エクスペンダブルズ (2010) アメリカ

[984]消耗品を自覚するハリウッドスターどもが創った傑作消耗品大映画!(笑) ★★★★☆☆

画像


韓国のオールスター映画
「ザ・タワー 超高層ビル大火災」の向こうを張って創られた、
ハリウッドのオールスター映画。

信じちゃだめだよ。
私、いい加減をモットーとするほら吹きなんだから。
あ、読んでくれてるひとは先刻ご承知か(笑)。

でもハリウッドのオールスター映画ってのはほんとだよ。
見て、下のキャスティング。

……。

いつまで待っても出ないよ、ここにはキャスティング字幕(笑)。

画像

主役。誰かわかる?
そ。オラがシルヴェスター・スタローン。老けたよねえ!

褒め言葉だよ(笑)。
私も老けた。でも誰にもそう言ってもらえない。
これは悲しい。ちゃんと歳をとることができてないんだろうなあ
という気がしてきて(泣)。

あ、「エクスペンダブルズ」という意味わかる?
消耗品…、オラがスタローンは消耗品だったのか!
ドヒャーだよねえ。だって自分でそう言ってんだもん、コレ。

そ。コレ、スタローン脚本、監督、主演の映画なんだ。
そ。それで運命を同じくする
われらがハリウッドの消耗品=大スターを集合させたんだべ、コレ(笑)。

画像

消耗品で悪いか! とガッツポースをとるスタローン(笑)。

エクスペンダブルズとは、物語の中では「傭兵部隊」つう意味。
つまり国家の消耗品。イコール、ハリウッド映画の消耗品スターども。
どう、スタローン凄いよねえ。老けてもカッコいいよ~!

画像

同じく消耗品、中国代表、オラが愛するジェット・リー。
当然、老いてもメークで若返り、中国拳法をご披露する。
いまだに、消耗品の宿命のごとく(笑)。

画像

消耗品、英国代表、
「トランスポーター」などでお馴染みのジェイソン・ステイサム。

数ある消耗品の中では一番若い。
なので一番いい役をもらっている。ラブロマンスもある。
やがておまえも自分は消耗品だと気づく。
カッコいい役について、将来、その悲哀をたっぷり味わうがいい!
というスタローンの心やさしい配慮なのだ(爆)。

画像

そのロマンスの相手の女…、カリスマ・カーペンター。
消耗品ではない、注意(笑)。

画像

消耗品、スウェーデン代表、ドルフ・ラングレン。

「ロッキー4/炎の友情」で、スタローンの敵役として事実上のデビュー。
ほんまもんの極心空手マン。
消耗品扱いで薬物依存症に陥り、一時部隊から除名される(笑)。
ジェット・リーのライバルでもある。
リーは、おまえよりおれのほうが強い、と断固として譲らない(爆)。

画像

老いた二人が空手であいまみえるシーン。暗いが見応えあり。
拙者は引き分けと判定した(笑)。

画像

消耗品、現在は老いすぎて現役引退。
ニューヨーク代表、元プロボクサー。
われらがミッキー、ローク。ミッキミッキミッキ!!
あ、ちなみに女については現役を引退していない。

なんだ、この連中、なんだか私生活そのままだなあ(笑)。

画像

消耗品、元ボディビルダーにして、オーストリア代表。
しかも肩書きが増えて、元カリフォルニア州知事。
その名もアーノルド・シュワルツェネッガー!
シュワちゃんシュワちゃんシュワちゃん!

画像

物語の中では、
スタローンの部隊とは違う、別の消耗品部隊を率いている。
つまり二人はライバル。
「ランボー」VS「ターミネーター」つう訳ですな(笑)。

で、この二人に「CIAに属する本名不詳の男」が仕事の依頼に現れる。
その消耗品男とは…、

画像

天下のオラがブルース・ウィリス。
どうだ、参ったか(笑)。
あとは知らん、自分で調べてけれ、オラ老けて面倒臭い(笑)。

仕事の内容は、
南アメリカの小国・ヴィレーナの独裁者の、ガルザ将軍を排除してくれ
というもの。

で、シュワちゃんが
「おれは大統領を目指してるので忙しいのじゃ」と断ったので(笑)、
スタローンが引き受けるつうお話。

あとはご想像の通り。
この傭兵部隊=消耗品たちが島へ行ってドンパチを繰り広げる。
ま、「ランボー」路線ということ。
あ、「ランボー1」は断じて違うからね!

画像

ここは一番面白かった活劇シーンだっち。

画像

飛行機の操縦席の前に特等席があって、

画像

そこからこうやって波止場にいる敵兵どもを掃射しちゃうの。

画像

ワー、大変だあ、海にドボーン(笑)。

画像

え、ようわからん?
観たひとだけにわかればいいのではないだろうか。
別にたいして意味ないのだし(笑)。

自ら消耗品を名乗る大スターたち、
という発想はめちゃ面白いんだけど、
アクションは変わり映えしないかな。

でもオールドファンの私としては、
これだけの連中が会してくれたので大満足。

おい、「2」もあるらしいよ。
楽しみだね。

■103分 アメリカ アクション/サスペンス
監督: シルヴェスター・スタローン
製作: アヴィ・ラーナー
ジョン・トンプソン ケヴィン・キング・テンプルトン
製作総指揮: ダニー・ディムボート
ボアズ・デヴィッドソン トレヴァー・ショート レス・ウェルドン
原案: デヴィッド・キャラハム
脚本: シルヴェスター・スタローン デヴィッド・キャラハム
撮影: ジェフリー・キンボール
音楽: ブライアン・タイラー
出演
シルヴェスター・スタローン バーニー・ロス
ジェイソン・ステイサム リー・クリスマス
ジェット・リー イン・ヤン
ミッキー・ローク ツール
ドルフ・ラングレン ガンナー・ヤンセン
エリック・ロバーツ ジェームズ・モンロー
ランディ・クートゥア トール・ロード
スティーヴ・オースティン ダン・ペイン
デヴィッド・ザヤス ガルザ将軍
ジゼル・イティエ サンドラ
カリスマ・カーペンター レイス
ゲイリー・ダニエルズ ザ・ブリット
テリー・クルーズ ヘイル・シーザー
ブルース・ウィリス チャーチ
アーノルド・シュワルツェネッガー トレンチ
アミン・ジョセフ
セーニョ・アモアク
ハンク・エイモス
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ

監督・主演を務めるシルヴェスター・スタローンが、ハリウッドのアクション映画を彩ってきたビッグ・スターたちを一堂に結集して撮り上げた痛快アクション大作。自ら消耗品“エクスペンダブルズ”と名乗る命知らずの最強傭兵軍団が陰謀渦巻く軍事独裁政権の転覆に乗り出し、壮絶な死闘を繰り広げるさまを怒濤の超絶アクション満載で描き出す。ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスの豪華出演に加え、カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーが久々にスクリーン復帰を果たしたことでも話題に。
軍用銃のエキスパートであるバーニー・ロス率いる少数精鋭の凄腕傭兵軍団“エクスペンダブルズ”。ソマリアでの人質救出作戦を鮮やかに成功させた彼らに対し、さっそく新たな依頼が舞い込む。それは、南米の島国ヴィレーナを牛耳る独裁者ガルザ将軍の抹殺というかつてない困難な大仕事だった。すぐさま現地へ視察に向かったバーニーは、ガルザの実の娘でありながら民衆の苦境を見かねて反政府活動に乗り出したサンドラと出会う。その後アメリカに戻ったバーニーは、次第に見えてきたCIAの薄汚い思惑に嫌気がさして仕事から降りてしまう。その一方で、気丈に戦い続けるサンドラのことが放っておけず、単身でヴィレーナへ乗り込もうとするバーニーだったが…。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック