主張するが、
ほかの三人はユジンのためになればと自主的に田舎へ帰る。
で、なんだかんだの後に結局「ミスターチルドレン」に…。

画像

「おらがユジンの父だべ。ソウルでそば屋やってる。食いに来てくれ」
ああ、わかったわかった、引っ込んでけれ~(笑)。

画像

ん? なんでおらがチャン・ヨンナムがここに?
え? ユジンの姉ちゃん? 職業は「二代目美人占い師」?(笑)
夫は死んだけど子供が二人いる? こんど結婚する? 誰と?

画像

うそ~、こいつと? 信じられん、やめてくれ~!!

画像

おっ、おらがパク・チョルミンだべ。例によって特別出演だな(笑)。
ほ~、放送局CPか。応援に来てくれて嬉しいねえ。
なに? ユジンはトレンドじゃないからやめとけ?
ばかやろ~、引っ込め~、1シーン野郎~。

かくて四人の猛特訓が始まる。

画像
画像

お~、ボクサー並みだねえ、韓国アイドルは鍛えてるねえ。
ということがよ~くわかるよ。

画像

で、さあデビューだとなるのだが、
テレビ出演はことごとくこいつに邪魔されるんだよねえ。

で、はやくも窮地に追い込まれたオ・グジュが
ミスター・チルドレンを売り出すために取った秘策は?

画像

全国各地の病院の患者さんたちへの慰問コンサートや、
突撃野外コンサートだったあ~!

画像

お~、ド晴天なのにドシャ降りだあ。
韓国映画らしくていいぞお~!(笑)

画像

かれらが歌う「SUMMER DREAM」(サマー・ドリーム)は、
次第に全国の若者を中心に席巻。
次第にヒットチャートを上りつめ、ついにトップ!

画像

ちなみに「SUMMER DREAM」は、
わが国の「チューブ(TUBE)」が87年にリリースした曲なんだよね。
みんな知ってるんじゃないかな?




で、ついに、ついに歌謡大祭典への出場が決定したのだあ~!
あ、おら、よく知らねえだが韓国の紅白歌合戦みてえなの、これ?
しかし、しかし、人生そんなに甘く行くと思ったら大間違いだよね。

画像

故ジフンの恋人だったアイドル歌手ミオが
突然、ユジンの前に現れて告白したのだ。
「好きよ。あなたのファン。あなたジフンにそっくり」と。

ユジンは、故ジフンのむかしのビデオを観て愕然とし、
オ・グジュにはげしく詰め寄る。

画像

ふざけるな! おれはあんたのジフンの身代わりだったのか!

画像

と、オ・グジュはバチンとユジンをぶん殴り言う。
そうよ、あんたはジフンの最高の身代わりだった、と。
ジブンは去った、「本当の僕はいなかった」と。

おい待てジフン、こら待て! と私は慌てて追っかけて言ったよ。

ジフン、そうじゃねえんだ、よく聞け。
最初はな、たしかにおまえをジフンの身代わりにしようと育てた。
でもよ、彼女な、おまえの歌を聴いてるうちに
おまえとジフンの間に挟まれて苦しみはじめたんだ。

おまえ、まだ若くてわからんかもしれんけどな、
でなきゃおめえ、あんなに悲しい顔する訳ねえだろ?
それにおまえだってよ、そんなに怒ってんのは、
彼女が好きだからなんだろう?

だからよ、ここはひとつお互い素直になってだな。
おい、待てっちゃジフン、ジフン…!

あ~、行っちゃったよ、あいつ。
日本語で喋ったからおれの言うことわかんなかったみたいだべ(笑)。

画像

そこへスキャンダルが追い討ちをかける。
アイドルをばかにするかのようなジフンの発言が
サイトやテレビ画面に流されたのだ。

画像

またも「ミスター・チルドレン」の躍進を阻もうとする
こいつの仕業だった。

昔、自分ちのオーディションに来たとき
ジフンが喋ったビデオを都合よく編集してマスコミに流したのだ。
卑怯者め、罰として同じ写真しか使ってやらんわい(笑)。

画像

しかしジフンには証明のしようがない。
かれはマスコミの前でファンに謝罪し、
みんなにすまないとひとりスタジオを去った。

ミスター・チルドレンはどうなる?
またも解散か? それとも…? というお話ですばい。

画像

どう、二人の仲も気になるよねえ。観ないとねえ。

ちなみにユジンをやってるチ・ヒョヌ、
ミスター・チルドレンのジオをやってるパク・チェボム、
ミスター・チルドレンのヒョニをやってるチャン・ソウォン
そしてミオをやってるナム・ギュリもみんな本物の歌手。

歌はたっぷり聴けるし、
脇はいい俳優さんたちで厚みがあるから観てて楽しいよねえ。


■114分 韓国 ドラマ
監督: ラ・ヒチャン
脚本: ラ・ヒチャン イ・ギュボク
撮影: パク・ヨンス
音楽: パク・キョンジン
出演
パク・イェジン オ・グジュ
チ・ヒョヌ ユジン
イム・ウォニ パク・サンシク
キム・スロ サ・ヒムン
パク・ジェボム ジオ
チャン・ソウォン ヒョニ
キム・ランディ リッキー

韓国音楽業界の舞台裏を描いたショービズ・サクセスストーリー。アイドルとしての成功を夢見てグループを結成した4人のメンバーが、彼らを信じる女性プロデューサーの下、過酷なトレーニングに耐え、ライバル事務所の卑劣な妨害工作も乗り越えて頂点へと上り詰めていくさまを描く。売り出し中のアイドル・グループ、ミスター・チルドレンはメンバーの死をきっかけに解散、傷心のプロデューサー、オ・グジュも韓国を去る。数年後、帰国したオ・グジュは事務所を独立し、自分でスカウトした4人を育て上げ、新生ミスター・チルドレンとして売り出すことに。過酷なトレーニングと地道な地方巡業を重ねて次第に人気を獲得していく彼らだったが…。

 

クリックしていただけると助かります。
自分の毛根で増やす『自毛植毛』ニドーシステム頭髪専門クリニック 
体外離脱ならヘミシンクCD!!



ブログランキングに参加しています。ぜひポチっと(喜)
 にほんブログ村 映画ブログへ  



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック